« スタジオ殿パーク 弐 | トップページ | 殿リヤル出陣 »

2009年8月 4日 (火)

スタジオ殿パーク 参

まだ続くYO

番組コーナー 【ここがききたい】
「ハイ!今日の 【ここがききたい】 でございます」
「今日はタイトルこちらに致しました」

スタジオ据付の液晶に副題画像 “北村一輝 止まらない俳優人生” 表示
殿の宣材写真、背景には否妻をあしらい、そこはかとなくVシネのパッケージ感w

「特異なキャラクターも多いんですけれど、攻めに攻めていらっしゃる俳優人生を今日は伺おうと思います」
「元々大阪のご出身でいらっしゃるんですけど」
 「ハイ」
「俳優に成りたいと思ったのはいつ頃のことなんですか?」
「正直定かでないんですけども、18…高校くらいですかね」
「何かキッカケはあったんですか?」
「昔から映画が好きだったんですけども、あのぅ…中学くらいからよく、回りの友達には俳優に成りたいって言ってたらしいんですけども、まぁ…自分の中では、そうですね…そういう意識がある中でやっぱり、何本か観た映画の中でやっぱり映画ってイイなぁって… 【蒲田行進曲】 であったり」
「【蒲田行進曲】ですか!」
「ハイ、深作監督ですよね、とか、まぁ…元々僕達が育った時代っていうのが丁度ハリウッド映画が入ってきて 【スターウォーズ】 とか 【インディジョーンズ】 とか、そういうのを小学校、中学校とずっと観てたんで、出たいな~ッていうのが、こぅ重なって重なって…」
目を輝かせ少し早口になる殿、本当に好きなんだなぁというのが伝わる
「気付いたらもぅ、東京に来てたみたいな…」
「映画を観て、面白いな~じゃなくて、出たいな~って?」
「そうですね、映画を観てる最中から、例えば 【インディジョーンズ】 であったらハリソン・フォードに成りたい!っていう感じでw」
「ホホホホホw」
「自分が中に入ってるっていう意識で観てました」
「実際、役者に成ろう!と思われて、不安みたいなものは無かったですか?食べて行けるのかな~?とか、気がついたら東京に居たと仰っていましたが」
「………そうですね…不安は……やってから…ですね、行動するまではあまり考えないですね」
「実際に飛び込んでから不安に?」
「ハイ(コクリ) 後悔とか…色々…ふふ、いや・そんなコトは無いですけどもw」
「いや、まぁでも、そういう…普段から自分で行動する時に、モノを考えないワケじゃないんですけども、考えるのは後にしようっていうクセをつけてるっていうか」

「はぁ~ッ (なるほど~ッの意) 先ほども 『温泉に行こう!』 っていきなり仰ったりするって御二人のお話でしたが、先ずは行ってから?」
「ハイ、行ってから考える」 割とキッパリ仰るw
「デビュー後も色んな作品へお出になっているんですけども、ちょっと北村サンの出世作の一つを、ここでちょっとだけ御覧頂こうと思うのですが」
「コレがまた凄いですよ……【喧嘩の花道】!!!!!」

どうだー!的紹介と共に、液晶にタイトル表示・あれ?少しスタジオの空気がおかしいぞw
「ええ… “大阪最強伝説” ってこの映画でですね、今・世界で注目されてます三池崇史監督 【ヤッターマン】 や 【ゼブラーマン】 など色々面白い映画をお撮りになってる」
「今回 【天地人】 にも出てました」
刈安兵庫役で出演…景虎の家臣で、野良犬に喜平次と名付け虐めていた隻眼キャラ)
「え!?!?!?三池さん!?!?!?」 「ハイ」
「あれ?そうでしたっけ!?!?!?」 「ハイ」
「監督と出会って、お出になった出世作、96年ですから27歳?」
「………」 天を仰ぎ無言…スタジオ爆・ガンガレ殿脳細胞wwwww
「御覧頂きましょうwどうぞ!」

VTR 【大阪最強伝説 喧嘩の花道】 1996年 三池崇史監督作品
パンチパーマに超細眉・改造制服を着たドヤンキーの殿が、勝負を挑んできたヤンキーを木っ端微塵にボコす場面
〆の台詞は 「なんやゴルァ、ワレもドツかれんど」
(意訳:何見てるんだ、お前も殴られたいのか?)

