« 週刊カズキ2010.09④ | トップページ | 朝日夕刊 »

2010年9月20日 (月)

逃亡弁護士#11 マトメ

今となっては 「ジョーサンかわいいよジョーサン」 しか出てきません
そんなんでいいのかw

①接見室で成田君を前に思わず泣いてしまう
②親友の墓前報告で「うぐぅ!」
③二ノ宮センセの墓前で「成田センセ」照れくさいのかワルっぽいトーンになる

ジョーサンもんすごいツンデレじゃないか!!!!!!

ジョーサンかわいいよジョーサン

なんや今までの鬱憤を晴らすようなジョーサン祭り・真船無双な回だったなぁと
ファン的には終わり良ければ全てヨシてなw
僕がグズグズしとって、感想を上げれんモンですから、先に頂いたコメントで盛り上がってましたw
って・自分の感想を上げないとブログ様に遊びに行かれんのですよ
だもんで、コメレスとの重複箇所ございますが、僕も都度斬新なコトはよう言いませんので;
今更ですが、マトメ感想をば

病院で逃げる成田君を先回りするジョーサン
腕を掴み 「絶対に捕まるな!」 には男らしい格好良さがあり、少年誌的なアツさが
戻ってみれば、犯人隠匿・逃亡幇助の責めを受け、K察に連行寸前な絵美チャン
YABEEEEEEEEEE
しかし 「私が連れて行く」 と腕を引っ張り、逃げるように立ち去る
「我ながら言い訳が無理すぎる;;;;」 ジョーサン顔に書いてあるぜw
婦女子の窮地を救うとか、まんまヒーローじゃないすか(悦
平素人を喰ったようなジョーサンの 「焦り」 とか激レアな画もイイ!
しかし、いよいよジョーサンの立場が危ういなと…

この段階でジョーサンは一人不正に立ち向かう孤高のヒーロー確定
検察内にも敵が居り、最終ターゲットは大物政治家
圧倒的不利の中どうする?どうなる?ってコトで緊張感を持って楽しめました

案の定、三枝のチクリで長谷部検事正に呼び出されるジョーサン
「検事正がお呼びです」 「そうか (ついにきたか…」

何故脱ぐwwwwwwwwwww

おもむろにジャケットを脱ぐジョーサン
上司に改まって呼ばれたら 「うっわ;何だろう?怒られることやったかな;」 ってのが相場
礼節・TPOだけでなく 「少しでも心象を良くしておいた方がいい」 と、ジャケット着て前も閉めて行くモンです
そこでワザワザ脱ぐってのが引っかかっての
「ぇえい!煮るなり焼くなり好きにしろってんでぃ!」 てな覚悟の表れでなく
「ヤッベ;超マズ展開じゃね?俺;」 察知した上で 「はい?フツーに仕事してたんすけど、何か用すか?」 平静を装いたかったのでないかと
まだまだ足掻く気マンマン・諦めていない気持ちの表れや思います
この後されるであろう詰問に 「何としてもシラを切りとおさねば…」 ってな
その方がジョーサンらしい気がしますし
演出でなく、殿提案 「あえて脱いだらどうかな?」 かも?などと思いました
こういうコマイ動きは殿好きかな?と
決して 「ファンサービスに脱いでみるけど、ただしジャケットのみなw」 と、珍しくSッ気を出してみたワケでも、長谷部検事正に色仕掛けで臨んだワケでもなかろうと (ねぇよ

が・あえなく捜査から外されてしまう
逮捕収監された成田君と面会
「俺はずーっとソレを掴もうとしていた、だからオマエを泳がせて」
連光寺の不正を見抜きマークしていたコトを伝える
「どうしてソレをもっと早く言ってくれなかったんですか!!!!!!!!」
「この真実を伝えた人間はみんなどうなった?もう俺のせいで誰かを死なせるワケにはいかない」
南管理官、二ノ宮センセの死を思い出し、言葉を涙を詰まらせるジョーサン
優しい成田君は後が続かず沈黙
「もう俺は誰にも真実は言わんよ」
肩を落とし、背を向け出て行こうとするも
「成田…」 振り向き強い目を向ける…なんか妙案でもあんのか???

