« 週刊カズキ2010.3④ | トップページ | 月刊カズキ2010.4 »

2010年3月22日 (月)

熊本へ行ったYO

ハイ・おもきし殿外記事
殿新ネタに飢えてる時期にソーリー|´・ω・`)…
昨年ウチで 「花見に行こう!」 なりまして
九州は熊本へ行きました (写真はクリックジャンボ設定)

Dscf0707

熊本城カコイイ!黒壁豪壮!
Dscf0832_2今週末まで出店たくさん&夜間ライトアップのお城まつり開催中
ここで【天地人】の
「ワシの家臣にならぬか!」
「私の主君は景勝サマただ一人!」
「まったく、肝を冷やしたぞ(微笑」
撮影が行われました
劇中は大阪城でしたが、ジツは熊本城という
なので、無関係で無いコトもなく (こじつけ

また、今年も 【本妙寺 桜灯籠】 開催

Dscf0766
第9回 本妙寺 桜灯籠 ~はなとうろう~ 2010.3.27
【場所】本妙寺参道一帯(上熊本駅近く)
【時間】午後5時半~午後10時
※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい
★スタッフブログ (開花状況・天候などフォロー

★公式 (アクセスなど

すごく良かったのでヲヌヌメ記事を書きたいなぁと
もちっと早くうpれたら良かったんですが、それはそれで殿イベとバッティングしてたりで
結局ギリギリで良かったのか…

全国的に城×桜スポットはアチコチにあります
数百円の入場料で自分も楽しめるし、城を守るチカラにもなる
一粒で二度・三度オイシイ機会ですので、花見に行こうZE!

以下・旅行記

リムジンバスで空港→宿泊の 【熊本全日空ホテルニュースカイ】
荷物を預け 《電停》 乗車
路面電車のコトで、山手線感覚の時刻表要らずでバンバン電車が来ます
市内の主な観光スポットをカバーしているので、車内で乗り放券を買いました
HPから電停駅をクリックすると周辺観光案内を表示
行程立案時、相当世話に…何処もこうだったら良いのにと思う模範的HP

3号系乗車→ 《洗馬橋》 下車
Dscf0647_2花壇の手入れが行き届いた可愛らしい駅でした
キョロキョロしていると品の良い御夫婦が通りかかり目当ての店へ案内してくだすった(涙
ロマンスグレイで旅行広告モデルみたいなステキな御二人
開始早々に熊本の本気を見たw

【会楽園 (カイラクエン)】
Dscf0643駅から100m程歩いた通り沿い、低層ビルの1F
看板はちゃんとしてるんだけど、昼の表からは 「休業?」 みたく見える
ビル左手の入り口を抜けて、普通の家に遊びに来たみたいなw
名物の太平燕(たいぴーえん)を頂きました
「発祥の店」 というコトもあり、11:30時点で店内ほぼ満席
緑豆春雨を使った麺に揚げ卵・海老・野菜類と具沢山で、出汁の効いたスープうまし
ランチセットにはチャーハンと杏仁豆腐がついてくる
旦那サンが一人で一生懸命作ってらっしゃり、奥様?が接客担当
顔も声もパない美人で、お冷のお代わりなど気の付くステキな方でした

《洗馬橋》 → 《通町筋(とおりちょうすじ)》 下車
デパートが立ち並ぶメインストリート
買い物客や若人で賑わう表通りから1本裏へ行くと

【小泉八雲熊本旧居】
Dscf0651繁華街から切り取られた様な異質なオーラが
さすが家主だけに
家主は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)
著書【怪談】(耳なし芳一・雪女など収録)で有名すね
アメリカの新聞記者で、英語教師として日本に招かれ、日本文化を紹介する著書を多数手がける
人種差別の激しい白人社会では、黄色人種の妻に遺産を残すことが禁止されていました
そのため、帰化して奥さんの家に婿養子として入ったそう
日本の情緒に惹かれた繊細な人柄と思いきや、アツい漢やったんすね
著書や縁の品々など八雲博物館であると同時に、戦火を逃れた古い民家ゆえ建築史としての見所アリ

