« 週刊カズキ07.09③ | トップページ | 【生きる】 »

2007年9月 8日 (土)

沈黙のアリバイ

やぁ~観ました!
イイすね~
や・そら2時間サスペンスなんで、トリックは途中で読める (ぁ゛
主人公の閃きからの急展開、むしろ・どっかで置いて行かれたか思ったYO (笑
でもね、それら割り引ける面白さ

久し振りにカズキ殿の 「暗い眼」 を観た
悪役には特有のウマミがある
振り幅が大きい
今回は頭脳プレイを駆使する狡猾な犯人役
功を焦る新人刑事を手玉に取る様は圧巻

毒 素 出 玉 大 放 出 (何

それは、まっとうな、何の葛藤も無い善人役には観られないモノ
ていか、そもそも・そんな善人自体がうそ臭いよね (言うな
だから、演者のガチンコ対決は見応えありました

公式生きてます 

↑の謙サンインタによると 「大浦氏はカズキ殿との取調べシーンにグッタリ」 やそう

賛辞ですね (笑

「カズキ殿が湯本を演ると全然可愛そうと思わない」

大絶賛ですね (笑

さて、まとめ能力欠如ゆえ、観てなくても解るくらい書いてしまいました (深謝
マイドのツッコミレビュです
許してつかぁさい
OA御覧になられた方は、飛ばして頂いて結構です (笑
お気軽に感想語りに御出でくださいませ

………………………………………………………………………………………………

 

赤色灯を回転させサイレンもけたたましく、現場急行するパトカー
激しい雨の夜のこと

通りがかりの少女をひき殺してしまう

「死ぬまで二度と笑わないと誓ってください…」 少女の母

夢に見ない夜は無かった
過去を背負い続ける主人公・朽木班長@謙サン

強盗殺人事件が管内で発生
現金集配車の警備員は射殺、流れ弾は通りすがりの少女も巻き添えに
遺体にすがりつく母@余女史

主犯と目される大熊は全国手配中
今日は共犯として挙げた湯本の初公判

法廷…手錠に繋がれおずおずと入ってきた、色白茶髪・細身の美青年

カズキ殿ッ (爆

落ち着きの無い小さく震えるような佇まい、目線を落とすから睫ビッチシ

「くたばれ…」 傍聴席から念を送る謙サン(爆

自分が事故で少女を死なせてしまったから、残された母の痛みを知っている
だからこそ、余女史の気持ちも痛い…湯本への憎しみはヒトシオ

起訴状が読み上げられる中、謙サンは回想へ
取調べ室での湯本
担当に付けた部下の島津@大浦氏が怒声を上げるも動じない
不精ヒゲを蓄え、虚ろな目線は虚空に…ほぼ廃人化
「しぶといな…」
「しぶといも何も、俺…何もしてないもん」 聞き取りギリギリの音量で呟く

※取調べ室で補佐する刑事に田中要次サン (爆

公判も近いのに、成果を上げられない島津 「やり方考えて、死ぬ気で落とせ」
先輩として、新人のやれるトコまで任せてやりたかった
「先輩!落ちました!」 期待に応えてくれた、本人も嬉しそう
湯本の自供を得て、解決も同然のハズだったが…

「どこか起訴状に違ったところはありますか?」 裁判官の問いに
「………全部です」
「僕・無実です、何もしてません!」
「本当です…」
涙ぐみながら言葉を詰まらせる
「脅されたんです!全部警察のでっち上げなんです!僕にはアリバイがあります!」
その弱々しさ、必死さが弱気な青年像に十二分

