« チケ来たね | トップページ | 明日こそッ!!!!! »

2007年10月14日 (日)

【ゲキ×シネ】

【ゲキ×シネ】 観てまいりました!
カズキ殿もお好きやという 【劇団☆新感線】 の舞台が映画館で観られるという!

コアなファンでもないのに劇場へ行くって大変ですよね
金銭的負担&心理的プレッシャーetc...
「ちょっと興味アリ」 そんな僕の願いが手軽に叶って、ファン様には申し訳ないッ
コレは神の企画です

作品名【朧の森に棲む鬼】
公式サイト http://www.oboro-no-mori.jp/index.html

で…言っちゃっていいかな…
いやさ・僕、カズキ舞台もそうやし、他所の舞台も観てるんです
劇場では、四季・帝劇・日生・パルコ・青山・国際フォーラムetc...行きました
自分では、数観てるつもりやったし、楽しんできました・でも

今 迄 の は 何 だ っ た ん だ !!!!!

そんなショーゲキ

カズキ否定ってつもりは無いけど、やぱ・ファンとして演技を応援するには、自分も見聞を広めた方が良いと思う
世の流行り廃りってイミでなしに 「ちっとでも興味あったらワケ隔てなく観てみよう!」 てな
そんなつもりで居た方が応援するにしても 「どうすれば効果的か?」 開けてくる気がする
だもんでから、このチャンスに是非・乗っかって頂きたいのです!
エラそうに、ごめんなさい

で、初・新感線ですが…
演者の力量不足を誰一人として感じなかった
四季なんかやと、技をウリにしてるので主役キャラの歌は役代わりで誰になっても素晴らしい
ただ、サブキャラの役代わりにムラがあるのは事実 (ぁ゛
他所の演劇でも 「キャストのファンで食ってる」 芝居には 「正直・歌は…」 等・何らかの欠点ありがち・甘えを感じます
芝居の途中でこんなコト考えてしまう…現実に帰らされるのはオヨヨです
そういう意味で新感線は精鋭部隊だった
立つべくして、ステージに居るその人達は、僕を簡単に架空の世界へ導き・最後まで離さなかった
舞台にありがちというか 「仕方無い」 部分の冗長さも無かった
セット組み換えの 「時間稼ぎシーン」 なんて無い
もし・あったとしても、気取られない完成度で、客に甘えない舞台だった
古典が好きな僕は 「新作について行けるかな?」 不安やった
ナマでないぶん緊張感が持続するかも不安やった
が・大勢の登場人物が登場するにも関わらず、ちゃんとついて行ける
だからと言って・稚拙ではない
スジも良く出来てるし、和テイストの幻想世界・装置も衣装も美しかった
そこにロッキューなサウンドとライティングでメリハリ
感覚×視覚×聴覚で飽きさせない
「マジかよ!?」 って人数でスピードのある殺陣…舞台でやるには相当リスキーや思う
それらカンペキにやってのける

新感線は奇跡の集団だYO!!!!!!

も・ゼヒゼヒこの機会にトラーイしてください(劇場一覧 
上演時間は当然長いですが、舞台同様 「幕間」 アリ (15分間の休憩)
僕も厠行って、タバコ吸って、ジュース買って帰ってこれたので大丈夫です

僕らカズキファン的にも縁のある方・御出ましです

★サダヲ氏 (タイドラ・医龍・舞妓)
 TVでのファンシーな魅力は好きですが、それだけで彼を見ていたコトを反省しました
 彼の真価を観に行ってください!
 声のハリは当たり前、歌も歌える、10人殺陣も余裕

★真木よう子嬢 (東フレ・カズキ殿の彼女役)
 今迄 「モデルアガリで女優志望のネーチャンやろな」 思っててごめんなさいッ!
 ライトな 【東フレ】 だけで、彼女を判断してはいけないッ
 侵略される小国の長を凛々しく演じておられました