その頃、まんまと成田君をハメて逃げおおせた連光寺センセ
三枝は 「小早川は拉致されて殺された」 と伝えますが、試すような笑みを含んでいるのが嘘くせぇ
今まで迷っていた三枝の立ち居地ですが、この遣り取りから 「善いモン側で、敵をハメようとしている」 のだと感じました

圧倒的不利に始まった成田君の裁判
ジョーサンの態度やら、三枝の態度に 「なんか一手あるんだろ」 感じましたよね?
案の定、小早川の身柄はジョーサンが保護しており 「生きてますー!残念でしたーwwwwwwww」
最終兵器小早川発動てな
読めたんですけど、ニヤってるジョーサンを拝めたし 「ざまぁwwwwwwwwwww」 な展開に、スッキリしたんで不問
「今、証言しても検察に黙殺されます、暫く身柄を預からせてください」
小早川保護の回想ではジョーサンとっても紳士的
真剣さのあまりちょっと困ったような表情になるのがとてもヨイです

結局成田君は法廷で洗いざらいブチまけるコトはせず、検察の起訴取り下げにより無罪放免
「ぇえ~真犯人を完膚なきまでに叩きのめしてコンクリ別荘送り一択でしょ」
と、性善説で終了の結果に物足りなさを感じました
しかし、提示可能な証拠物件を思えば、成田君を放免にするのが限界ですし、その判断のためだけに開かれた法廷
しゃあないすね
理性では解っても気持ちの上ではスッキリせんのぅと
拘置所で 「成田…」 の後に 「オマエだけは守ってみせる」 なんて遣り取りがあったのかな?
妄想補完で楽しむコトにします
「これ以上の犠牲者を出したくない」 ジョーサンの意向
「成田君を有罪にして幕引きをはかり、他の事件との関連性を葬りたい」 長谷部の意向
とりあえずジョーサン辛勝ってコトで

無罪放免で釈放される成田君
迎えに来てくれた絵美チャンと見つめ合い…

キッスせんのかいwwwwwwwwwwwwwwwwww

今まで何のために頑張ってきたんだ成田君よ…いくじなし!

「裏切ったな三枝!自分が何をしているのか解っているのか」アワアワ(゜д゜;)な検事正にニンマリの三枝
そこへ 「いえ、人間の良心を棄てたのは貴方です。覚悟してください、何時か必ず貴方を法廷に立たせてみせます」
言い放つジョーサン
長谷部が権力を有する以上、2人の立場は危ないんじゃないかなとチラ愚考
殺してしまうと厄介ですから、那覇支所左遷とかですね
まま、法廷で立ち上がるなど悪目立ちアピールがあったので、ヘタなコトもできないか?
そのアタリ・週刊新潮なり文春に任せましょう (何
柏田は汚沢みたいなモンでしょ
迂回献金の証言者も証拠も出てるのに、後一歩で追い落とせない
柏田が 「選挙に強い(笑)」 など政治的に失脚する場面があれば潮目は変わりますし、柏田を追い落としたい人間もいるでしょうし
ジョーサン達を拾う神アリってことも無いコトは無く

南管理官の墓前で、一歩及ばずの報告をするジョーサン
嗚咽を漏らすジョーサンを不謹慎にも可愛いと思い10回見た
「ありがとう」 感謝を述べる優希チャンを抱き寄せる
お父さんの仇を討てたワケでないけど 「今まで頑張ってくれて~」 の意かなと
そんな言葉が出るだけでも、優希チャンは父の死を受け入れ前へ進み出した表れですよね
だからジョーサン感極まって抱きッ!!!!!ってな
「真船離れろゴルァアアアアア!!!!!!」 霊界からのメッセージを受信した

連光寺センセには刺青兄サンから自決用の拳銃が支給されました
政界との繋がりを求めての悪行でしたが、用済み宣告されてしまったんですね
刺青兄サンは柏田大臣からのお使いでしたか
築き上げてきたモノがフイになり、銃口を頭に…
ズドン!までは映らず、どうなったかは解りませんが、多分・一人寂しく死んでしもうたのでは?と思います
もし、自首していたら二ノ宮弁護士の墓前で会話の中に入れたと思うんですね
「連光寺は自首したよ」 「それじゃあ!(・∀・)」 「あぁ(ニヤリ」
たったコレだけのコトで 「ジョーサン勝つる!」 暗示になり、視聴者的に超スッキリしますから
でも入れないのは 「これからも戦いますよ、頑張りますよ」 をラストに選んだってコトでしょ
まま 「今・二人に事件のコトは言うまい、まだ報告できる段階に無い」
ジョーサン達が黙っていただけと、無理矢理想像できんくもないんすけんが