「「「免罪だ!」」」 傍聴席から飛び出すマスコミ達

混乱を受けて閉廷、次回持ち越しとなった

「湯本君…これは一体???」 思わぬ飛び道具に困惑する弁護士
ニヤリ嗤う湯本、先ほど見せた弱々しい青年のそれとは違う自信に満ちた不敵な笑み

「嗤った…嗤いやがった…」

※弁護士@矢崎滋サン(笑)俳優でカズキ殿のバイブル「映画の演技」翻訳を手がけた方

湯本はネットオク詐欺での別件逮捕
強盗犯の着用していた目出し帽を買ったのが 【湯本に似た男】
状況証拠を自供で固めただけに過ぎなかった
つまり、マスコミが喰い付くには格好の材料
体面を気にして、プレッシャーをかけてくる上層部
朽木は動じることなく、湯本の見せた笑みにクロだと確信を持っていた
余談ですが、朽木をかばう直の上司は橋爪さん (愛

島津に任せた取調べのテープを聴く

「吐け!吐け─────ッ!!!!!」 椅子を蹴散らし、机を叩いて、怒号を上げる島津
「エグッ…エグッ…私でいいんです…」 脅えて涙ぐみながら、呟く

強要とも取られかねない遣り取り、狙いやったら湯本は相当のタマです (笑
「島津に任せたのは失敗だった…」 そりゃないぜ・謙サン (笑

湯本直也32歳・大学の心理学科中退
心理カウンセラーを偽り、相談に訪れた女性に暴行未遂の前歴
オマエ…どんだけさいてい?
ハルシオンで眠らせた女性を覗き込む小動物
眠ったと解ると、嬉しそうにボタンに手を掛ける
歯を剥き出し、息遣いが届きそうなコーフンっぷり

さいてい過ぎてステキ (ぇ

いや…迫真の演技のコトですよ (汗

翌日の新聞は 「免罪」 で賑わう

検察が弁護士から漏れ聞いた湯本のアリバイを教えに来た
「ジョナリンと一緒に居た」
フィリピンパブへ直行しそうになった捜査班
そこへ遅れてきた島津 「ジョナリンは犯行当日から行方不明です」
最新情報はお手柄やけど、出来すぎでないか???

検察のハナシでは 「ジョナリンは不法滞在者だから証言が握りつぶされる恐れがある」
「大熊の愛人だった彼女を寝取った、バレたら殺される」 だから湯本は黙っていたそう
大熊とは幼馴染で素行の悪い彼のパシリだった湯本
子悪党の湯本に対し、暴力事件多々で前科モノの大熊
なるほど…理に叶っている

何とか大熊を引っ張りたい、ジョナリンは何処?
国外に出た形跡もなし、故郷を訪ねるも身を隠した風でなし
全捜査員が血眼で捜しても何ひとつ出て来ない
2人さえ見つかれば…八方塞の中、島津が辞表を提出

島津の動向に違和感を感じていた謙サン、強制家宅面談

「ヤツに…湯本にヤラれました…(泣」

どんな展開 (爆

湯本は録音テープが止まる休憩時間、補佐の田中サンが出て行くと呟いた

「これでもうアンタも終わりだね…フフッ…クックックッ…」

来る日も来る日も聞かされ、不安になった島津
「どういうことだ?」
「知りたいか?俺には本当はアリバイがあるんだよ」
「ウソを言うな!!!!!」
「どうする?供述調書出来上がってるんだよね?最初からやり直す?拘留期限あと1週間しか無いけどね」

「アリバイって何だ!?」
「ていか、アンタ、このハナシ上に報告してないんでしょ?」
「クックックックッ~ッ!アンタも共犯だねぇ~♪」 机を叩いて身をよじり・嘲笑
「俺が上に報告しよっか~?」
すっかり立場の逆転した取調室
沈黙する島津・満足げに眺める湯本
「えぐっ…えぐっ…許してください…クックックックッ」
今までのコトは芝居だったと演って見せ、するりと狡猾な表情に転じ・嗤う