《通町筋》→《水前寺公園》
【水前寺成趣園】
肥後細川家の大名庭園です
Dscf0675東海道五十三次に見立てた庭園は広い池とユッタリした起伏が
Dscf0684清水が湧き出るという池には鳥や鯉がマターリ
Dscf0699連なる鳥居と桜は人気の撮影スポット

園内の奥に広い芝生エリアがあり、そこを囲む様に沢山の桜が満開
桜の下で記念撮影などキャッキャウフフなひと時

オヤツを食べたり2時間くらい遊んだのですが、まだ夕食まであるのでもう一箇所
徒歩で 【熊本洋学校教師ジェーンズ邸】
Dscf0732最寄駅は次の駅ですが、両駅の中間点といいますか
絶妙な立地なので 「歩いて行けるやろ」 と
まぁまぁ歩いたw
熊本初の洋学に招聘されたジェーンズ先生のために建てたオウチ
1人で20科目を英語で教え、近代産業の指導までやったハイパー先生
住居のちは、熊本赤十字社の事務所がおかれ、両方の資料館となっています
古い窓ガラスはギヤマンで、真っ平らじゃなく静かな湖面の様
庭園は夏に薔薇が綺麗だろなぁ
ギヤマン越しに薔薇を見るとかいいすね

《市立体育館前》 → 《熊本城前》
目の前の 【熊本県物産館】 へ立ち寄り
御土産など物色したのち徒歩300mほど

【菅乃屋 銀座通り店】 で夕食
旅行に来て夕飯がヤバいと面子が立たんので、ググりました
熊本名物の桜肉(馬肉)の店で、デカい花が飾ってあったり、ちょっとイイ店風
くりぃむサンなど芸能人のサインも沢山あった
空きテーブルには予約札が…予約推奨
折角なので 「超特選」 の焼肉と刺身を食べてみました
その後、色んな部位盛り合わせを1皿試し、シメはやっぱり超特選
油が甘いのに、しつこくなくて、心配した臭いなどイヤなクセも無く、うまし!
焼肉3皿、刺身1皿、季節の野菜サラダ1皿に、桜納豆の手巻とシャーベットを人数分頼んで、ビールとウーロンも1杯ずつ
つか、肉も美味いんですが、サラダの美味さが尋常でなくヲヌヌメ
3人共小食やし、大酒呑みじゃないので、僕の財布でも何とかなりました (涙
詳細補足は食べログ
殿も 「馬刺しウマー!(・∀・)」 どっかで言うてはったのでゼヒ

夕飯に満足していただいたトコロで
「しんどなかったら、夜桜見物に行きませんか?」
「「行く行く!(・∀・)」」

徒歩で 《熊本城前》 傍の 【熊本交通センター】
郊外バスで 【本妙寺】

当夜は 【桜灯籠(はなとうろう)】 なる夜間イベントを開催@1夜限り
長い参道にはズラリと灯篭が並び、満開の桜を照らしていました
テラ幻想的

境内に上がると竹を切って作った変わり蝋燭が沢山
Dscf0775
Dscf0782夜間ライトアップの熊本城も見渡せます
Dscf0779_2目にも美しいですし、若人のボランティアスタフーが頑張る姿もステキでした

帰りはタクを拾い、1日目終了

★2日目
夕食無し朝食プランで、朝はバイキング
今頃町場のビジネスホテルも綺麗なので、相当高い部屋でも無い限り、差異は無い
ただ、結婚式ができるホテルやと1Fに座って新聞くらい読める喫煙所があるので嬉しい
皆様のお支度が整うまで一人行程確認など (*´・ω・`)y-~~~

ホテル前のバス亭から 【熊本城周遊バス しろめぐりん】 乗車
【熊本城】 へ行きました
停留所まで上がっていくのも 「ちょっとした峠レベル」 の広大な敷地
外から落とそうとか無理すぎるwwwwww
戊辰戦争で落ちたのは、間者の仕業か事故か不明ですが、内部からの出火やそう
10時半くらいで既に駐車場は入場制限が…公共交通機関をヲヌヌメ