ちょ・スタジオが完全に引いているwwwwwwww
「ヒィイィイイイ~」 コラ!武内アナ止さんかッwwwwwwww
眉間を押さえアイターな苦笑で俯く殿w
観客が映るもほぼ 「唖然」 の表情、何だよリアクションしてくれよwwwwwww
「ちょっと、外の皆さんもシーンと、ちょっと今;喧嘩上等…パンチですよ…」
「いや…何故・コレを選んだのか?」 喘ぐ様に呟き、顔を伏せる殿
「「「「「「あははhhhhhh」」」」」」」 そこで笑うかスタジオwwwwwwww
「いや、やっぱり出世作のお一つですから」
「ハイ(コクリ」 弄られる覚悟を決めたかの様な深い頷きw
「奇才・三池監督の」 「ハイ・素敵な」
「この映画で出会われて」 「そうですね」
「ここから…フッ (吹」
(監督との馴れ初めを話そうとしたところ、液晶に監督の撮り卸アップが映り吹き出す)
「(殿のリアクションに)ふふふw思わず、この時はまだ北村サンは北村一輝というお名前じゃなく、御本名の北村康サンでお出になってらしたそうで」
「ハイ」 「三池サンが一輝という名前を考えてくださったと」
「そうですね、この時にまだ僕は事務所っていうものに入ってなくてですね、自分で事務所という形で、マネージャーのフリをして電話をかけてw」
「え!?」 「色々やってましたw」 「一匹狼でやっておられた」
「それで、事務所に入るコトになった時に名前を変えようって話がどっかで出てきて、まぁ、監督に頼んで」
「そうなんですか~一輝という名前が、どうしてなのかは?」
「あのぅ、聞く度に理由が違うんですよw」 「そうなんですかw」
「結構いい加減でその場で付ける感じなんですよ、実際はw」
「そうですか~私共、今回折角ですので、三池監督に名前の由来を伺って参りました」
「ホントですか!?!?!?」 「北村サンへのメッセージと共に御覧頂きましょう、どうぞ☆」
さっきまでの笑顔が消え、表情に緊張が走る殿w

三池監督の攻撃もとい、ビデヲレター
「貴方の番組に強力できて光栄に思っています、映画監督の三池です(ペコリ」
「お昼の番組に出ていいのかな?って思ったんですけど、まぁ、自由の国ですから日本もw」
「こぅ…イイ国だなっていう風に思いますけど」
「出てる北村も自分でもオカシイと思ってると思いますよ 『俺は何処に行こうとしてるんだ?』 みたいなね 『どうなってしまうんだ?』 ってねw」
「業界には名前を音読みする習慣があって、カズキはイッキとも読めます」
「要は、一瞬誰よりも強く輝いて、其処まで一気に行っちゃうっていう、という」
「役者に成って成功して、シアワセな人生…っていうのをあんまり感じさせない、だから役者って光ってるんだという奴だなと」
「でも、結構上手くやっちゃってるんですよねwww」

拍手のスタジオ、殿はテラ恐縮的な笑顔で 「いやぁ…ありがとうございます」 ペコリ
って・大きく溜息wwwwそこまで緊張するとは、やはり三池監督には頭が上がらないんだろうw
「パッと輝いて、ガッと駆け上ると」
「僕が聞いたのでは、この理由は初めて聞きました」 「本当にwwww」
「これまでとはまた違う?」
「こないだ聞いた時は “一人ぼっちになってでも輝いている” という」
「はぁ~ッ」 「そういう意味を込めて付けたと…違うコト、毎回聞く度違いますね」
「面白い方ですね」 「あのぅ、そういう人ですw」 「三池サンw」 「三池サンw」
「三池サンと最初に出会われたコトは、北村サンにとっては」
「いや、凄く大きいです」 「その後もね、一緒に沢山お仕事をしてらして」 「ハイ」
「そこで、ここから北村一輝っていう役者サンが始まっていくわけで」 「ハイ」
「その始めのところとしては凄く大きかったと」
「そうですね、本当に出会いっていうものには感謝してまして、特に三池監督と出会ったことによって凄く…(グッとためる)…変わりましたね!」
「それまでと随分?」
「ぇえ、やはり丁度出だして、そこから何本かVシネマというものの作品に出て、そこから単館映画に出て、色々何本か御一緒させて頂いたんですけども、三池サンがどんどんどんどん有名になっていくのに乗っかってw こぅ、ついて行ってみたいな感じで見られるようになって、今の事務所の話だとか、そういう風に繋がって行ったんで、凄く感謝しています」