また、連光寺センセが保身の延長上の後悔でなく、改心が無いと、正義の心とやらに目覚めないと、成田君の数分に亘る演説は無意味になってしまう
連光寺センセだって、法律を信じ、その限界を前にして歪んでしまった、元は志もある善人だったんだろ?
演説に動かされ、自分は何を為すべきか…自首してくれたと思うと夢がありますね
「成田君の頑張りがジョーサンの勇気に繋がりました」 だけじゃ物足りませんし

また、拳銃自殺など事件性が高いものは入手経路・交友関係の捜査が必然
そこで 「あー偶然にも黒い政界の繋がりを見つけてしまったー!偶然だぞー!(棒読み」
前川デカ・空気を読まない大活躍など夢が膨らみますw
前川デカは本作における銭形警部だそうですんで 【カリオストロの城における偽札工場】 をイメージしてください (知るか
拳銃支給は 「蜥蜴の尻尾切り」 を示すに有用ですが、柏田アホスとしか思えないw
ジョーサン的にはチャンスタイムですが、生かせるかどうかは…何とも言えません
長谷部が検事正として生きているウチは妨害も予想されますけん
がんばれ空気読まないデカ
まま、長谷部まで到達してるんで、アチラさんも切る尻尾はもう無いじゃろ
焦って形振り構わなくなる時こそ、仕掛ける好機かも知れません

連光寺センセの末路および、柏田大臣追求への予測はいずれもヒントが乏しく、自分で言ってて決め手に欠けます;
「これだー!」 とはよぅ言わん
こういう 「ご想像にお任せします」 ラストは 「逃げた」 としか思えず正直好きじゃない
特にジャンルがジャンルだけに、任せるにも限度ってモンがw

二ノ宮センセの墓前報告
成田君の無事に笑顔を見せるジョーサン
ちょっと照れくさそうなのが御馳走様
ここで彼氏自慢級に 「ジョーサンは成田君が助けた人と会っていたのよ」 善人エピを披露する三枝
なんだお前等結婚は何時だ (違
彼女、一体何時からジョーサン派?気になります
ジョーサンが 「検察の正義を信じているのか」 辛そうに話したコトから、ジョーサンもギリギリまで彼女に欺かれていたのだろうと
そんな弱った様子を見て 「しょうがないわねぇ、ジツは…」 「えーッ!早く言ってよー!俺ずっとボッチやと(´Д`;) (グスン」 だったりしてw
三枝はジョーサンのヤル気の無さと、「真船君はちゃんとやっているのか?」 やけに気にする長谷部の両方に疑問を持ち、柏田事件に自力到達
長谷部が自ら三枝をスカウトすると、薮蛇の可能性があり、リスキーです
三枝から 「アテクシ解っちゃったのよ、真船を監視してあげる」 暗に見返りを求めるようなフリをして、騙していたと考えます
そうすりゃ監視対象から外れ独自捜査もやり易いし、長谷部の 「裏切ったな!」 説明もつきます
まぁ、ジョーサンには 「ごめんね☆(キャハ」
恐ろしい姐サンだなw
三枝だけにはアタマが上がらないジョーサンとか可愛いので、影千代はこの線で
三枝が柏田ケースを言い出した頃が転機だったと思います

まま・ファン的に最終回での挽回は嬉しかったです
物語として見ればウムム;な点もようさんあります
「ネタバレを避けたくて見せられない」 というのもありましょうが、だったら、解決篇として2話使ってくれていたら、より満足度が違ったと思いますし
ジョーサン・三枝の安否が心配ですので、何らかの 「勝つる!」 暗示くらいは欲しかったなと
もうね、僕も 「頑張れば良いコトがあるよ!」 では満足できないお年頃ですけん

視聴率ですが、関東圏では10.1%
イミフ選挙の裏でよぅやった思います
関西圏では17%の大健闘やったそうですよ
関西圏のお嬢、お疲れ様でした
最終回直前ダイジェストも一定の効果があったのではと考えます
局として次回は、そのアタリもちっとお考え頂ければ