★秋山菜津子女史 (死ぬまでの短い時間・ヒロイン)
 今回の鑑賞目的に 「秋山女史を知ろう!」 アリアリでした
 ジツは 【舞妓】 にも御出ましやったそうです
 「内藤をたぶらかし駒子はんを生んで出てった芸妓サン」 教えて頂きました
 その節はありがとうございました (私信
 で・芝居すげぇよ・マジに
 大国の検非違使(警視庁)長官で、高潔さとオンナの情のハザマで苦悩する役
 殺陣もこなすし、長官の顔とオンナの顔・その移ろいに泣くよ!
 ヲレの言葉じゃ信憑性低いので、経歴を調べてみた
  ☆第14回 読売演劇大賞 優秀女優賞 (2007年)
  ☆第9回 読売演劇大賞 優秀女優賞・杉村春子賞 (2002年)
  ☆第36回 紀伊國屋演劇賞 個人賞 (2001年)
 相当の猛者と発覚 (汗
 【死ぬまで~】 彼女目当てのお客様も多かろうて
 カズキ殿、ちょっとやそっとの練習じゃマジ敵わんよ (汗

ええと、アラスジーは公式サイトでドゾ (殴
以下は、ネタバレつつ 「観てる方にしか解らない感じ」 になっています
でないと鬼長文確定ゆえ、ゆるしてつかぁさい

主役のライ@ソメゴロウ氏
歌舞伎界のサラブレッドやから「出来て当たり前」なんて思ってないす
寧ろ 「合うのかな?」 ナナメでした(殴
すみませんでした、貴方は間違いなく凄いです
地味な舞台は嫌いなので、殺陣にブチ抜かれました
あんだけの人数があの速さで、交差する…なんて恐れ知らずな舞台なんだ!
敵を牽制する刀捌き(バトンよろしく回す)も上手いし!

最初の頃は「ライ&キンタの立身出世モノ」な軽妙さで観ていました
キンタ@サダヲの功績も大きいのですが、ライの表情も明るくて
どんなウソでも、命まで取る様な極悪では無かったし
身分の低いモノが権力者を手玉に取る痛快さで、悪事も楽しく見れたんです

血人形の真実発覚・ライが大きく変わりましたね
「キンタだけは違う」 僕も真に受けていたので非常にショックでした
ライのウソは場当たりを天才的に切り抜けて来たのでなく、本当に先見した計算だったのかな?
血をすり替えたのは 「天才ウソ職人ゆえの勘」 で、こんな結果は意図してなかったんだよね?
やぁ…重い
「刺せばいい」 言いつつ 「目からなぶればいい」 言い換える
結果どうあれ、キンタの命はとりあえず…ってコトですよね?
自分とキンタを天秤にかけて、ヤツなりに最大限の配慮やったと…思いたい

キンタ悲惨でしたね (泣
ほら貝マイクのアイドルっぷりがウソの様です
アニキを信じてて、子供が悪さを喜ぶようなノリの仔やったんで、あんまりです
実際パシリ長はパシリ長なんですけど、それでも2人には成立してる情ってあるじゃないですか?
それまでのテンソンを覆す流血に(しかもリヤル)に、おののきました

「信じてたのに!」苦痛に転げ周り、絶叫するキンタ
ヲレは悲惨すぎて血の気が引いたよ
ライが自らトドメをさしたのは、いくばくか持ってた人間性への決別・鬼になる宣言やんな
以降・ライの丁々発止に従前の明るさは無く、ホンマにドス黒くなった
笑ってらんない
偉くなって身なりが奇麗になる度・顔つきが変わって、人間らしさが消えてった

人間誰もが持つ弱み・欲望を利用し尽くすライ・誰も敵わない
どうやってオチがつくんだろ…
そら、あんだけのコトしてきたから報いは当然やけど、単に因果応報じゃツマランし
マダラに命じた刺青・ライのクチから出た「ただ1つの真実」が彼を滅ぼすとは…
ウソ大王に相応しい最期ですね
盲目のキンタ、座頭市バリの殺陣に驚愕です
映画やからアプで観れたんですが、黒目・動いてないし!!!!!!
もうTVなんか出ちゃダメだ!勿体無い! (何

