« 逃亡弁護士#11② | トップページ | 不覚 »

2010年9月14日 (火)

逃亡弁護士#11③

「無実じゃないから逃げたんでしょ?」
厳しく迫る後任検察官に、証人もない成田君不利と思いきや

法廷の外で浅沼君と再会し、にんまりジョーサン
隣には女性が…小早川???

突然立ち上がり、証人の出廷を求める三枝

同じくにんまりジョーサン
小早川は拉致じゃなく、法廷不利とみて保護だったのか?救出成功を黙っていたのか?
保護だったら三枝アテクシすぎる

拉致られ殺されたハズの小早川登場

わははhhhhhhh
まさかのアメコミきたコレ

成田君反撃なう

でも、真犯人には触れず「法律なんぞや」大演説

あと9分しかないぞ;

3行でたのむ(コラ

また秦か?

「自首してくれるコトを信じます」とかぬりぃwwwwwwwwww

|

« 逃亡弁護士#11② | トップページ | 不覚 »

コメント

こんばんは〜(・∀・)♪


いやぁ〜真船検事良かったですね〜

丈ちゃ〜ん、かっこええなぁ〜(真島の兄ィ)

三枝さん…いつから気付いてたん??


連光寺先生…
いつも、男前なのに悪役にされちゃう豊原さん…またもや、本当の悪役にされちゃいましたネ…最後は銃を渡されて、自殺をしろと…
気の毒に〜辛い〜

でも、殿の役って、
最初悪そう→ちょっと心が傾く→最後は何らかの形で助ける…
というような味のある役が多い気がします。はい。


殿が演じる役って温かみがあっていいですね(・∀・)

最近、週1で殿の作品鑑賞会を出来てなかったのですが、また始めたいなぁと今、思いました(^^ゞ

もっともっと色んな殿を観たいなぁ〜と(*^_^*)♪


影千代さん…観ながらの解説ありがとうございました(^^ゞ

ではでは、おやすみなさい

投稿: 雪也 | 2010年9月14日 (火) 23時57分

視聴率が伸びなかった理由がわかった気がした。
「回りくどすぎる」
黒川と乱闘中警官が数人来ながら成田に気づかない。
ネットカフェに堂々と入る
逃亡犯として有り得ない捜査網のユルさ

投稿: オニオン山本 | 2010年9月15日 (水) 00時42分

真船丈 堪能しました。いや~~かっこよかったね。いいもんでよかったね。どころか、一番正義の士でしたね。ほっ。
「血と骨」のかまぼこ工場のシーンで、汚いバックに一人だけ浮いてしまっていた美しい顔を思い出しました。ご本人曰く、濃い顔だから役が限定されて……と。今回も数回だけ、美しい背景なのにさらに現実感なくすような一輝様ならではの表情がありました。どうして、あんな人とはちがうオーラみたいなものがあるのかしらん。真船丈は新境地だと思います。ご本人は肩の力抜いて、楽しんで演ったそうですが、ファンからすれば新しい北村一輝がありましたね。
演るたびに、新しい役者としての一面がでるって、どんだけ深い広い人でしょう。ますます応援していきましょう。

投稿: みなみ ももこ | 2010年9月15日 (水) 07時50分

雪也サマ☆マイドッ!!!!!

そうですよ、真島兄サン!!!!!
ヤバかったです!ジョーサンヤバかったです!
不覚にも可愛いとさえ思ってしまいました

①接見室で成田君を前に思わず泣いてしまう
②親友の墓前報告で「うぐぅ!」
③二ノ宮センセの墓前で「成田センセ」照れくさいのかワルっぽいトーンになる

ジョーサンもんすごいツンデレじゃないか!!!!!!

