« 12月度★御予定 | トップページ | ♯24 高麗からの文(ふみ) »

2007年11月25日 (日)

大徳川展

Tokugawaten_2 ええと昨日は 【大徳川展】 行って参りました

 も・すげぇ疲れた死

 ホントはサクっと開場前に並ぶつもりやったんです
 早起きして 「さぁ!」 思たんですが…

 ツレの用事に付き合い午前中イッパイ、昼食後となりました

 「只今・入場70分待ち」

なんですとー!?!?!?!?

デズニーランドかよー!?!?!?

入場制限され、20人ぐらいずつ時間差入場

【大奥】 的には綱吉公の書画、信子様が越し入れに乗られた籠など
ドラマと空想合体さすと、より・楽しく観れます

綱吉公の 「書」 なんですが

へったくちょ (ぁ

悪いが一等ウケた

うん・マジに小学生か思た (無礼

出来映えに 「ヨシ♪」 なタニショーグンと、引きつり笑いのカズキ吉保を妄想

うん・楽しい (は

家康公の展示品は質・数量共々圧倒的
徳川幕府の祖で、神格化されたこと&幕府の支配体制が長かったこと=保存状態良好

名刀の展示も多く、研ぎ澄まされた刃にガクガクします
西洋の刀は重さで致命傷を与える…棍棒と大差ないモノ
方や、資源に乏しい日本・鋼を鍛えて薄い 「斬れる刃」 を作る技術が進歩・是非見ておきたいモノです
漆に金の梨地コート、螺鈿細工まで施された鞘・武器の枠を超えてますね

家康公の鎧は幼少期から関ヶ原まで多数展示
兜の前立て・あんな凝ったモノは初めて見ました (ガクガク
アレは金持ちの家の置物です (は

信長の時代に伝わった 「南蛮胴」
強度を計るため 「種子島」 で試し撃ちの跡が (ガクガク

人込みが嫌で仕方無いヲレでも 「来て良かった (涙」

初期の姫君(家康の孫アタリ)の嫁入り道具・漆に金の蒔絵、螺鈿・金の立体彫刻と豪華絢爛
幕府末期の和宮になると、漆に金の蒔絵のみ
どちらも華やかではあるのですが、やぱ・スペック落ちは否めず……切なかったです
そいでも着物の柄は可愛らしい色合い&刺繍で、安達嬢に似合いそうなデザイン
逆説的にハマリ役と思いました

先に行かれた方の情報では 「年齢層は高め」
うん・ジーちゃんとバーちゃんとヲヂサンとヲバチャンが9割やった

ほんで、御老体は進まないのな (泣
歩みが遅いコトを責めているのではない、自分が気に入った展示品の前にへばりついてしまうのだ

学芸員も訴えていたが、歩きながらの鑑賞がマナー
大混雑ゆえ、視覚的衝撃を得るのが限界・理解迄は望むべきでない…頼むよ… (泣
そのフォローにパンフ売ってるワケでさ

ほんで、割り込みもヒドイ
御夫人と争う気は無いので、多少の我慢はする
ていか・オナゴは絶対に非を認めない・言い訳or逆ギレするんで一等始末が悪いす (泣
でも、ヲジサンのあからさまな割り込みはサスガに (((怒
紳士らしく抗議の上、撤退頂いた
若年に社会規範を問われるオトナ……成りたくないすね~

もし 「行こうかな~?」 お思いの方、御出ででしたら 「平日の早め」 ヲススメ致します
入場券は 【みどりの窓口】 で予め入手・開場を並んで待つぐらいの感じで (9時半
混むと押されて揉みくちゃなんで、あましェエ服は着て行かん方が得策かと
また・人が多いのに暖房たきすぎなんで暑いす、着脱可能系で

見るんは大変やったけど、生で見て 「すげぇな!」 感動は大きいです
じっくり観れずとも、感動が勝り・意外や満足度は高い
50年程の一生しか無い時代の人間が、手仕事で尋常で無いモノを作り上げたんですよ
何だか胸がアツくなりませんか? (臭ッ

感動をインプットして帰還・宅でパンフをじっくり検める
このラインをヲススメしたいです

|

« 12月度★御予定 | トップページ | ♯24 高麗からの文(ふみ) »

コメント

こんにちは~!初日にかけつけた者です(笑
って、70分待ちですか…(@@;
もう一度見たいと思っていたのですが、怯みました(笑;
私のときはまったく並ばず入れて
やはりオヤジ率高いものの、気になる事といえば、ときおり漂う加齢臭くらいで(笑
終了も近いですからね。お疲れ様でした。。。