滅びっぷりもアッパレでした
全然後悔してない、最期まで正しくないけど信念を貫いた
「漢」 であったと思います

累々と積もった森の骸、ヤツもその1つに
王まで極めたヤツでさえ、結局あん中の一体ですよ???
何だか切なくなったヲレはオカシイか?
いやぁ…オボロには解ってたんですよね・怖ェエよ(泣

笑いのシーンや黒いジョークも効いてました
ウラベ様がトレードマークのメガネを突っこまれるのは…最期の場面(哀
マダラが牢獄のシュテンを前に 「オゲレツ・ジェスチャー」 (爆
あと「妹ワード」に反応する顔とか (愛
キンタのオンナ(で・いいのか?)には「プーさん」呼ばわり
確かに増量してるけどさ (酷
サダミツの遠縁も (哀

業(ごう)に溺れて滅んでいく人達が沢山登場しました
自分が可愛い・他人より優れていたい・誰よりも愛されたい…
人の持つ善良な部分と対をなすもので、みんな持ってる・否定できるモンじゃない
シキブがオオキミ毒殺のくだり、泣いたなぁ

トータル振り返ると 「重い」 です
でもヤなイミじゃありません

凄い好きです

次回・劇場行っちゃおうかな…

|

« チケ来たね | トップページ | 明日こそッ!!!!! »

コメント

こちらで初めて知って、行ってきました!初!劇団☆新幹線&初ゲキ×シネ
いやぁ~。。。なんつっていいのか。。。
まだボォーっとしてますが、おもしろかった、確かに。
ゲキったってシネだろ、くらいに思ってたけど、これが結構予想以上に重かった、心地良い疲労感、とでもいいますか。。。
技術的にも驚愕!しました。
久しぶりにプロのお仕事、見せていただきましたって感じ(あ゛、イタッ!)

一輝さんには、冬の舞台、益々頑張っていただきたい、切に!

上映期間が短いので、こちらで読んでいなかったら絶対見逃していたと思います。
ゲキとシネの兼ね合い具合は今もって未消化ですが、ありがとうございました。

投稿: みち | 2007年10月18日 (木) 20時19分

みちサマ☆コバワッ!!!!!

僕も薦めて頂いて、知りました
ちょうど、冬の秋山女史も御出ましで、実際・とても良い内容で
も・書かずには居られなかったという

そうなんですよ、僕も楽しみ半分「言うても録画やん」ありました
まま・上演当初より【ゲキ×シネ】にしようと目論みもあったでしょうが
でも、観てビックリ
あの作品なら映像上映にも十二分に耐えうる
スジ×派手な演出×立ち回り…スケールの大きい作品でした

>心地良い疲労感
ですね…まさかこんな重いと予想だにしませんでした

>技術的にも驚愕!
あの人数とスピードで殺陣やるわ、本物の滝&雨…こんなの観た事無かったです

えぇ、ホントにイタッ!で(笑

やるからには、僕・観に行きます
だもんで、アチラもやるからには本気であたって頂きたいです

僕は突出した技に惚れたので、今度という今度アカンかったら、僕・ムリです
役者相手に「カッコェエからオマケしたげる」は失礼やし
自分の中で納得いかないまま、続けてもイミ無いし

だもんで、マジに気張って頂かねばッ!!!!!

ゲキ×シネ…今作は世間的にも好評の様子です
映像であの迫力・重さを伝えられるのだから、ライヴやったら…思わせてしまう
本懐である「宣伝」大成功ですね
思うツボなヲレです(笑

投稿: 影千代 | 2007年10月18日 (木) 23時53分

影千代様こんにちは!やっとこお邪魔出来ました~!
早々にレビュアップなさってらしたのに…申し訳ありません
楽しく読ませて頂きました!

