« 簡易レポ | トップページ | 狛‐KOMA »

2009年10月24日 (土)

ジャスコ皇太子

★岡田が宮内庁に苦言 「陛下の言葉の見直しを検討すべき」 民主党

民主内閣府が前例踏襲安全パイの文言を作文
  ↓
岡田:「せっかく政権交代したんだから、気の利いたコメントよこせ!」
  ↓
宮内庁に抗議「もっと陛下の思いが入った文にしろ!」
  ↓
宮内庁:「作文はおたくの内閣の仕事ですけど;」
  ↓
岡田:「マジ?」
  ↓
内閣:「マジよ、アンタも閣議に出てたろ?聞いてなかったの?」

岡田ニコ生会見:「陛下のご意思として従来のあいさつを続けるなら構わない」

何このブーメラン、そして上から目線;

天皇陛下は、あくまで 「象徴天皇」
政治の世界とは一線を引いておられます
「国会の召集」 ってのも憲法に定められた天皇陛下の 「国事行為」
簡単に言うたら「お約束の儀式」で、そこでの御言葉に 「個人の想い」 入れろと言うのは頭がおかしい
被災地へのお見舞いであるとか、スポーツ大会などで述べられる 「個人としての御気持ちを込めた」 御言葉と一緒の括りに捉えてはならない

岡田さんへ宮内庁からのマジレス
「象徴天皇として政治的に中立な立場で述べられる開会式のお言葉が、その場その場で違うというのは寧ろおかしい」

岡田さんは、陛下の影響力を知っていて、民主党政権下で 「いつもと違うこと」 して欲しかっただけだろ?
例えば、御言葉の中にニュアンスでも 「政権交代うんぬん」 を含ませるとか
そんな激レア御言葉を賜わることは 「陛下は鳩党支援」 同じ意味を持つ
当然マスコミは飛び付き、一般人の耳目を集めることは容易い…

「陛下の御威光を政治利用してやろう」

魂 胆 見 え 透 い て ん だ よ

僕はことさらに「皇室!皇室!」ってワケじゃない
ただ、法律で言動を制限されている人の気持ち・心労はハンパでないとは思っている
そうした苦労を無視して、治世者が自分の都合で利用しようってのは卑怯だ
日本国憲法第一・三・四条は政治利用を封じるために制定されたんでしょ
政府の都合で憲法無視って、選挙に勝ったら何やってもいいのか?
人類有史以来、皇室や王室の権威を利用する政治家にロクなのは居ませんしね

どうせやるなら
「陛下におかれましてはこの非常時を鑑み、超然として憲法の外に立ち、鳩山へ組閣の大命を降下されんことを願い奉る」
くらい言ってみろw
皇室へ元々尊敬も思い入れも無いくせに、にわかパフォーマンスしようとすっから火傷すんだよ
いっそ、自由な御言葉を賜り、そこにケチをつけて皇室廃止論を盛り上げようってつもりやったりして;
それをやるにしても、憲法改正論から始まるべきであり 「世論を炊きつけてから」 ってのは順番が違い、何れにせよ卑怯であることに何ら変わり無い

岡田さんこそ、安全パイの言い訳でなく 「個人の想い」 で御説明頂きたい

こんな浅はかな男が、外国との交渉にあたる外相って色々アレだな

もし、麻生内閣の閣僚だったら任命責任・議員辞職、内閣総辞職・解散くらいは求めてるだろ

鳩 山 さ ん が

もういやだ

|

« 簡易レポ | トップページ | 狛‐KOMA »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。