綱吉の書、笑えましたね~
他将軍様との差が…(^^;うーん
うやうやしく掛け軸に仕立てられているので、あれでも良く書けたほうなのでしょうね。
それにしてもあのバランスの悪さ、綱吉の人となりまで見えてくるような書、という意味では傑作です(笑
うわぁ!引きつり笑いの吉保( ̄▼ ̄; 
笑えます;

名刀、鎧や武具もあそこまで揃うと壮観ですね。先代の方々の生きた本物の歴史にホント胸が熱くなります☆ほんと良い内容だったのでもうちょい延期してほしいですね。。。

パンフ、値段に微妙にひるんで買いませんでした(貧。そのわりには手ぬぐいやらバッヂやら買いましたけど(笑  でも、内容充実してそうですよね。やっぱ買おうかなぁ

☆追伸☆
少し前の「クルマの旅」の全行程、
参考の為におでかけファイルに格納させていただきました(笑
いつ行けるかもわからないのですが、ずーっと絶賛企画中の風林火山ツアー。
殿・生サイン&パネル情報はじめ、観光サイトよりもずっと役立ちます(^^)感謝。

投稿: うらら | 2007年11月26日 (月) 14時04分

うららサマ☆コバワッ!!!!!

初日ナイスです~
もぅ・何でもっと早く行かなかったんだ・自分(泣
僕は3連Qド真ん中、昼12時到着でした
入り口が近付き、振り返ると列は更に延びて、最後尾が見えなくなってました;
可能でしたら 「平日早め or 夜」 がよろしいと思います

ときおり漂う加齢臭 (爆
僕はジーちゃんの海に溺れていました
ジーちゃんは「解説パネル」を全部読まないと動かないんです
で「遠くて読めない」とか言うし
諦めて図録買って(泣

そうなんですよ!うららサマもツッコまれてた「綱吉の書」
「うっそ~ん・言うても将軍やで~」思ってたら
「こりゃ酷ェ!!!!!(爆」
あれでも良作…ですよね;
額装や、掛け軸をしつらえれば、普通「それらしく」見えるモンですが…
そういう次元・軽く超越で(爆
吉保にサラリーマンの悲哀を見た想いです

アツイものを感じる良い内容でしたね!
もっと開期を延長して、より多くの方に御覧頂きたいです!
修学旅行生とか社会科見学とかの子供等にゆっくり見せたって欲しいです
僕はキケン思想とかでなしに「日本すごくね!?」思える機会・あった方がイイナと

パンフ・相当良いです!(※回し者ではありません
日本語頁・286頁
展示品全てのカラー写真&詳細解説付き・年表フォローあり
こんだけの展示も滅多に無ければ、それを受けた図録・コレも貴重や思います
もし・再訪可能でしたら、是非にッ!

グッズ、もっと欲しかったです
手ぬぐいイイですね~、パンフがへヴぃやったんと混雑で物色ままならず(泣
他は葵の紋のカンカンに入ったアメちゃんを買いましたw

追伸ガエシ
絶賛企画中…紅葉の季節・ようやく到来です!
夜はライトアップの舞鶴城が貴女を待っているッ!!!!!
殿展示・会場自体の狭さを受けて、小さめですが「生・本物」ってコトで興奮しました
好天の恵林寺で、僕のリベンジをはらしてやってください(笑

投稿: 影千代 | 2007年11月26日 (月) 23時38分

影千代サン、こんばんは☆彡

ここ数日、曇天続きで、お天道様が恋しいですね。
土日は、回復するらしいですが、ガソリン高騰なので、自宅でおとなしく年賀状でも書きます
(笑

【大徳川展】
2回目、行って参りました!
平日の朝ですが、終盤という事もあり、既に30分待ち…
会場内は勿論、ごった返していて、例のへばり付き(苦笑
なので、自分が興味深い品々を閲覧、図録を購入して会場を後にしました。
この時、もう70分待ちでした。

待ち時間には、びっくりですが、これだけの人々が訪れるというのは、素晴らしい事ですね!
帰宅後、図録を眺め感動に浸っております☆
当初は、¥3000を渋っていたのですが、やはりコレはお安いですね!
友人と話していた所、イケメン兄さんのLiveパンフも¥3000するそうで…

かたや、イケメン写真
こちらは、国宝ズラリ…
比べ物になりませんね(笑

【綱吉の書】
毛筆文化、将軍ともなれば最高級の筆etc.…
踏まえると、確かに¨いまひとつ¨な筆跡でしたね。
しかし、綱吉は歴代の将軍の中で、一番の低身長・124cm(現在の小2程度)だったそうで、大きな文字をバランス良く書く事が難しかったのかもしれませんね!?
彼は儒学の講義や、能を舞う事で自ら家臣の前に立ち、低身長というコンプレックスを克服する為にパフォーマンスしていたのでは??とも言われているそうです。

そうでした、影千代サン。
『恵林寺』
是非、リベンジを!!
吉保の墓所は、信玄公の様な柵は無いので、下足に履きかえて、近くまで行ってみて下さい。
吉保と定子。並んで居ますが、どちらが吉保か?
(勿論、向かって右側が吉保なのですが)近くで確認してみて下さい!
来春、桜の季節にもう一度、如何でしょうか?