ここまでの感想(´・ω・`)ノ
好きな映画や、それに寄せる思い出のハナシになると目を輝かす殿
根っから好きで志したコトが伝わり、胸がアツくなります
駆け出しの殿が出逢った運命の人@三池崇史監督
スタジオをドン引きさせた 【大阪最強伝説 喧嘩の花道】
Vシネだからって、決して偏った層向けの映画でない
青年特有の高揚感や挫折を、笑いと切なさで見せる青春モノ
本当に面白い映画ですんで、是非に御覧ください
三池監督には珍しい 「良い意味での万人向け」 やと思っていますw

殿のマネージャーのフリというのは
個人では相手にされないだろうと、マキノという偽名(マネ役)を使用し2役で電話
しかし即効見破られたというオチw
【東京フレンドパーク】でのゲスト時に仰っていました

三池監督を選んだスタパスタフー神!!!!!
最高の人選 (感涙
監督の茶化す様な喋り出しw
聞き様によっちゃ、トゲのあるように聞こえるかも解りませんが違うんだ
意訳すると
「いや、言わなくても解ってると思うけど、やっぱ・俺としては初心を忘れないで欲しい」
「売れなかろうが、どんな役だろうが、貪欲にやってきたお前を見てきたワケで」
「ま、俺なりにお前の出世は嬉しいんだけど、あんま順調だと何だか心配にもなるのね」
「ほんと、くどいけど、あの頃の貪欲さを無くしたらお前はお前でなくなるからね」
「ま・調子コイてやがったら何時でも張っ倒すというコトでw」

そんな感じ (全然意訳じゃないし
乱暴な愛ってんでしょうか、素直じゃねぇなとw
三池監督は一番・殿の俳優としての魅力を解ってくれてる人なんですよね
いっそ 「試練を与えたい」 くらいは思ってるハズw
大体、三池監督が手放しに殿を褒めるとか、ストレートに 「がんばってね☆」 なんて言ったら気持ち悪いですもんw

殿のリアクションからは監督への親愛や畏敬が感じられた
「監督は俺をどう見てるんだろう」 って
そういうの凄くイイすね
昔っからの恩人だから、そりゃ認められたい・褒められたいだろうけど、それよか 「この人に見限られたら俺・終わりだな」 ってあるだろなと
売れてくれば、チヤホヤされたり周囲からの扱いが変わってくるだろう
そんな時でも昔と変わらずクソミソ言ってくれる人の存在を意識し、大事に思ってる殿ってイイす
この絆に泣けるッ!!!!!マジにッ!!!!!

つづきます (長

|

« スタジオ殿パーク 弐 | トップページ | 殿リヤル出陣 »

コメント

三池くだりはおっしゃるとおり、
いつもの三池&北村のみえないあ・うん…。
いい感じですね。

それより、喧嘩の花道でスタジオが引く・・・って、
なんとなく、ああ、そういうことなのか

と、時代の流れを感じます。

さいこーだろうよ。パンチパーマ
一生懸命なやっし時代。

それに、この作品はただの軽いヤンキー映画じゃないですよね。

これでひくなら、ヤンキー烈風隊の特攻服はどうだ?
みどりのジャージのカジヤくんはだめか?

というか、大河でファンになった人も結構多いかもしれませんね。
しかし、これも予想の予定内(勝手にうちら的に 笑)、
ちょっと
ファン?あれ???と感じないでもなかったけど・・・。

「どこへ向かう北村一輝さん」なのですが、

わかっています。いいんです。

レッドカーペットの先の舞台へ向かってます。

そのあと・・・・。


だめだ、これ以上書いてたら、興奮してくるのでやめます。

とりあえず、ここまでは影千代殿&らん丸の
予定内スケジュールどおりですね♪

勝手に決めてるが(笑)
何年しても、俳優さんとしての期待を裏切らない殿
いまさらながらに、応援しつづけていて正解の俳優!