「渡されました」
「何を?」

取調室の机に突っ伏し、泣き崩れる島津刑事
立ち上がって歩み寄り、耳元で囁く 「助けてやろっか?」
髪を抜き、ズボンに手をつっこむ

「ジョナリンのベッドに髪の毛と陰毛を置いてくる様に言われました (泣」

なんて恥ずか死指令 (爆

辞表を出して引き篭もりになってしまった島津
謙サンが首根っこ捕まえて連れて行ったのは、被害者の少女がよく遊んだという公園
そこには、寄り添い悲痛に暮れる少女の姉と母

「独りだけ嗤っている湯本を許すワケにはいかない」

ジョナリンのアパートへ実況見分に向かう裁判長・検察・弁護士・湯本
鑑識のヘアー回収に目を光らせる湯本
階段で謙サンが掴みかかる 「警察なめるな!茶番は終わりだッ!」
「ぁあッ!うぇぇ~(泣」 「やめなさい!警察はこういう手を使って自白させるんですね!」
弁護士が静止に入る、険しい眼で見送る謙サンを見上げた湯本

ニヤリ…

さいてい

大熊もジョナリンも消息が掴めない
部屋からは湯本のヘアー2種が発見
島津は腑抜けにされて使用不能…まま・彼にゲロさせても警察の信頼が失墜ですしね

明日に迫った公判…どうやって覆す???

取調べテープを聴き直し、思索に暮れる謙サン
詰め寄る島津の怒号と湯本の泣き声しか入っておらず、湯本の狡猾さに諦めかけた時
「犯行に使った盗難車を翌日捨てたんだろッ!!!!!」

─何故・当日でなく、翌日に捨てた?

大熊を探しに訪れた故郷、ダムの底に沈んだ町
車で1時間、そう遠くない田舎の光景にほころぶ同僚…
大熊は 「土地を買って家を建て国の家族も呼んでやる」 愛人に言い聞かせていたそう
記憶が繋がり、推理を組み上げていく
部下に一斉召集をかけ命令を下す

公判当日
ヘアー2種で鼻息の荒い弁護士、証拠不十分で無罪を獲った気でいる
島津の代わりに出廷する謙サン
湯本に言葉を荒げ、裁判官から退廷くらったその時

「班長!大熊とジョナリンの死体があがりました!!!!!」

雪崩込んでくる捜査員

一斉召集は 「ダムさらい」 だった
当日車を捨てず、翌日捨てたのは 「車が必要だったから」
閃いた謙サンの推理どおり、湯本は金を独り占めしたくて大熊&ジョナリンの車を追跡
故郷に戻った2人を射殺、凶器もろともダムの底へ
湯本のアリバイは証言者が居てはいけない 「沈黙のアリバイだった」
「芝居」 を止め睨みつける湯本
逃げ出すも速攻警官に取り押さえられ、みっともない悲鳴を上げる
連行される彼を、傍聴席から被害者の姉と母が見送った

ヘアー2種を部屋に置いたのは島津でなく弁護士@矢崎サンでした
「冤罪を勝ち取る」 名声に負けたんですと
接見の穴あき窓から、ヘアーをテイクしてました (笑

妹がよく遊んだ公園でブランコに座る母と姉
言葉は無くとも、そっと微笑みあう
2人に笑顔はきっと戻る──見届け黙って去りゆく謙サン

              ─ 完 ─
 
 

長げェ (泣

|

« 週刊カズキ07.09③ | トップページ | 【生きる】 »

コメント

みましたか。そうですね。これはかなり見所のあるドラマですよね。Mr.ハリウッドのケン・ワタナベへの挑戦とも言うべき、あの( ̄ー ̄)ニヤリ。(本気で挑戦せいっ!…エッ?;)

たぶん、ここ最近のOA作品では、頼綱以外では、これがレア貴重作品かもですね。何度観ても、あの( ̄ー ̄)ニヤリと、
「僕、やってません」
「あんた、おわりだよ~」
「助けてあげよっかぁ~(ムサイ;)」