三枝は何時からジョーサン派だったんでしょうね?
僕も解りません
長谷部の「裏切ったな!」から、黒幕側にも仲間と思わせていたことが言えますよね
最初から監視要員で遣わされ、自己の良心に基づき逆スパイになったのかな?
ジョーサンは巻き込むことを恐れていたので、自ら仲間になってくれと言うワケないし、身辺に注意を払っており、三枝にも距離を置いていた
三枝が自ら志願し、しかもジョーサンを動かすほどの相当な熱意をもってでないと
劇中でやっちゃうとネタバレになってしまうので「空想に委ねます」で仕方ないのですが、ファン的には見てみたいですね

二ノ宮センセ墓前シーンで「ジョーサン超イイ人」語る三枝が彼氏自慢級でウケましたw

連光寺センセは五十嵐TELが片付いていなかったので、疑惑は残ったまま最終回突入やったんすよね
個人的に豊原サンライクなので「またかorz」という気持ちです(´;ω;`)
全国の豊原ファンはもっと肩を落としたろうなぁ…
殿も割合悪い役は多い方なので、勝手に親近感
殺し屋の人は連光寺センセが雇ったのでなく、柏田の子飼だったんですね
トカゲの尻尾切りってヤツで、あまりにも…

味のある役…コツコツやってきて演技力を認めてもらうチャンスに恵まれてのコトでしょうね
悲しそうだったり、苦しそうだったりを丸出しでなく「そうかな?」仄かに感じさせるイイ表情されますもんね
葛藤のある役にはソレを使える見せ場が多いので、偽悪キャラが多い理由かもなと

僕も鑑賞会やれてないす、全然やれてないす;
観たいんだけどなぁ…

いいえの、単に「実況してみたい!」自分の中でお祭りなだけですから
あともう少し起きていられたらよかったです

今日は早く帰れているといいですね
昨晩は遅かったでしょうから、早く休んでくださいね

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: 雪也サマへ | 2010年9月15日 (水) 23時29分

オニオン山本サマ☆コバワッ!!!!!

関西圏は健闘したそうですが、関東は伸び悩んだ感ですね~
党内規約による代表戦という「何ソレお宅の都合で総理決めんの!?!?!?」あり得ない事件に見舞われましたが、何とか2桁は死守です;

>回りくどすぎる
これは自分も思いました
開始当初の人助けが中心になった回を削り、謎解きパートの比重を上げるとか、最終回のエピソードを2話分にするなどした方が、内容が濃くなったろうなと
人助けは副産物であり、メインは如何にして成田君が身の証を立てるかですので
視聴者の空想補完も多少は楽しみとしてあって良いのですが、あんまり多いと伏線回収として問題アリです

たしか3人警官来ましたよね
「1人は成田君保護に残って無線要員じゃないのか;」真顔になりましたw
ネカフェは今時の隠れ家ってコトで、まぁいいかなと
ただ、毎回同じ店なのはw予算でしょうね(制作的な意味で
最後は逃げきらないと終わっちゃうんで…ドラマやし…というコトで、僕も逃亡;

それでも最終回まで見てくだすったんですね
何事にも賛否はあって当然と思います
先ず、ドラマは見てもらってナンボですから

「コレは!」というストーリー完成度を狙って頂きたいですね~

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: オニオン山本サマへ | 2010年9月15日 (水) 23時40分

みなみ ももこサマ☆コバワッ!!!!!

ジョーサン最終回は大活躍でしたね
冒頭の絵美チャンをつれて逃げるくだり
絶対に立場が悪くなると解りきったことで、それでも尚ってのは良心ですよね
疑惑の対象が一転、悲劇のヒーローに…ファン的にお腹イッパイです
1話でやっちゃわないで2話でやってくれていたら、物語的にもファン的にも良かったろうなぁ

【血と骨】だらしない感じを出そうとのことで、ここでも増量されていましたね
それでも失われぬホリw
893になって(しかも偉いっぽい)主人公と再会するシーンの画が印象に残っています
どす黒いような全体の中にスーツの臙脂とソーダの緑に、オールバック
ここだけ絵葉書にならんかなと

濃い顔だから=悪役というのも多少はあったでしょうけども
悪役と言えど、理由無き悪でなく、背景があって
また、偽悪キャラでは「この人本当は違うんじゃないかな」思わせる憂いだったり
直球の善人役では生かしきれない要素ですので、魅せる意味で悪役(偽悪)なんですよ、きっと!
殿ならではの表情を買われてなんだと