投稿: らん丸 | 2009年8月 5日 (水) 15時49分

影千代さま、こんばんは~

私も、三池監督のご出演、嬉しかったです!

『蘇える金狼』で御共演のとき、三池監督って、ご自身でもすごい演技をなさる方なんだー、と驚きました。殿のユキオちゃんもかわいかったし・・。あの作品、とても好きです。

で・・
私、確かに景勝オチで、それなのに何なんですけど、やっぱり今の「天地人」は残念です(泣
私は歴史に詳しくはないんですけど、歴史好きの方や昔からの大河のファンの方からはあまりいい評価いただいて無いのですね・・・
確かに、史実とか抜きにしてもドラマとして・・?? 特に景勝の扱いは気になります。

主に脚本に対する批判をよく聞きますが、全部ひっくるめて「天地人て~~」っていわれちゃうと、頑張っている殿やブッキーさん、皆さんのことを思って悲しくなります。

それで、
悲しんでてもしゃあないので、私もメールで圧をかけたい!です。でもNHKのHP見てもよく解らなかった・・  すみません、意見や感想って、どこに送ればいいのでしょう? なんか、私も少しでも殿の役に立つようなことがしたいです。

殿パークと離れたことを書き込んでしまってすいません。再放送のお願いももちろん!
見逃してしまった方々にも、ダイジェストでなくフルで見ていただきたいです、ぜひ。
物知らずでハズカシイですが、アドバイス、くれてやってくださいませ。

投稿: ゴマコ | 2009年8月 5日 (水) 21時53分

らん丸サマ☆マイドッ!!!!!

三池監督のツンデレっぷりw(違
阿吽とはまさにッ!!!!!
いいすね…こういう絆(涙

せめて「パンチってないわプギャー」くらいの爆笑がほしいすw
一部には「うっわ・引かれちゃってるしw」
“解っている”風のファンの方も(もしかすると仲間内かも知れないw)居られました
けども、大半の方は「絶句…」といった風でw

>一生懸命なやっし時代。
ですですッ
今の殿が「技術に胡坐をかいている」ってワケじゃないんすけんが、初期作には特有のガムシャラ感があり、見ていて気持ちが良いです
若い役を駆け出しの頃にやることで、役柄と好作用リンク
あの頃にしか出来ない役として輝いていました
こればっかりは、幾ら経験を積んで上手くなっても、またやれるかってったら別次元のハナシで

ブラックツェッペリンすねw
あんなド黄色の頭は2度と無いなw
カジヤ君を逆行観賞されるなら「豪快な捨てっぷり」として爆笑してほしいッ
そんな殿も愛してくれw

スタパ観覧は抽選方式ですので、幾らかは偶然居合わせ参加者
ブログのお客様には、折角行かれたのに外れてしまった方も;
勿論、今大河でファンになった方が勇んで駆けつけたは大いにあろうと☆

従って「景勝とメガシャキしか知らない」なんて普通にありえる場
過去に偶然観ていたとしても小奇麗な近作ドラマ【14才】【バンビ】【ガリ】くらいだろかと
だもんで、深淵に突き落とすスタパのチョイスは良心的w
①訴求力の大河で知名度向上→②ウッカリ過去作に興味→③もう戻れない
イエス予定どおりw
①を別の作品に置き換えれば、僕等にも当て嵌まることですが、大河ゆえの影響力ってのがミソで
コレが齎す「向こう側」ってかつて無い規模じゃないかと
「そのあと・・・・。」までもう少しッ
ヤバイッ(崩壊
スケジュールは至って順調w

勝手なんてこたないす!
「来て当然のモノがやっと来たかッ」ってな!
売れてきて「アレレ;」は一般的なコトですが、そういう詰まらないことが無いって凄い男だなと
応援し続けて来られた先輩諸氏の見識に頭が下がります
改めて「イイ男だな」思わせてくれる殿はホントにイイ男(涙

PS・FromKazuki更新きましたッ

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: らん丸サマへ | 2009年8月 5日 (水) 23時56分

ゴマコサマ☆コバワッ!!!!!