ご感想・拝読して「おおお…」思いました
短い中にポイントポイントをきちんと押さえていらっしゃるので
「やぱ、劇団特有のノリ自体を初見の方にもちゃんと伝わるんだ…」
影千代様の理解力&纏め力と作り手さんの力に感激です
毎回、人様の感想拝読して気づかされる部分も沢山あります


>身分の低いモノが権力者を手玉に取る痛快さで、悪事も楽しく見れた
そうですよね、最初の方は凄く素直に楽しいんですよね
また、そこに嘘は無いと思わされるし、思いたくて
「二人で出世しようぜ、兄弟!」「おうおうッ!」は2回目以降うるっとキてしまうシーンです
血人形の目のシーンは息が止まるかと思いました…マジです
「きっとオボロに護られてるライは自分で何とかしてしまうんやろな~」
どっかに気楽な気持ちありまして
あああ、あんな風に何とかするなんて思ってなかった…

>偉くなって身なりが奇麗になる度・顔つきが変わって、人間らしさが消えてった
コレは本当に、感じました
母上と「皇帝になった時のライ、病んでるよね」言うてました(書くとノリ軽…
メイクも変わっていくし、物腰や所作も変わるんだけど、それ以上の何か…
染五郎さんがいらっしゃるのはもう5回目程になるのですが
ヒーローをやってるだけでは感じられない真価を拝めたと思います
なんだかんだ、ライが一等好きな自分が居たりします

>王まで極めたヤツでさえ、結局あん中の一体ですよ???
これも…
今回の物語は「ライという男の立身出世・転落の物語」ではなく
「オボロに運命を狂わされた人間のうちの一人」の物語だったんじゃないかと思います
そしてまたオボロが一体増えるんじゃないだろうか…なんて、考えすぎ;
切なくなった…、大いに共感させて下さいッ!
ラスト、胸がいっぱいになります


キンタ…初見時はどちらかというとコッチに感情移入で
彼のこと嫌いなお客さん居ませんよねきっと
多分一番振り幅大きいキャラクターで、それを出来るのが凄いなと思います
黒目…動いてませんでしたね(アップのイイところ
まばたきもしてないんですよね!本当に凄いの一言です


ツナ様もシュテンも大好きなんです
ここで語ると失礼なまでに長くなりすぎるので止めておきます…

でも、私的に女性陣で愛しくなってしまうのはシキブ様で…!
女性特有の嫉妬だと思うんです・妙に分かるんです
高潔な幼馴染み・実力があって出世もして、誇りに思う反面・悔しくて
負けじとオオキミのお妃の座に…成功すれば向こうも素敵な旦那様と結ばれていて
それが悔しくてまたその旦那にちょっかいをかけて…という感じで
ライに利用されてしまったのもきっとそのせいで
ツナを嫌いと言いつつも、最期の最期には彼女に救いを求める手・声
切なくなります

オオキミも、それを分かってて、一国の王としては駄目かもしれないけど
男としては素敵な人だったと思うんです
このシーンも、あのシーンも…大好きです


結局長くなりました…あ・ウラベに触れていない(笑
サダミツ共々過去を想像すると中々楽しいです
脇役にも、それぞれの人生があるんだな…って、よく思いますし

マダレはあんな見た目なのにイイ男で、反則です(笑
「妹」ワード・アップだと、感情の機微がよく分かりますね
F田氏も恐ろしいくらい殺陣上手いんですよ!
ファンに最も愛された某芝居での「百人斬り」は伝説ですッ
因みに「プーさん」のところは日替わりネタだったりします。笑。
私が行った中で印象深いのは「カブト虫さん」でした(似てる…!瞬間爆笑
あの後シリアスなのに、しばらく髪型がカブト虫にしか見えなくて困りました


そうそう、あの凄い殺陣をメインになって考えてるのは
アラドウジの人なんですよ…凄いっすアクション監督。
あと、マダレの部下で髪をアップにしてた半裸の兄ちゃんもアクションの人です


そんなアピール(何の)をしつつ、全力で長くなってしまってスミマセン!
読むだけでぐったりしますよね、コレ…!

やっぱり何にしろ、初見が一番楽しくてドキドキしてハラハラすると思います
素敵に思い出させて頂きました!ありがとうございました!

ではでは!

投稿: maya | 2007年10月21日 (日) 11時53分

mayaサマ☆コバワッ!!!!!

お忙しいところ、アリガトウゴザイマスッ!!!!!