神さまのいたずらは何度も観てるんだけど、
正直、これは、主人公お二人の演技が光りすぎてますから、追いついていません。よくいるイケメン俳優ポジになっちゃってる気がします。まあそんなところなんだけどね
五郎ちゃんの目の演技が良すぎる。はっきり正直、レベルの差を感じます。目、小さいのに…五郎ちゃん( ̄. ̄;)

北村ファンですが、北村は何でも素敵なんでもできる、なんでもOKではないので。できの悪い、大根なら、どんなに見た目がよくてカッコイイ役を演じようとNGなんで。実際、そんな人気は、本人にとって悲劇やで。長い目で見たら。。。影千代さんも、なんでも北村さんなら素敵[ハート]って人でもなく、冷静に俳優として応援していると思うので書かせて頂きましたが。


ワタシは、本日、ハチ公の
「ぬぉーーーっ!」「がぉーーーーっ!」って、
禎子に、渇入れられて、愛を感じるチンピラ夫婦っぷりにか見えない
最強妻に魅入ってました。あの夫婦の会話がもっと観たい。

最高です。素敵な北村さんには興味ないので、最近は、頼綱だけを愛しています(笑)


投稿: 蘭丸 | 2007年9月 8日 (土) 22時36分

蘭丸サマ☆コバワッ!!!!!

観ましたッ!!!!!

良かったです…(遠い目

そうそう!謙サンが湯本陥落のため、最後のテープ聴き
取調室の島津が謙サンに置き換わるシーン
厳しい目を外さない謙サンvsニヤニヤ毒を放つ湯本
あの対峙、良かったなぁ…

や、もう色んなイミで挑戦して欲しいす(笑
本気を見せてッ!!!!!

レア貴重作品…ホント設備投資して良かったとシミジミ思います
フツーにTVで観れる新作、チト・弱いすもんね
御活躍は嬉しいけれど、その…手放しで喜べない面もあったり(ぁ゛

コレ02年OAやそうで、細かったな(言うな
それに、近年お顔立ちが薄くなってきましたね
あの劇画な感じが好きだったんだけどな(笑
こぅ、ムサ濃ゆいぐらいの方がヴァイオレンスには納まりがェエなぁと

【神様のいたずら】
これ、自分1回も観たことないんです
ファンになる前、なんとなく垂れ流しも無い、ホントにゼロ
だもんで、ドラマの感想サイトで読みました(誰のファンでなく沢山見比べるサイト

したらば、カズキ殿はチョイ役みたいだったんで、観た事ないって意味で気になるけど
「そんな出てないのかな?」設備面もあり、諦めようと

でも、お話伺うと「観なくて良かった???」ウッスラ
ええ…【ささやき】観たばっかなんで…(みなまで言うな

ゴローさんはマジにステキです
目が小さくてもステキです(被せるな
技術力は当然なんですが、魅せるための不断の努力
あの御歳で、下手すりゃ10くらい若い人従えて、むしろ彼の方が上手いなって程踊るんですよ
そういう真面目さこそ「プロ意識」や思うし、男らしいと思いました

ぁあ…(訊かないでください

自分がイイと思っている人の仕事での不出来はキツイす
拷問ですよ
そら、ファンなりさしの頃は観る機会も少ないし、もっと知りたいってんで出てればラッキーやった
でも、量を観るにつれて、自分なりにアリ・ナシ生まれて
何でもイイってワケにはいかないすよね…
初めて【許され】を観た後の「あの感じ」もっかい欲しいす

ハチ…すみません、処刑級に追いついてないです
僕が今日観た時は「乳母になるのじゃぁあ~ウヘヘヘヘッ!!!!!」
乳をワシ掴んだら、寺島嫁に秒速ビンタ張られてました(爆
イイ夫婦ですね(ぇ