曇りでしたが桜はテラ満開

Dscf0812
お城に上がって中を見学したり、記念撮影をしたり、出店で土産を買ったり、相当遊べました

Dscf0834
Dscf0823
本丸から見おろす大きな屋敷が本丸御殿
藩主の居間で接客に使われていたと考えられています
金と鮮やかな絵で彩られた大広間が
また、料理施設も設けられており、当時の膳をいただけるそう

というワケで
昼食は本丸御膳をいただきました(要予約)
Dscf0838料亭が調理を請け負っているためクオリティ高いす
観光客狙いのガッカリメニューじゃありません
意外にも肉や魚貝類のオカズが多く、野菜丸出しにしないで食べさせる工夫が
何でも細川公 「野菜苦手だお…(´・ω・`;)」 配慮とのコト
お子様バロスwwwwwwwwww
って、先代加藤公が領民から慕われていたのを知っていたから、その気持ちを挫かない様に礼を尽くして入城されたイイ男やそう
やぱし、防衛の要ですから、殿様も相応の人物が選ばれるのだろうと

城見学のち 【しろめぐりん】 乗車で隣の 【旧細川刑部邸】 へ行きました
【しろめぐりん】の時間はメモっておいた@推奨
ここでカメラ充電切れ (タヒ
廃藩置県後の細川家の邸宅すね
屋敷のつくりや調度品を眺めるのも面白いですし、庭の手入れがすごく行き届いています
入り口に楓の並木があったので、紅葉の季節はさぞやエロいコトに
受付のお姉さんに道を聞き、電停まで500mほど下山w
地図に書き込みまで、すごく親切にしてくださりました

《杉塘(すぎども)》 → 《河原町》 → ホテルへ

リヤルに 「行ってみようかな」 って方が居られると嬉しいのでネッチョリ書きました
長々スマソ;

|

« 週刊カズキ2010.3④ | トップページ | 月刊カズキ2010.4 »

コメント

またまた、お久しぶりです!

in熊本ですかぁ〜☆
良いですねぇ〜♪

天地人ロケ……が行われたことを、ロケの数日後に知りまして(泣笑)

お城(マニア)☆チョンマゲ(フェチ)☆北村一輝様(LOVE)!!(笑)
最高のシチュエーションで絶品の殿!を……

しかも車でも、直ぐ行ける距離を…なんてこったい…(泣)

そんな事を思い出しました(笑)

次回の登城のみぎりには、一口城主☆になりたいです(笑)

鼻づまり(私もですが)、
お大事にされてくださいませ!

投稿: 曜子 | 2010年3月22日 (月) 23時50分

初めまして。
今日、初めてblogを拝見させていただきました。

正直、役者さんとしてのイメージが強く『クールな大人の男性』だと勝手な思い込みがあったので、顔文字が豊富で若々しい文面に驚き、あれ?このblogはあの北村一輝さんのblogじゃないのかな?同姓同名の別の方??と思ってしまいました。

でも、とても楽しく読みやすい文面で凄く親しみわいてしまいましたO(≧∇≦)o


桜とお城のコンビは最高ですね!
こういう風景を見ると本当に日本に生まれて良かったと思います。
私は埼玉在住なんですが、幸手市に権現堂桜提というお花見スポットがあるんですが、2000本程の桜並木が続き、河原に広大な菜の花畑があり、かなりの絶景です。
結構な敷地に面しているので菜の花の香りにも癒されます。
もし、機会がありましたら是非見に行ってみて下さい◎^∇^◎
観光地ではないので、桜提以外は何もない所ですが。。。

それでは長くなりましたが、またちょくちょく遊びに来させて下さい☆
お仕事頑張って下さいね!

投稿: とも | 2010年3月23日 (火) 01時58分

曜子サマ☆コニチワッ!!!!!