やぁ…もっと端々触れたかったんですが、ムリクリまとめてみました
もっとしゃべりたいです(笑
僕の方でも、読者サマに「おススメしたい」気があり、ザックリ目で止めておきました

初見だったので「ついていけるか?」相当不安やったんですが、全然おもろかったです
かといって、別に作りが稚拙とかじゃない、観る人みんなを唸らせる「新感線☆クオリティ」
贔屓目も義理もない、初心者の僕が言うのだからマジです
ホント・凄いです

>「二人で出世しようぜ、兄弟!」「おうおうッ!」
2人共、まだ小汚い田舎モンて風情で、可愛らしかったなぁ
ライも血色良かったですね
>「きっとオボロに護られてるライは自分で何とかしてしまうんやろな~」
ですです!
なんや奇跡のオボロパワー(何)が発動するもんや思ってました
ホントの意味で「自分で」何とかしちゃいましたね(泣

>母上と「皇帝になった時のライ、病んでるよね」言うてました(書くとノリ軽…
メイクも変わっていくし、物腰や所作も変わるんだけど、それ以上の何か…

威圧感アリアリのゴージャスコス、白塗り・眉ナシ…ビジュアルだけでもえらいし
物腰&所作も変わる…
全体から受ける印象が全然違いますよね
もう、人であって人じゃないみたいな
隣に居るマダラ・対照的に輝きだしますね、人の熱を持った者として

ライ、凄いイイ・キャラクターでした
悪い奴だし、同情の仕様も無いけど、同じく・嫌いになれません(笑
ヒーローの設定って、時に立派すぎて入りづらいというか…
其方でも好演されたものと思いますが「深み」を見れるのは悪キャラが如実や思います

>「オボロに運命を狂わされた人間のうちの一人」
稀代の悪党もオボロ目線からしたら、そういうことなんですね~
ちっちゃい(泣
時間を超越した大きな存在からしたら、人間の営みなんてちっぽけなんですね
そんな皮肉さ・タマランです
奴も、加わるのかな…
人間の繁栄と業は正比例で、オボロはその鏡でもあったりするんかなぁ

シキブ様
好きですッ!(笑
最初、パープリンか思ったら「アタシ・大ッキライ!」いやぁ…ドン引きましたよ(笑
すごく人間らしいキャラや思います
オンナ友達って、どっかしらライバル心を持ってしまうのでしょうね
オオキミが拠り所のハズなのに、それだけじゃ満たされず・余所に目がいってしまう
毒を盛るシーンで、自分でも、その心に気付いてそうなのに止められない
泣きました、オオキミもイイ男でしたね
ゆえに、リヤルな最期がショックで(泣

ウラベ様&サダミツ様の日替わりネタ・好きですw
楽しく伺いました!
脇キャラの想像が可能って、ホンの出来が良くないと難しいですよね
端々抜かりナシなトコ、イイです!

マダレ…漢度ではMVPや思います(笑
ぇえ・あんな見た目ですが(言うたりな
F田氏の殺陣、もっと観てみたいです
そぅ…スカパーですが、僕のe2byスカパーは対象外でした(((((号泣
ぁあぁあぁああ
【レッツゴー!忍法帖】相当観たかったです
タイトルが自分的に優勝でして(ぇ

そぅ、プーさん「森に居る、ふくよかサンだけに!?」相当笑いました(非道
って・カブト虫(爆
確かに、変形のマゲが角で、体型的にも(言うたりな
実際強いし、その辺も含めてということで(笑

アラドウジがアクション監督なんですか(驚
彼自身はそういった見せ場が無くて、残念…でも・そこが大人ですね
マダレの部下…解ります!腕利きの腹心みたいなポジの方、側転がバンバン決まってましたね
ラジョウから軍隊、レジスタンスになるまで、ずっとついて来てて…
マダレの人徳の証ですね、そういうのアツくてスキです

やぁ~オススメ頂いて良かったです
お蔭様で、良作観ることができました
知らないままで居るなんて、なんて勿体無いことだろう(汗

初見…やぱ・作風とか劇団の雰囲気はあるでしょうから、ホントに初めてって1度きりですもんね
ぁあ…凄い大切な時間だったんだなぁ

何か観る時、いつも・そんな気持ちで居られたら…フト・思いました
某俳優サマに対しても…最近チト・厳しいもんでから(苦笑

僕こそ、楽しい時間を過ごせました!
有難う御座いました!
あんなに、観終わってグッタリきた観劇は無いです!