~追伸~
愛知県の大樹寺に、徳川家とその先祖である松平一族の墓があり、ここに安置されている位牌は、将軍たちの身長と同じ高さに造られているそうです。
将軍が死去すると家臣がその場で身長を計測し、これと同じ長さの位牌を造る。
そして、この位牌は遺体と同じ扱いを受け、江戸から三河まで行列を組んで運ばれたという事です。
ちなみに…
家定公は、149.9cmだったそうです。お顔のアザも、肖像画には描かれていないものの、幼少に患った病の後遺症で、北村サンが演じた家定公の様だったそうですね。

投稿: 向日葵 | 2007年12月 1日 (土) 00時29分

向日葵サマ☆コバワッ!!!!!

ですね、曇天続きで寒かったです
社での喫煙タイム・考え事をする時間に充ててるので、独りになりたい僕(暗
ハナシ好きの先客が居たら、仕事中なんで・うっといんですよ
だもんで、いっつも人気の無い屋外喫煙所をチョイス
この時期・キツイす(((泣
今日は暖かく・快適でした

年賀状…グッチョイスです☆
他人サンのはやっても、自分のがまだです(((汗

2回目ですか!お疲れ様でした
うはぁ…平日朝でも70分待ちですか
で・もれなく「へばり付き」も付いてくるぞと
大変でしたね、僕も・もぅ1度生で観たかったです

図録は「買い!」ですよね
一度生で観てるので、図さえあればアリアリと甦ってきます
ね・寧ろ良心的大特価

おふッ…イケメン兄サンも同額ですか
まま・価値観の相違と言うコトでw

【綱吉の書】
そんなに小さかったんですか!?!?!? (驚愕
当時の人・いくら今よか小さいゆうても平均150㎝くらいは……
ネタ的にオモロイなと、弄った筆致でしたが不勉強申し訳ない…
「学者肌」で興味の無いコトは見向きしないタイプかなと思って見ていました
「字?ただの記号やろ?読めたぇえねん」 という

綱吉×染子×吉保の出てくるフィクション小説を幾つか読んでまして
共通している設定は、綱吉はインテリなれど容姿にコンプレックス・アリ(小柄・非イケメン)
方や、吉保はインテリ当然で見栄えも良い
吉保をヒイキするのは、付き合いが長い愛着・気配りに長けた人柄ってのはモチロン
「自分がこぅ・在りたかった」理想を見出し、投影するから重用したと

オハナシ頂いて「あながちフィクションでもないかも」興奮しました
歴代綱吉では異例のイケメン@タニショーグン
雲の上の綱吉公も「マジで!?!?!? (悦」でしょうか

【恵林寺】
やぱ・回廊無しですよね(泣
扉が閉められており、近付くはおろか・見ることさえ叶いませんでした
ぇえ!?!?!?何か墓石にナゾがあるのでしょうか…凄く気になります
境内の硬質な雰囲気はかなり好きです
今のトコ、Myベストof寺ですね(何
違った表情を見せる春・また行きたいです
折角行ったのに、美術館に寄れず…現地で色々貰った広告に「藤田嗣治」の名を見た様な
ぁあぁああ…(泣

大樹寺…等身大の位牌ですか!? 興味深いです!
歴史がお好きとあって、サスガ・お詳しいですね!
やぱ・将軍ともなると神に等しい存在
ゆえに・そんな大仰なシロモノなんでしょうか…面白いです
家定公も現代人から見ると小柄ですね、病による痣はあったと聞き及びます
でも・肖像画はなかなかの美男子ですねw

史実を学んだり・フィクションを絡めることで、愛着が湧いてきたり
ビミョウな空想の余地があり、絶対の正解が解らないトコに魅力を感じます
歴史って楽しいですね(しみじみ

投稿: 影千代 | 2007年12月 1日 (土) 23時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 12月度★御予定 | トップページ | ♯24 高麗からの文(ふみ) »