« 今日は | トップページ | 【三国志ミステリー覇王曹操の墓は語る】 »

2010年7月11日 (日)

言いたいコトも言えないこんな世の中じゃ

影千代ネタです

参某与党サンは日本に住まう外国の人に「外国籍のままで日本の選挙に参加する権利」を与えようとしています
その見返りに、金銭や人員などを政治・選挙活動に提供してもらってるのに、TVじゃやってないよね
国内合意も得ないまま、外国へ行って勝手に約束してるのになぁ
ある国のメディアには「期待している!」めちゃめちゃ書いてありますよ;
先の選挙ではマニフェストに掲載せず(支持団体向けのインデックス2009にのみ掲載)今回も記載していません
何で我々一般の日本人に隠すんですかね?すごい怖くないすか?
野党の中には「反対」と明記している党もあります

日経 おかしくないか? 永住外国人の地方参政権
憲法違反の疑いあり、地方分権から考えても問題がある
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100118/205635/?P=1

産経【主張】外国人参政権 争点隠しはフェアでない
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100709/stt1007090256000-n1.htm

4月の時点で全国48の都道府県議会のうち35は反対決議を出していますし

外国人参政権の可否こそ今回の選挙の争点や思います

賛成する政党の合計で過半数を占めてしまったら、サクサク可決
「票田が、献金が欲しい」「外国人団体の組織を維持したい」両者の利害が一致しているから、諦める理由がない
この他にも

外国籍のままで国家公務員になれる【国家公務員法改正案】
外国籍のままで地方議員になれる&上限数を撤廃する【地域主権改革関連法案】

などが先の国会で提出されています
(支持率のあるウチに…と選挙を選んだので成立は見送り)
TVや紙の新聞でちゃんと扱い争点化すべきだが、「人種差別だー!!!!!」圧力が怖いんすかね

でもね、日本って帰化要件の緩い国で、申請すりゃ前科者などよっぽどでない限り受理されます
政治参加への道は簡単に開けているんですよ
イギリスみたく「女王陛下に忠誠を!」アメリカみたく「星条旗に忠誠を!」なんて言われないですし
つい先日、フランスでは女性職員との握手を拒否したイスラム圏の男性が「文化に馴染む意思が無い」と弾かれました

帰化して、日本人になって参政するのがスジじゃないすか?

外国人は、よしんば日本がどうしょうもなくなったら帰ればいい
「○○手当てとか、○○助成金とかいっぱいくれる政党がいいな」だけで後先考えず投票しちゃうかも知れないぜ
子供手当て500人分申請して、窓口で3時間粘ったとか;
2人の親族の介護理由で48人が渡航、生活保護を申請したとか;
外国人向けの新聞に「生活保護需給指南」が書かれているとか;
実際に起きてますんでね
また、母国の親族に送金すると税の還付を受けられますんで、日本からの配慮は充分や思います

俺は何も外国の人みんなを悪く言うつもりなんか無いですよ
ただ、自分の国で食い詰めて「日本で楽して金儲け」と、ぶら下がられたら困ると言ってるんです
そこで更に政治への権利を行使しようとか、メシウマすぎる
んなコトしたら、どんどん人数が増えて新聞だってTVだって彼等に配慮した内容に変わってしまうだろう
一応、国産俳優を応援する身としては、芸術文化の問題はスルーいたしかねますんで
本来・文化も言語も等しい母国でちゃんと食べていけるのが幸せなコトであり、それができない方の保護は母国の問題でしょ
日本が受け皿になる謂れは無い

EU諸国では相互制度の守られる国にしか与えていない
アメリカは多人種国家だけど、国籍を持ってなければ対象外
のべつくまなく与えてる国なんか世界的に稀で、結果的に大失敗ですよ
オランダではイスラム圏の人に参政権を付与しました
しかし、自由なオランダ文化は、厳しい戒律のイスラム圏の人に「不潔だ」と受け容れられず、居住区を作り全く馴染もうとしなかった
既に外国人住民の半数を上回った地域もある
そうした国の分裂を映像作品で訴えたゴッホの子孫は過激派の手によって暗殺;
同化政策を進めようにも、外国人議員がいるため簡単にはいかない
「外国人にも参政権を!」旗振りしていた知識人は国外に逃げてしまいました

もし・日本が潰れてしまったら、一般の日本人は帰るアテも逃げるアテもない
だから政治を、自分の国をきちんと考える責任がある
その責任を負う意思の無い人に、政治の決定権を渡すってなぁ;

何でもホイホイ差し上げようってのは「外国人に優しくしてあげてる自分(酔」なんじゃないかね
相手を低く位置づけ、優越感や自尊心を満たすオカズとか、それこそ差別だろ
出来ないコトは出来ないと、ハッキリ申し上げることこそ、対等であり存在を認めていると思うんですがいかがでしょう

憲法15条
『公務員を選定し、及びこれを罷免することは国民固有の権利である』

それでも成立させようってんなら理由を解るように示し、国会での議論を経て、国民投票なり、解散総選挙で問うのがスジ

コッソリ強行採決しようってのは、香ばしすぎる

どう考えるかは個々人のご判断ゆえ、僕に強制できる筋合いはありません
ただ「与えられるべき判断材料が全て明らかにされていない」ってのはいかがなモノかと

|

« 今日は | トップページ | 【三国志ミステリー覇王曹操の墓は語る】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。