投稿: 影千代 | 2007年10月22日 (月) 21時18分

はい、本日【朧の森に棲む鬼】見てきました。
言ってもいいですか?

すごいっ!いいっっ!!感動しましたっっっ!!!

始まったすぐは、いわゆるWOWOWで再放送してる舞台の劇場版ね、なんて思っていたけど、そんなことどうでもいいくらい、役者陣の演技、声、すべてに引き込まれていくのが分かりました。
話の内容も、重い中にも可笑しさも含まれていて、見ていて全く飽きなかった。
3時間という時間が全く長く感じられなかった…

染五郎さんてあんなに素晴らしい役者さんだったんですね。今頃気付いてごめんなさい…
もう今までの、劇団☆新感線と染五郎さんのコラボ芝居、全部見たくなった!

そして、気になるサダヲさん。やっぱりいいわ~
舞妓みたいのもいいけど、こういうシリアス系が絶対いい。

>もうTVなんか出ちゃダメだ!勿体無い!

全くもって同感です。
ドラマなんかで軽く扱われて欲しくないわ。

殺陣もすごかった。スピードあるし、迫力あるし、【座頭市】見たくなった。きっとすごい殺陣やってくれそうだ。

そして、秋山女史。
すごい役者さんなんですね。女性なのに感じさせない演技力、ツナの役がそうさせるのか立ち回りもカッコよく、一輝さん相当ヤバイです。染五郎さんのように、クチビル奪われてしまうのか…いや…(失礼)

ラストには、感動と切なさと遣る瀬無さで自然に涙が流れ落ちていました…

一輝さんでは泣けなかったのに、脱力感とでも言うのでしょうか、本気でまた見たいと思ってしまった。

影千代さん! ゲキ×シネ、出会えて良かったです!!!
今度は、生で是非!!

PS
【容疑者Xの献身】ご出演ですね。
でも、ガリドラ出演人、総出演?なの??
品川も…
もう福山さんと聞いただけで、ちょっと見る気無くしてしまうんですけど…
売る気満々のフジ戦略… 
やっぱり、【次郎長】に期待したい。

投稿: さんごしょう | 2007年10月22日 (月) 21時43分

さんごしょうサマ☆コバワッ!!!!!

ご鑑賞頂けましたかッ!!!!!
お疲れ様ですッ!!!!!

やぁ~良かったですよね
映像ゆえ「どうかな?」って気もあったんですが、全然杞憂でしたね
僕も3時間が短かったです

ソメゴロウ氏「どうせ甘ったれのプリンスやろ」ぐらいにナメてました
土下座モノです(笑

コラボ芝居・随分なさったみたいですね
もし・再タッグ叶えば、是非・オンで拝見したいです

サダヲ氏、真の姿を観た思いですね~
今回の【ゲキ×シネ】でドラマからのファン様が芝居に流れてくれたらイイなと思います

初期の武士でない者特有な、チカラ任せの殺陣
盲目になってからの剣鬼如くな殺陣
全然違ってましたよね(汗
TVが全てと誤解されるは勿体無いことです

秋山女史・凛々しい反面、女心の弱さも抱えてて、良い役どころでしたね
立ち回りも男性陣に負けず劣らずでしたね
わはは(爆
冬は「自殺志願の女性」だそうで
かなりキャパシティのある方でしょうから、全く違った表情を見せて頂けるでしょうね

コミカルな演出も多く、沢山笑えるんですが「重い」ですよね
ですです!脱力しますよね
ごっそり引っこ抜かれた様な……相当な充実感がなせるモノですね

比べてしまうとアレなんですが
カズキ1st芝居は、作家自身が「封印したい」と言ったホン
2st芝居も、言わば「内輪モノ」
どちらも【朧】ほど、広範囲のお客サンを相手に書いてないんですね
ホンのスケールからして、土台違うといったトコでしょうか…(ぁ゛

