« #25 最後通告 | トップページ | Episode2 声が震える女 »

2007年11月30日 (金)

Episode1 ナマイキな女

恋のから騒ぎドラマSP・今年で4回目です~

Episode1 ナマイキな女

ちょう有名企業の最終面接
ここまで来れば、単なる顔合わせにも等しい

見事・勝ち残ったイクミちゃん

「ぁあ…ウフン」 って妙な咳払いをしながらヤツが…

クサヤナギ出た━━━━━━ッ!!!!!

ええと・部外者のくせに 「どうしても参加したい」 本人の強い意向で居るんですって

はぁ・ウッゼ (爆

「いいですか~ァ、世の中には2通りの人間が居ます」

お約束の自慢を散々垂れる、今・世に言うKYってまさにコイツやんな
うん・ハヤリモノ (ぇ

自分を 「1%の選ばれし人間」 語るも

「あなたが1%なら、私は0.25%の選ばれし女です」

採用倍率400を勝ち抜いたイクミちゃん・クサヤナギの自慢に動じず

「何を以って1%なんですか?分母は?」

「まぁ━━━━━━ッ!!!!!」

何 (爆

態度の大きいイクミちゃんにやりこめられ、奇声を発し逃亡

ちょう・オモロイ (は

ていか、まま・メルヒュンやけど、後味の良かったEposode1

Episode2は彦六師匠 (爆

ヲレ・OA見てたYO

しかも演るの石原嬢って!?!?!?!? (いいの!?!?!?

ていか・何でホリケン

狙いスギじゃろ…

「ゆうやくん」 に語りかける様に捨ててんなぁ…と

そんな石原嬢に愛

|

« #25 最後通告 | トップページ | Episode2 声が震える女 »

コメント

影千代さん、深夜にこんばんはです。

用事があって恋からドラマは録画(コラ)
観る前にこちらへお邪魔しました。
クサヤナギ様は今回もナイス!だったようですね。
観るのが楽しみになりました☆

明日もご出勤とは大変ですね…(汗)
そんな影千代さんへちょっとお楽しみ(?)ニュースです(ぇ)

【時代劇マガジン2008 VOL.17】 に『次郎長三國志』の記事と写真が載っていました。
一輝さん、とても麗しいです!
マキノ監督は、インタビューで一輝さんのことを誉めてましたよ〜(^O^)/
良かったら本屋さんを覗いてみてくださいね〜

なんて…もうご存知でしたらすみません(汗)

投稿: 稲穂 | 2007年12月 1日 (土) 00時43分

久々に、壊れキャラを見られて満足です♪

と、いいたいところだけど、なんか出番少なくなかった?
少ない気がしたのは気のせいか?

クサヤナギ露出抑えて、大女優キャガマリ子様のギャランティに…という、
そんな外道な想像を巡らしてました。
キャストもなんだかバージョンアップしてきてますね。

久しぶりに楽しめたので、見た後、中込@DEEPを見ちゃいましたよ(笑)
でも、去年のほうが、個人的には、筋もよかったし、北村抽出度が高かったですね。

だんだん、出なくなったりして…なんて一抹の
不安も感じましたが、来年も楽しみです。
そろそろ、やっさんもやってほしいところです。
毎年やるといってたけど、昨今の人気で、忙しくなって
出来ずじまいですよね。

投稿: らん丸 | 2007年12月 1日 (土) 20時17分

稲穂サマ☆コバワッ!!!!!

遅い時間に関わらず、情報提供アリガトウゴザイマスッ!!!!! (涙

そうでしたか、オンタイム鑑賞叶わず…ザンネン
今回も無意味に活躍と言いましょうか(何
ステキにウザキモかったです
寧ろ・愛しさ込上げるイタさ、乞うご期待ッ!!!!!

や~仕事・今日で終われました
明日は芝居に行く約束があり、必死で

でも・ステキなお知らせ頂いて(涙
お返事晩になって、すみません
日中・先に拝読させて頂いて、昼食ついでにゲト成功!
かなり浮いてる(良い意味で)カズキ殿に御満悦なヲレ
カズキ殿の伊達っぷりを褒めるため、引き合いに出された蛭子氏&笹野氏
遠まわしに「ブサイク」言われてるのと一緒…
なんて失礼なキャプションなんでしょうw

ついでにと、マンガコーナーを徘徊…医龍最新刊を発見ッ!!!!!

二重のヨロコビに打ち震えました
上機嫌で帰社・午後の仕事は絶好調☆

稲穂サマのオカゲですッ!!!!!
今・ウハウハで読み耽っております (寝なさい


投稿: 影千代 | 2007年12月 1日 (土) 23時40分

らん丸サマ☆コバワッ!!!!!

壊れキャラ・良いですね~
容赦無い自己破壊・寧ろ・男気を感じます(ぇ

僕・運よくシリーズ初回から観てまして、一昨年までは
「劇終、ヒロインの結婚式で乾杯の音頭だけ」など
ホントにワンシーン、1分出たか!?!?!? ぐらいでした
まま・その少なさが寧ろ笑いのツボ

増えたのは去年からでして、まだ・当分は大丈夫かな思います
やぱ・知名度急上昇の裏打ちでしょうか?

キャストはビックリしました、今年は脇まで豪華ですね
中込(爆
クサヤナギの傲慢さは最初からでしたが、奇声を発したり・表情がオカシイのは昨年から
多分、中込を演って「壊れる愉しみ」が忘れられないとかw

スジのまとまり・去年の方が良かったですね
ェエ話やけど、適度にリアリティもあって・だから響く
今年の架空度は過去に類を見ない高さで、路線変わったなと思いました
個人的には【声が震える女】コメディとして好きです

クサヤナギは…ごめんなさい、元に戻った今年の彼に安堵しました
自分の自慢はするけれど「リヤルな黒さ」は無い子やったんですよ
だもんで、去年の「♯1金目当て」「♯2見返りにカラダ」ショックでした

現実問題、ヒロインとの年齢的釣り合い・ボチボチ気になりますね(言うな
ナンボ若く見える言うても、掘北嬢を口説く画じゃ犯罪のにほひw
面接官で良かったです
来年もクサヤナギは振られてしまうのでしょうか…観たいですw

やっさん・そう言えば去年のラジヲでも言及されてましたね
メガネキャラって名キャラ多いなぁ…

実際良かったし、好評を博したと伺っております
しっかりしたスジ&実在の人物を演る…上手さをアピるにも良い仕事・欲しいすね
堅い仕事をやりつつ、チラッと笑い仕事を挟んでくるから良いのであって
ライトウエイト続きで、笑い仕事を観ても有難みが薄れてしまう様な…

来年の動きに期待というか、願いです

投稿: 影千代 | 2007年12月 2日 (日) 00時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« #25 最後通告 | トップページ | Episode2 声が震える女 »