再訪ありがとうございますッ

【蘇る金狼】も観賞済ですか!!!!!
無理強いするつもりは無いけれど、やはり熱心な取り組みは素晴らしいと思います
三池監督の熱演・カッコイかったすね!
掴みどころが無い上に、マッドな一面も持つユキヲ
でも、テツヤにだけは従順なアタリ、全てピュアネスに由来するのかと妙に納得w
アクションもカッコイかったすね!とても好きな作品です☆

どんな大河においても「史実と違う」批判はつきもの
寧ろ、そういう批評することに楽しみを置いている方も居られようかと
だもんで、そのアタリの批判はそこそこに流してよいと思っています
ただ、今作においては「創作として面白いんだからいいじゃないか、だってドラマなんだぜ?」
言い返せないレベルに脚本が焦土;

肝心の政争を描くことから逃げて、浅い人物描写ばかり
政争の心理戦は描けないくせに、完全創作のどうでもいいような部分では妙に筆が走るアタリ、寧ろ不快
残念ながら、歴史モノには不向きな脚本家サンだなと
ただ、看板は【天地人】ですから、便宜上そういう謗りを受けるんですよね
ナンボ作り手に問題があったとしても、矢面に立たされるは目立つ出演者
これは僕も危惧するところであり、見ていて辛いです

押し寄せる批判は局にも届いています
局はネット評に対しサーチシステムをまで構築していますよ
脚本に補佐が2名追加されたのも無関係で無いかも知れません
殿応援でも要望でも、アクションは有効と考えます

【スタジオパークからこんにちは】
再放送のご要望は http://www.nhk.or.jp/park/mail/index.html
【NHKへのご意見総合受付】(大河へはコチラ
http://www.nhk.or.jp/css/

メールですと直ぐではないけど、一応回答アリ
しかし、そのための個人情報の入力を求められます
リアルに名乗るのは抵抗感もありましょうから、ペンネームを用いたハガキやFAXという手も
内容を盛り込みやすいので適当かと思います

お電話も名乗りを求められることはありません
以前、放送時間の問い合わせをしたところ、女性の丁寧なオペレーターが対応してくれました
ただ、仲介役の位置づけでしかないため、あまり込み入った話には不向き

僕も再放送をしてほしいし、より良い番組を作って欲しいと、そのために出来ることはやると!
ですが、あくまでも負担の無い範囲で御検討頂ければと存じます
ご賛同頂きアリガトウゴザイマスッ!!!!!

PS・FromKazuki更新きましたッ

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: ゴマコサマへ | 2009年8月 6日 (木) 00時40分

影千代さま

とってもわかりやすくアドバイスいただき、ありがとうございました!!
自分にできる範囲内で、頑張ってみますね!

スタパでのあの紙束の厚さ。
ちいさなことでも積み重なって、
もし 今年の大河においてすぐに結果が出なくても、来年以降の殿のご活躍につながれば・・と思ってます(*^.^*)

投稿: ゴマコ | 2009年8月 6日 (木) 20時19分

ゴマコサマ☆コニチワッ!!!!!

すみません、お時間頂きました;

「あれ…コメントがうpされない?届いてないのかな?」
心配させてしまったことと思います
ごめんなさい

申込みなど期限に関わる情報が出た場合において、
小稿ではコメントレスよりも告知記事を優先させて頂くことがあります
どうか悪く思わないでやってください

NHKへの意見投稿
民放のメールフォームは、特に個人情報を求められないんです
せいぜい、年齢や性別など傾向分析のためのアンケ程度で
NHKはちょっとやり過ぎかと…僕は構わないのですが、他人様に勧めるアタリちょっと;
そのアタリお伝えしたかったので、聞いてくだすって良かったです☆
ムリなく、ご自分に合った方法でドゾ!

ですです!その通りッ!!!!!
大河は作り手がアレなので、向上を望むコトが土台ムリかも解りません(酷
しかし、民放に比べれば、まだまだ質の良いドラマを作っているNHK
人気を示せば、知名度が認められ、別の場面でお声がかかることもありましょうッ
一人ひとりのチカラは小さくても、集まれば結果を出せる…
僕ら支え合って頑張ってるんだなと、紙束を見た時・本当に感動しました(涙

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: ゴマコサマへ | 2009年8月 8日 (土) 14時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« スタジオ殿パーク 弐 | トップページ | 殿リヤル出陣 »