纏まりませんが、いっぱい喋ったので自己満足しました
ご清聴ありがとうございました

ヽ(*´3`)ノ ジョーサンかわいいよジョーサン

早くBOX欲しいです

|

« 週刊カズキ2010.09④ | トップページ | 朝日夕刊 »

コメント

影千代さん、こんばんは。
いつもいつも、温かいお心遣いをありがとうございます。
なにか、所々にでてくる謎解きが楽しくなっちゃいました~♪^^;

「逃亡弁護士」 が終わって、早二週目ですね。
前にも申しましたとおり、火曜日は勤務時間が長くて19時までなのですが、今までは、
それさえ頑張れば、「北村さんに会えるっ♪」 という一心で、ホント!頑張ってこれました。
でも、今となっては、頑張っても、北村さんの姿が見れない~と涙ぐんでおります。

それにしても、ほんとうに素敵な検事さんでしたね~
今回のドラマに限らず、北村さんが出ると、なんか、ドラマがビシッと締まりますよね。

いろいろ素敵な俳優さんはたくさんいらっしゃいますが、
皆さん、どのドラマを見ても同じ雰囲気を感じてしまいます。
がっ!? 北村さんほど、見るたびにぜんぜん違う印象になる俳優さんというのは
珍しいですよね。
今回の真船検事の姿に、4年前の聖也と、中込社長の姿を重ねて、
驚いている自分がおります(笑)
そして、新米ファンとしては、こんなことを申し上げるのはおこがましいことではありますが、
会員として拝見できるお姿や、番宣などでの素のお姿とのギャップをこんなに楽しめる方は、
他にはいらっしゃらないのでは???と思ってしまいます。

恋におちて・・・やっと一年になりました(^^;;;
これからも、ずっとずっと応援・・・というよりは、私が癒されているんだなあ。。。(笑)
共に歩んでいきたいと思っております。
ますます、影千代さんにお世話になっちゃいますが、これからもよろしくお願いいたします。

まだ暑い日があったり、急激に寒くなったりで大変でしょうが、お身体ご自愛くださいね。
そして・・・「ぜひ!ぜひ! お待ちしておりますね~♪」

投稿: ふ~たん | 2010年9月26日 (日) 22時09分

ふ~たんサマ☆コバワッ!!!!!

すみません、お時間いただきました;

いいえの、返ってお呼び立てするようではいけないのですが、クスッとでも笑っていただけたら嬉しいです☆

終わってしまうと寂しいモノで;
【戦士の逸品】はあるのだけれど、新着演技映像には敵わず
当面こうした状況が続くワケでして、いかにして耐えるか・乗り切るか;

どんな場面でも安定した演技力を見せてくださりますよね
何かを貶すイミでなく、殿が出ていると何でもそれなりになってしまうなぁwと思いますよ
ゆえに、メインよりも脇役・縁の下の~的登用が目立つのかもと

>北村さんほど、~

ですよね~
殿だって、セクシーなイケメン路線で売って売れないコトは無いと思うんですが…中込社長w
嬉々として俺ザク被ってますもんね
一般的には「イメージ保守して、イケメンで売った方が楽だろうに」なんでしょうけども、そうしない
そこに僕は「攻め」の姿勢を感じます

いえいえ、おこがましいだなんてとんでもない
演技力を見るとギャグなど言いそうもない、職人肌との印象を受けます
実際、トークは苦手でいらっしゃるけども、ソッチに振れるかとw
何時だって答えはナナメ上@不思議生物カズキは観察すべき

俳優とファンの関係性は共に歩んで行くモノや思いますよ
互いが好ましく在る限り、互いを支えるコトができるのですから
そうして、殿も僕等も成り立っているんですよきっと
だけん、コチラこそよろしくお願いいたします

夏の暑さを受け「今年の紅葉は捨てかなー」と思っていましたけれども、帳尻あわせの如く冷え込みますね
この分なら紅葉も大丈夫でしょうか
遊びに行きたいなぁ…
前回は少し時期を外してしまったので、全てにおいてMAXな再凸をしたいです

ふ~たんサマもどうぞご自愛くださいませ
舞台が待ち遠しいですね

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: ふ~たんサマへ | 2010年9月29日 (水) 01時57分

この記事へのコメントは終了しました。

« 週刊カズキ2010.09④ | トップページ | 朝日夕刊 »