次作【IZO】は、ブイ⑥の森ゴーが主演ゆえ、チト尻込みしております(汗
http://www.vi-shinkansen.co.jp/stage/
でも、取り易いというウワサを耳にし、心フラツキます
しかも医龍の木原クンこと、池鉄出るし…

ガリムービー
ドラマがこの調子なんで、期待し様ナイのが僕等正直なトコですね…
程度どうあれ、過去の傾向からすると、総出演はカタイと思います
映画作るにも、ここまで商業丸出しはアッパレです
もう何も言うますまいてな(苦笑

やぱ当座の一等は【次郎長】ですね~

投稿: 影千代 | 2007年10月22日 (月) 22時53分

こんばんは、しつこくお邪魔します~(オイ
あああ、もう一言・の部分メインに…

>贔屓目も義理もない、初心者の僕が言うのだからマジです
嬉しいです、自分も初めて【西遊記】観た時の感動思い出しました
今ほどセットや何やも精密度は低かったんですが…演出・演技は派手でしたけど(笑
何が変わろうと面白いものは面白いんだな・と

>「深み」を見れるのは悪キャラが如実や思います
ですよね!だから悪役好きですッ
て・まあ、それでもツボに入ることは少ないのでライは特殊と言えば特殊です

>「アタシ・大ッキライ!」いやぁ…ドン引きましたよ(笑
同じくです・ゾクゾクきました(笑

>F田氏の殺陣、もっと観てみたいです
ええもう本当に観て頂きたいです!笑
思えばクドカン氏の【木更津】リアル放送中の時は
「絶対テレビのF田さんしか知らない人は芝居を観るべきだと思う!!!!!」
同級生の中学生相手に熱弁してた記憶アリです(あいたー


うああ…ショックですね・対象外…!
いや、私もそんな感じで観られなかったんですよ…ね…実は;
忍法帖・面白いです、是非持ってるサダヲさんファンをお探しになって下さい(えええ?
や・冗談です…よ(ホンマか?


>アラドウジがアクション監督なんですか(驚
>彼自身はそういった見せ場が無くて、残念…でも・そこが大人ですね
実はあの方に殺陣が無いのはコレが初めてに近いと言ってもイイです
いつもは「台詞のそこそこ有るアクション要員」なので
でも・今回、以前から「いのうえさん~殺陣無い役で出して下さい(笑)」
ずっと冗談で言ってたのが叶ったそうで「念願の“役者”です」仰っていました
もう・激しい殺陣の時は本当にカッコイイんですよ…!スピードが他の人と全然違います

>何か観る時、いつも・そんな気持ちで居られたら…フト・思いました
>某俳優サマに対しても…最近チト・厳しいもんでから(苦笑
ええと…ええ、常に感じます(苦笑
観れば観るほど(同じ芝居でなくても)終演後、不満が有ったり
大好きで観てるはずなのになーと思うこともよくありますし
でも観てる途中は本当にワクワクします・時間が経つのなんてあっという間

某お方も…冬はッ!期待しましょう!
チケット届きました、でも席が結構後ろなんですけどね(泣
大阪は日程選択の余地が無いので厳しいですー;
ああ、でも秋山女史との共演はどうなるものやら…
ワタクシも新感線以外で拝見したのは【舞妓】ぐらいですんで…素敵な絡み・期待です


ぐったり度は満足度と比例すると思ってます!(笑

宣伝して頂けて、他にも観にいらした方が居て下さって…
この上↑のさんごしょう様の感想拝読してすっごく嬉しいですv

影千代様、ありがとうございました!


P.S.

【IZO】一応M田くんは前にも出演経験があるので、その時より上達してると思います
ううん、まあまあ普通に動きとかは良かったし役は可愛かったですが…(失礼
尤も話全体がファンタジーでライトだったので、今回どうなるかは分からないですけど;

因みにその時のヒロインは山口女史でしたッ
ささやきMVPの(笑

これだけ、ゆかりのキャストと共演なさってると
本当にいつか…と思ってしまいますね
某氏にも舞台スキル・磨いて「いつか」お出まし頂きたいですッ!


