« 週刊カズキ08.07③ | トップページ | 読んでみましたが »

2008年7月13日 (日)

風外DVD

ハイ~今更ですみません (平伏

【風の外側】 祝・DVD発売

本編再見しました~
や~僕・コレ好きですよ

そら・多少のツッコミどころはあるし、大方の察しもつきます
でも・好きなんですね

殿的にも 「さすが監督・解ってらっしゃる (ニヤリ」 起用です
未見のお嬢は、レンタもありますんで、是非にッ!!!!!

僕が所持してるのはセル版
レンタ希望のお嬢は、DVD箱の裏面に
映像予告:劇場予告/『out of the Film』 ─「風の外側」メイキング─
記載あれば、特典視聴可能すね

って・奥田監督の財政的なモンダイ&今後も殿起用濃厚がありますので、願わくばゲトして頂きたいッ!!!!!
こういう小規模映画って監督の私財投入デフォなんですよ;
キャストに仲間ウチが多いのは 「良作作りたいから能力信頼してる人」 勿論ですが、ローギャラで協力惜しまないでくれるってのも一端

勿論・無理強いじゃありません
ぇえ・オトナの事情トークってコトで;

映像特典は予告編とメイキング収録
アイドルドラマのメイキングなんつったら、完全にファンサービスなんですけど
コレは映画が出来上がってく過程がドキュメンタリー的
長いし細部まで撮ってるから、今更ながら 「映画撮るって大変やんな;」 よく解る
同時に 「ェエもん作ろう!」 って気概も伝わる
それは・監督独りでつっ走るでなしに、メインキャストからエキストラに至るまで
なんやね・迫るモノがあるんですよ (涙

殿メイキングも入っています

「歯止めが効かんちゃ」 セリフ練習する殿
標準語なら感情ばっちしでクリアーなところ、方言指導でアウツ
ビミョウなニュアンスの違いが掴めず、苦戦する姿
「くそう・何が違うんだ、何で出来ないんだ;」 的・御自分への苛立ちを感じました
恐縮する方言指導の女性が切ないw

本番 (聖文のアパートで迫るシーン) でも撮り直しに
演技的にオケーやけど方言的に違うそうで
この解りにくいNGは、奥田監督というトップでも決められない、辛いのは方言指導の女性
「私のせいでNGに…」 みたいな
そんな空気を察し、明るい声で 「おうしッ!」 気合を入れなおす殿
テイク2でオケーが出るも、やり直しになったコトを
「わースミマセン;ごめんね」 あえてサラっと言ってみる
自分の演技だけでなしに、現場の空気を意識される姿…いいすね
しかし・普通の声はハイトーンw

クランクアプでも 「オマエの鬼門www」 奥田監督に冷やかされてましたw
殿の座りトークも収録・そこでも 「「歯止めが効かんちゃ」 は忘れられないwww」 との談話アリw

1時間に渉るちょうロングなメイキングで、終盤にも殿の一言収録されています

殿的にも 「俳優が監督」 ってのはやりやすいみたいだ
奥田氏は気持ちまでよく解ってくれる、演技も教えてくださるとの談
奥田組に初期から参加の夏木女史は 「4本目ともなると余裕ですねw」 盟友イジリw
また、若手には演技指導付きな点を高く評価されてる

監督が好かれてる・信頼されてるって、映画という 「モノづくり」 に於いて重要なんすね
僕の偏見かも知らんけど、こういったキャストの想いの繋がり・興行意識の大作では薄い希ガス
「アイツが出てればダイコンだろうが大成功でしょ?」 みたいな作品で、全員がそんな気に成れるんだろか?
そういう意味で 【風外】 は非常に 「うつくしいもの」 として映るのです

映画冒頭には 「サクラ嬢・母コピーすぐる (爆」 吹きもしたが、頑張ってる感が心地よくて、あまし悪く言う氣になれません
メイキングを観て、ますます 【風外】 好きになりました

奥田監督勿論・サクラ嬢の御活躍を祈ります

|

« 週刊カズキ08.07③ | トップページ | 読んでみましたが »

コメント

こんばんは(・ω・)/
「風の外側・メイキング」良かったですね
表面からは見られない,映画制作の裏側や全貌をメイキングに入れてくれるのは少ないですよね
映画制作のたいへんさや俳優さん達に対する厳しくも温かい指導
とても見応えがありました★
また、北村氏が方言指導を受けている時の真剣な表情は忘れられません


実は自分、作品を見終わってしばらく経つまで奥田監督が「皆月」の諏訪と同じ人物だとは全く知らず、気づきもしませんでした(汗
名前の感じが似てるな~とは思ってはいたのですが・・・
全く同一人物には思えませんでした
やはり奥田監督、そして俳優・奥田瑛二は凄い!と思いました☆彡

投稿: sora | 2008年7月13日 (日) 21時44分

soraサマ☆コバワッ!!!!!

見応えありました!
アタマでは知ってるつもりが、実際を見ることで、より迫ってきますね
みなさんの熱意に触れて、より映画が好きになりました
こういった内容のメイキングは少なく、商業を超えた作品愛を感じます
殿・真剣でしたね
苦戦する姿ってレアなので、改めて大変な仕事をされてること・ヒシヒシと
良いメイキングでした!

おぉう!
気付かないのは、そいだけ演技ギャップってコトですね
俳優サンにしたら賛辞ですよ!
近年・監督業にウエイトを置かれてまして、風外関連インタで「今度は時代劇をやりたい」
語っておられました
また・映画を撮って頂きたいし、演技も観たいですね!

御出で頂きアリガトウゴザイマスッ!!!!!
自分がウカウカしよるもんでから、すっかりご無沙汰してしまって、何だか伺いづらくなっていました (弱
また・伺わせてくださいッ!!!!!

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: soraサマへ | 2008年7月14日 (月) 02時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 週刊カズキ08.07③ | トップページ | 読んでみましたが »