投稿: 影千代 | 2007年9月 9日 (日) 23時56分

影千代さん、こんにちわ。

前日から、台風の影響で停電したらとか、荒天により電波障害が起こったらとか、ハラハラ心配し通しでしたが、無事録画することが出来、見る事が出来ました。

レビュ、読ませていただきました。何回も。
いつもの事ながら、詳細且つ的確な内容で、驚いています。
しかも翌日にはUPされていて、2重の驚きです。

影千代さんに教えていただいた、公式サイトにも行ってきました。
謙さんのインタビューの中で、北村さんとの直接のやり取り(イメージ)のシーンは、謙さんがリクエストしたとの事でした。
こんなに嬉しいことは、無いですね。

最近の北村さんは、もっぱら力不足な主演を支え、盛り立て、時には勢い余って食ってしまう…役回りでしたが(特にテレビドラマで)、たまには力のある先輩の胸を借りて、目一杯演じてほしいと思っています。
そんな意味でも謙さんやゴローさんとの共演は、ファンである私にとっても嬉しいことです。

謙さんは圧倒的な存在感でした。北村さんもその存在感を高く評価されていますが、今現在の北村さんでも、謙さんの圧倒的な存在感を目指して、修行中といったところでしょうか?
近い将来謙さんと北村さんが、がっぷり四つに組んだ作品をぜひ見たいと思いました。
先輩・後輩の刑事、検察と弁護士、犯人と刑事、犯人と弁護士、何なら犯人二人組み(笑)
あのお二人なら、どんな組み合わせでもアリですよね。

それから余さんの幅広さにも、驚きました。
今回のお母さん役、音羽、チセさん、バンビ母(だっけ?)…
同じ人とは思えないぐらい、しっかり役作りをしておられました。

最後にハチ、どんどん存在感が増して来ましたね。
皆さんがいろいろな所で、「良かった」と言っている場面に遭遇すると、「本当に良い」と思いながら見ています。

ケーブルテレビには、【スジナシ】を見たくて加入したのですが、その後【北条時宗】【沈黙のアリバイ】【水曜の情事】等々、随分迷ったのですが、思い切って加入して本当に良かったと思っています。

長くなり申し訳ありません。
お付き合いありがとうございました。

投稿: マリリン | 2007年9月11日 (火) 17時38分

マリリンさま☆コバワッ!!!!!

自分の家は旧式のTVアンテナが脱落してました(大汗
UHFアンテナの無事の祈りつつ出社
やぁ…録画成功に感無量です
何たって、未発売作品の再放送…この機会を逃すのは痛いですもんね

やッ!恐れ入ります(汗
マイドの長文です(苦笑

謙サンに褒められるって嬉しいですよね
そこらの連ドラ主演に褒められても、当人の審美眼が信用ならんゆえ(非道
謙サンぐらいの人で、且つ主演ときたら、全部自分語りでもかまわないわけで
あえての犯人北村プッシュは「よほど印象深い」裏づけですよね(嬉々

ですね、もっともや思います
喰ってしまうなら、笑って観ていられるのですが、近作は支え、盛りたてるばかり
喰うには、セカンドくらいのポジションでないと、スジ的に実現不可
サードばかりだと、言い方悪いですが、便利屋にされてしまってる
飽きられる要因になりやすまいか?心配になります

そんな仕事ばかり…現場は若手に溢れオトモダチムードで楽しいでしょう
でも「役者」としてはどうなのか?

先輩との共演は非常に有益ですよね、是非また機会に恵まれて欲しいです
謙サンと再演、観てみたいです
正義の検察VSクロをシロにする辣腕弁護士
「勝つことが全て」な非人情っぷりが観たいです
犯人×犯人(爆
いいです!いっそ何でもアリで!(ヲイ

余女史・ですです!ご記憶されてる通りの共演暦です
少ない登場ながらもしっかり盛り上げてくださいました
やぁ…安定感抜群な方ですね

ハチ・コレはコレで主役喰ってますね(笑
加入は未発売を観る、ただ一つの手段ですね
正直・現時点で未発売の作品は、この先も発売されることはないと思います
OA直後、恐らく「採算」で見送りになったものを、誰が今更発売するのか…
作品自体はさておき、カズキ殿の演技は光る作品ばかり
是非・沢山の方に「思い切って」頂きたいッ!!!!!
「どう?」聞かれたら「迷ってる時間が勿体無い」ですよね!