ガリレオムービーやるんですか…!
うにょー
どうなんでしょう…?
次郎長・写真拝見するだに楽しみです!

ではではッ!

投稿: maya | 2007年10月22日 (月) 23時40分

mayaサマ☆コニチワッ!!!!!

昼休みアプしそびれました(遅
ぇえい!今のウチにッ(コラ

「演出・演技の派手さ」自分的にツボった要因ってソコや思います
多分、根底に流れる変わらない部分なんでしょうね
「計算された過剰さ」って感じがして、ソレをワザと「ヤリスギw」ツッこむのもオモロイし、ぜった・派手なモノやるってシンドイ思うんです
敢えてやる、心意気がスキです

悪キャラ…自分デフォルトでスキなんです(ぇ
そのアタリ、某俳優サマに転んだキッカケやったりしてw
善人よか正直に見えるトコが、寧ろ美しいと思うんです
ちょっと、シキブ様に通じるアタリか?

>「アタシ・大ッキライ!」善い奴・誰も居らへんやないかいッ
リヤルすぎる世界観に打ちのめされました(笑

F田氏・ファーストコンタクトは【木更津】でした
オジー・大好きで、よくマネしてました(ぇ゛
会話が途切れたトコで「朝だよぉぉおぉおお〜!!!!!」
クラスで相当流行りましたね(痛
ジツは剣客な正体・知る由も無かったです
ソラ・知ってたら言いたいですって!

対象外…世の中甘くないす(泣
何か1本ぐらいは買わないとバチ当たる気がしてきました
【阿修羅城】映画版なら借りてしまえるけど、他はそうも行かないでしょうし
ぁあ…ドレ行くか???

アラドウジ…てっきり、指導メインにやりたいとかで、控え目なんや思ってました
念願の役者やったんですね(笑
殺陣の上手・ヘタって、例え自分に心得が無くとも一発で解りますよね
せっかくやから、氏の殺陣も拝みたかったです

何でしょう?慣れかな?目が多少なりと肥えたのか?
最近「ドーン!」って大アタリ無いんですよ@ウチの看板サマ(泣
旧作観たって「ぁあ…この時は良かった(鬱々」全然テンソン上がりません
スキで観てるハズやのに、ヘンですよね

>でも観てる途中は本当にワクワクします・時間が経つのなんてあっという間
確かに…新作はそういう楽しみありますね
結果的には「アレレ」でもオンタイムでは「何かするやろ?」ワクワクするし
ヲレ・甦れッ!!!!!

冬こそは、やって頂かないと・僕マジに離脱すると思います
アチラ様もマジにやってると仮定して、僕も観に行くんで
そこでオヨヨやと、もぅ許容不可能です(泣

vs秋山女史・どうでしょうね(((汗
女史に対しては何の懸念もありません
ウチの看板がキッカシやってくらはることばかりを祈っています(笑

今度コソ・ぐったり希望で!

さんごしょう様は一度・記事を読んで「興味持ったので、行こうと思います」コメントくださったんです
したらば・ホントに行ってくださりました(涙

ィイと思うモノは、分け隔てなく・ミンナでドンドン観てく方向で!
だって一度きりの人生だから(ハナシ・デカッ

僕こそ、ありがとうございました!
知らぬまま人生終わるトコでした、いや・大げさでなく


P.S.ガエシ(懐ッ

森GO氏は初では無いのですね
そういや踊りは本業でやってはるし……
看板サマを思えば`、あんま他人様のコト言われへんし(汗

山口女史…彼女はTVよか舞台メインに切り替えた方が良いと思います
ステキでした(愛

万全になったいつか…コラボ叶うと嬉しいです

ガリムービー、今ントコ・リアクソンの取り様無いす(ァレレ
次郎長は相当よさげですね!

ではッ!

投稿: 影千代 | 2007年10月23日 (火) 17時18分

この記事へのコメントは終了しました。

« チケ来たね | トップページ | 明日こそッ!!!!! »