« LOOK at STAR! 2008 January vol.35 | トップページ | ユンゲルって »

2007年11月29日 (木)

医龍2★♯7

スネクリいじゅと、ノグリンのオペ受けるor受けない
次回の問題点はそのアタリぽいす
仲間作りに、ちょっと飽きが出て来てたんで、ノグリンの疾患は斬新?思ったンすけど…
グンジーも命救われて改心やったよね

オモロイはオモロイねんけど、なんや前作と一緒の様な…

仲間作り→仇の命を救う→改心成功→大団円

やべぇ・要らんコト気付いてもうた…

でも・サントラは買う

【DRAGON RISES】 ちょう・欲しい

んじゃ・今日のオハナシ

以下・長文

オトコに振られたから辞職したいと、届けを用意する寧々センセ
「田舎にひっこんで、スナックにでも勤めようかなぁ~」
通うんで・メルください (逝け

川崎病で冠動脈瘤の息子のオペを依頼したい
ドラゴンの評判を聞いた夫妻が訪ねて来た

幼少の頃受けた手術で麻酔のミスに遭い、下半身不随の息子
弁護士である父親が医療裁判に熱心なのはそのため

ミスった麻酔医は誰?ドラゴンの問いに
「コウダ・マモルと言う若い医師でした」

オロロ…てっきり寧々センセか思ってたら男性名@別人

なのに… 「このオンナが滅茶苦茶にしたんです!!!!!」
帰りしな、寧々センセを見るなり、声を荒げる弁護士父

父弁護士曰く、寧々センセが仕事にかまけたせいでトモキは不自由な体になったと
持病のある息子を仕事で放置・息子より自分のキャリアが大事だと
よりによって、帰りを約束した夜・仕事を入れた
その晩・発作を起こし、かつぎ込まれた救急医でミスが…
父弁護士は元妻@寧々センセを激しく恨んでいた

翌日・両親に連れられ、トモキ君来院
寧々センセは廊下の影で、切ない視線 (泣

「オマエはトモキを裏切った、でも・過酷なリハビリに耐えた・オマエへの恨みが原動力だ」
父弁護士は寧々センセに、歩ける日が近いことを教えてくれるも
「もう送らないでくれるか?」
手紙の山をつき返す…子供向け 「ひらがなの宛名」 切ねェ
先週のデイトも行かなかったのも、息子の意思と告げ
「もう・関わらないでくれ、オペにも入るな」 断固拒否

第一助手を任され 「いいんですか?」
スネてんのか?いじゅ(ぇ
外山ンの 「意外と鬼技術」 に最近・自信喪失気味

「譲ってやったんだ、ィイ仕事しろよ~Dr.真ん中分け」

外山ァァアァアァアア!!!!!!

いいよ~
いいよ~
オマエいいよ~

コイツの高圧的なシャベリがタマラナイ
内容は優しくなってるけど、シャベリ方がインです

「ツンデレ・かくあるべし」 の王道を体現してますね (何

グンジーに酷いコトバを浴びせるとか 「高度な画」 が観たいす (は
ソレを物陰から観ていたい… (通報

「才能ってやっぱあるんですかね…」 金四郎サンにも甘えるイジケっ子・いじゅ
もー 「のび太」 みたいなコト言わないの!
あのなー才能なんて無いんだよ
も・数こなすしか無いの、アトからついてくるモンなの!

トモキ君のオペは難航・手間取るいじゅに
「オレが変わる!」 すかさずフォローに入る外山ン
いじゅ・引きずりそう (笑
オペ中のリードコールを入れる外山ン
以前の意地悪さは無いけど、鬼軍曹みたいなシャベリで好きです (は

「訴えるぞ!」 制止する弁護士に 「憎んでもいい!憎めるのは生きてるからよ!」
寧々センセ・難航オペに自ら参戦
息子は自分を恨んでるハズ…そいでも出来るコトをしたい
ぁあ… (((((泣

寧々センセの安定した術中管理を得て、オペ成功

ドラゴンにお礼を言う父弁護士に
「小高が居なかったら、このオペ・成功しませんでした、小高のお蔭です」

ココロ動かされた父弁護士 「オレに黙って持ってたんだ」
手紙の真実・トモキ君が机に隠し持っていた

「オペには入るなと言ったが、病室に入るなとは言ってないぞ」
背を向けたまま・父弁護士

オマエもツンデレか… (違

「ありがとう…」 病室に駆け出す寧々センセ

「退院前の問診を行います…」 声裏返ってるし(愛
「好きだったよね、僕も・スキだったな」 チョコを差し出す、トモキ君

「お父さんには、ナイショだけどw」 あの頃同様・微笑んで
同じく仕事で遅かった父弁護士
帰宅を待つ間、コッソリ2人でチョコを食べる・母子の楽しいヒトトキだった

「ずっと待ってた、来てくれると思ってた…お母さん」

涙ぐみながら、チョコをほおばり 「ナイショ」 のジェスチャーを交わす

オペに復帰すると言う寧々センセ
ドラゴンは笑顔を見せるも
「みんなを集めろ」 レントゲンを取り出し、厳しい表情に

ノグリンが欲しいのは 「心臓移植認定のブランド」 だけ
認定後こそ大事な鬼頭女史は、不信感モンマリ

北洋潰しに手間取り、野口の提携おろか、社でも危ういミユキ姫
そんなココロの隙を突くか
「ココまで来ては止むを得ない、野口を倒すためです・私とパートナーになりませんか?」
北洋院長・動く!

って・ノグリン倒れた

なんだこの展開 (爆

あい・すまん@不謹慎

じゃ・北洋ドラゴンズがノグリンの心臓を・命を救うって?

ほんで・ないがしろにしてきた 「病気を抱える患者」 の気持ちを思い知らせる

うわぁ…それ・どんな

なんやノグリンくらいになると 「喉元過ぎれば…」 って氣・せんこともなく (言うな

|

« LOOK at STAR! 2008 January vol.35 | トップページ | ユンゲルって »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。