や…こちらこそ、長くなりスミマセン

投稿: 影千代 | 2007年9月13日 (木) 00時08分

影千代さん、こんばんは。

記事が下がってしまう前に何とか来ました(汗)

謙さん曰く『極悪な凶悪犯+狡知にたけた知能犯とが合体したような奴』

…悪魔ですね(笑)←最大の褒めコトバです。

湯本クン…思ったほど出番がなかったけれどインパクト大!!でした。
最近の飢えたココロに染み渡る“悪の微笑み” 充分堪能しました。

ドラマ自体もまるで『ガンダム THE ORIGIN』の様に、渋いおじ様率が高くて(笑)
見応えありました。

もちろん謙さん、ステキですが…田中要次さん(喜) 公式行きました!(感謝)
渋スギ・濃スギです(笑)

実は某イベントで手に入れたDVDに主演で出ていらして…
元プロレスラー&現居酒屋主人という役でした。カッコよかったです。

先日『ご○げんよう』に出ていらしたのを観ました。
ご本人、自分のことを“サブリミナル俳優”っておっしゃていました。
ジワジワ~っと洗脳されるのでしょうか(笑)
(実は一輝さんも同パターン??)

田中さん、キル・ビルにもご出演だったように思いましたが…? 勘違いかな…?

あまり内容のない雑談コメントになってしまいました。ごめんなさい。

投稿: 稲穂 | 2007年9月14日 (金) 22時48分

稲穂サマ☆コバワッ!!!!!

>記事が下がってしまう前に

すみません、お忙しい中御出で頂いたのですね
なのに、ヲレって奴ぁ…

謙サン絶賛の最兇悪魔クンでしたね(悦
悪役好きなんてったら、マイナー思考みたいで憚れる響きもありますが、ウチの殿にしたら、やぱ十八番や思いました

『ガンダム THE ORIGIN』
ガルシア・ロメオなんかいいですね(ぇ゛
渋いオジサマ率高(笑
個人的シュミゆえ、贔屓目もあるかも解りませんが、技量面で安定感は間違いナイ思います
イイ役者って演技力と相応のビジュアルも大事やけど「佇まい」が1流とそうでない人の違いかなって
そういう雰囲気のある人が集うと、世界観に説得力が出るから、観る側も浸れるんですよね

田中要次さん、ステキですよね
さりげに好きです
イベントで入手されたDVD楽しそうですね
自分はベタですが【HERO】の主人公達がヒイキにするバーのマスター役で知りました
どんな食事をダメ元で要求しても「あるよ~」
彼の「あるよ~」が聞きたくて観てました(間違っている
名前が解らなくて、しばらく「あるよ~」とお呼びしておりました
僕の周囲でも彼はアツかったです

サブリミナル俳優(爆
チョイ役でよくお見かけするのですが、見かけると、とても得した気分になれます
ですね、カズキ殿には気付いたら洗脳されていました(笑

【キル・ビル】よくぞお気付きで!
カズキ殿同じくクレイジー88の構成員で御出ましです
青葉屋の2階で飲みシーンでは猥談で盛り上がってました
カズキ殿は笑ってるだけですが、田中氏はセリフあるんですよ
田中氏の起用はタラちゃんも洗脳してたのでしょうか?
だとしたら、とても嬉しいです

>あまり内容のない~
いいえの!田中氏にリンク張った甲斐がありました(オイ
どなたかツッこんでくださらないか…密かに期待しておりましたゆえ

投稿: 影千代 | 2007年9月17日 (月) 20時35分

この記事へのコメントは終了しました。

« 週刊カズキ07.09③ | トップページ | 【生きる】 »