お久しぶりですッ!!!!!

社会人になったら「城巡り」をするぞ…と
チビリチビリ野望を叶えていきたいなと
熊本…食べ物も美味しいし、噂に違わぬ名城で大満足でした
九州はまだまだ行きたいとこが沢山ありまして、吉野ヶ里遺跡なんかヤバいす

ですよねorz
僕等が知るってと、関係者が親族でもない限り、報道による後日談

>お城(マニア)☆チョンマゲ(フェチ)☆北村一輝様(LOVE)!!(笑)

わははhhhh無敵すぎるwwwww
仰るとおり最高にて絶品

「その気になれば」の距離だけにツラさもヒトシオですね(涙

そう!噂のヒトクチ城主
企画として大成功ですね、かなり順調に集まってるとかで
目指せ完全修復

で・僕もやりたいなぁ…思っていたのですが
旅行直前に見てしまいまして
http://getnews.jp/archives/4683
妙な対抗心を抱いてしまい、かといってネタも浮かばず、一般の募金箱へボッシュート(弱

ただ、その後報道で「城主手形」なる制度発足を知り
http://wakuwaku-kumamoto.com/info/jyousyu5.html
「ヘンな名前で登録すると手形もアレな感じになるのかな…」
気になって手が出せません
大人しく本名で行くしかないのか…(いけよ

曜子サマも「なんやハッキリせんアレルギー」持ちでらっしゃいますか?
他人から見てとれる程盛大に具合が悪くなるワケでなく
かといって本調子でもないから、大人しくしていたい…
やぁ、ユウウツですよね;

どうぞ・曜子サマもお大事にッ!!!!!

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: 曜子サマへ | 2010年3月24日 (水) 12時28分

ともサマ☆ハジメマシテッ!!!!!

僕がリヤルに「北村一輝」だったら…
自分が一番嬉しいですw
いっそ・なりたいです(待て
とりあえず服買いに行きますね
あの彫りでないと着こなせないヤツを
いや・ユニクロだろうがしまむらだろうがあの顔なら…

拙ブログは、数ある「北村一輝ファンブログ」の中のヒトツです
ファンの方と知識情報の共有及び、新規ファン獲得を目的に…
なんてっと大げさですが、要はファン同士仲良くしましょうや!と

そんなブログですから、楽しんでいただければ本望!
嬉しいです

ホンモノの北村殿はブログをやっていません
パソコンのスキルを問われ「Yahoo!が開ける!(笑顔」
【ホカベン】という連ドラの番宣で仰っていましたw
公式HP(PC・携帯)にはツイッター程のメッセージを書いてらっしゃいますよ
ただ・頻繁では無いので、携帯メルやパソに興味薄だったり、疎かったりされるのかも?などと考えます

城×桜…最強す!!!!!!
日本ならではですよね
ガチガチに設計して作り込んだ西洋庭園も美しいですが、あるがままの姿に寛容な日本庭園には情緒があると思います
この国に生まれて良かったなぁとシミジミ

幸手市の権現堂桜提…知りませんでした!
埼玉は社用で行くコトはあるんですが、遊びでは鉄道博物館&川越に行ったくらい
観光の土地勘は全くありません;
早速ググったのですが、すごいところですね!
http://www.satte-k.com/event/sakura/index.html
写真好きの方のサイトもたくさんヒットしました
コンデジしか持ってないクセに、写真に目覚めてしまい、グッとキます
散策して川や道端を眺めるのが好きなので、何も無いってコタないす!
折角ですが、今年は開花ピーク時に姉チャンが来るので見送りですorz
けっこう鬼渋滞でしょうか;
ドライブ射程距離なんだけどなぁ

いいえの、コチラこそ長文ですみません
恐れ入ります
また・お時間許されるとき、アソビにいらしてください

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: ともサマへ | 2010年3月24日 (水) 12時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« 週刊カズキ2010.3④ | トップページ | 月刊カズキ2010.4 »