« 週刊カズキ07.11② | トップページ | 明日への雑記 »

2007年11月 4日 (日)

CINEMA SQUARE vol.15

ええと・スミマセン
昨日は急用のため、出てしまって 「前フリ」 で終わってしまいました (殴

【CINEMA SQUARE vol.15】
北村一輝のコーヒーブレイク かけつけ3杯 ♯13 最終回

連載最終回なんですよ (泣

僕は相当スキでした
初めて見た時は 「かけつけ3杯って…寒ッ」 思いましたけど (言うたりな
やって、ビールやのうて、コーヒーでかけつけ…しかも3杯って…何?
「この人(カズキ殿)についてって大丈夫かな…自分…」 などw

さとりタンの 「素人目線」 なトコがスキでした

って・言い方悪いですが誤解なさらないでください

なんちゅうか、ファンブログ的な文体が好きなんですよ
ライターが対象に興味を持って書いてるのが伝わってきて
カズキに興味の無いライターさんが 「仕事のために絶賛書き」 読んでて気ィ悪いんです
仕方無いんですけどね
でも・そういうライターさんって往々にして 「僕らでも知ってるコトを聞く」 でしょう?
「紙面の無駄遣いすんなッ! (怒」 ですよね

さとりタンが引き出してくれるのか?
知ってる顔ゆえに、カズキ殿も気さくに話せるのか?

どちらか分かりませんが、雑誌の中では一等肉声に近いモンやったと
痒いトコに手が届く、珠玉の読み物でした
「撮影現場の潜入モノ」 大好きでしたよ
カズキ殿にしたら休憩時間・そこは申し訳ないすが、撮影中ゆえテンソン高い
まんま反映された紙面は、読み応えありました

カズキ公式は更新少ないゆえ (苦笑
まま・ヤロウでしかも 「ェエオトナ」 がケータイからネチネチ自分語りつうものサブいしw
ゆうたら、第二公式でした@コーヒーブレイク

もぅ2年の連載なんですね~
ハナっから2年の年限切られてたんでしょうか?

分かりませんが、非常に勿体無く・寂しく思います

さとりタン・今迄ありがとう
お疲れ様でした
更なる御活躍・お祈り申し上げます
 
 
ムリクリ気を取り直して、以下・読書感想

【CINEMA SQUARE vol.15】
北村一輝のコーヒーブレイク かけつけ3杯 ♯13 最終回(P110・111)

P101 メインPhoto&本文インタ

オサシンの美麗っぷりは、前フリで大絶賛した通りです
「こんな奇麗な人が居たのか!?」改めて衝撃

最終回らしく 「今の北村サンはご自分をどんな役者や思いますか?」

仕事し過ぎだよ!言われるコトもあるけど 「充電期間」 って言葉あるでしょう?
自分はまだまだ不足なトコが沢山ある、だから立ち止まってはいけない
動きながら何かを探し・発見するのも 「充電期間」 や想う

【次郎長三国志】 の現場も 「充電」 できてますか?

最高の現場です!
素晴らしい監督&共演者サマに囲まれ、気を抜くヒマが無い・新人時代の気持ちに戻れる
「足・引っ張ってないかなぁ」
緊張感があって学ぶコトも多い
「本心から・最高に楽しんでいます」
主演のキイチ氏に対し、強い憧れ
「オレ・あんな人に成りたい…」
役者としてモチロン、現場の空気を作ることが出来る・座長に相応しい「器」に触れ、感銘

キイチトークを受けて 「人間性を磨くってどういう作業や思いますか?」
「意識することかな…」
気付かないで過ぎてしまうことが沢山ある、気付こうとする意識・周囲を見渡す余裕
それらを持とうとする意識が大事
素晴らしい共演者サマに囲まれ・ヒシヒシ感じた
人間性があって、初めて「俳優」は成り立つ
今はまだ、固まらず・経験を積んでいきたい

ザックシ・こんな感じ
やぱ・ライトな連ドラの 「楽しい」 とは全く別次元ですね (感涙
ホントに 「良質な仕事」 に恵まれたのだと、ウレシイす (何様

P101 現場ショット5点

小料理屋か?座敷で食卓を前にアグラをかくPhoto
崩した襟元で前傾姿勢・う~ん、ザッツ・チンピラしてますねw

「おきつ」 の膝枕で物憂げなヲカオのPhoto
やんちゃな小政の繊細な一面を想わせます

シメ
【次郎長三国志】onカズキでは、現行一等の情報量です
是非・是非・お買い上げくだされッ!!!!!

|

« 週刊カズキ07.11② | トップページ | 明日への雑記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。