ジョーサン、最終回は特に表情が多彩でよかったですね
絵美チャンと逃げるくだりで初めて見せた焦りや、接見室で見せた絶望感は盛り上げてくれました
最後、成田君達から親しげに接せられるとバツが悪そうにしてみたり
正義の士は割合シャイなのかなとw

本作の見所は細かい表情やと思います
アップで抜かれる使い方が多く、見易いのは良いのですが、真意を読み取るのはナカナカ
こういうのはサスペンス独特のモノでしょうし、初めての演目だったので楽しめました
表情がヒントになりすぎてもいけないし、後から整合性を欠いてもいけないし
さじ加減が難しいですから、御本人楽しんで演ったというのが解るような気がします
謎解きが終わった今、そのアタリを意識しながら振り返るとまた楽しめそうですね

今度はどんな顔を見せてくれるのでしょう
また次は?次は?と楽しみにさせられますね

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: みなみ ももこサマへ | 2010年9月16日 (木) 00時23分

影千代さん、こんばんは。

「逃亡弁護士」最終回、いやぁ、面白かったですね♪
オープニングから、畳み掛けるようなテンポの良い展開に「やれば出来るじゃん!」と(笑)
特に、連光寺の正体が暴かれるくだりは、ゾクゾクしました。豊原さん、流石でございます☆

が☆「法律だけでは人は救えない。人間の人間らしさが人を救う」…;;
折角盛り上がったテンションも、法廷のシーンが始まるといっきにダウン;;

でも、真船の活躍は、予想以上に素晴らしかったです!
「本件にとって非情に大事な証人なんです!」と言う三枝の言葉に、不敵な笑みを浮かべ、小早川と共に法廷に現れた真船!
待ってました!(≧▽≦)

口の端を少し上げた一輝さんの「ニヤリ」!
カッコイイんですよね~♪たまんないデス☆

「覚悟してて下さい。いつか必ずあなたを法廷に立たせてみせます」と、真実を明らかにする真船の闘いはまだ終わらないけれど…。

親友の南管理官や二ノ宮先生を巻き込んでしまい、自責の念に囚われてしまってた真船だけれど「俺も逃げずに闘うよ」と、少し救われたような顔をしているように見えて良かったです♪

言葉足らずな台詞や、三枝はいつから真船側の人間に?長谷部に付いたと見せかけた作戦?とか、連光寺・長谷部・柏田の癒着の描写不足など、消化不良や物足りなさも沢山ありましたが;;

とにかく最終回は、超カッコイイ真船の決め台詞のオンパレード♪
一輝さんの魅力満載、大サービス真船祭りで嬉しかったです(^^)v

投稿: kaoru | 2010年9月16日 (木) 22時06分

kaoruサマ☆コバワッ!!!!!

2晩明けた今「ジョーサンかわいいよジョーサン」感想が発酵してきました
ヤバかったす最終回;;;;

>「やれば出来るじゃん!」と(笑)

全くw
腕を掴んで「絶対に捕まるな」には男らしい格好良さがあり、少年誌的なアツさが
興奮冷めぬまま突入の絵美チャン救出シーン
「我ながら言い訳が無理すぎる;;;;」ジョーサン顔に書いてあるぜ
焦りを見れたのは美味しいですし、いよいよジョーサンの立場が危ういと感じられハラハラしました
たった一人で女子救出とかヒーローすぎて感涙

豊原サンいいすよね~ッ
過去回で絵美チャンを自宅に招いたシーンが特に好きです
本作、見事なまでに手堅い人を揃えたなぁと

法廷シーンは
「ぇえ~完膚なきまでに叩きのめしてコンクリ別荘送り一択でしょ」
性善説で終了の結果に物足りなさを
提示可能な証拠物件を思えば、成田君を放免にするのが限界ですし、その判断のためだけに開かれた法廷
アレが限界と理性で解っても、気持ち的にはスッキリしません;

「ハーイ!残念でしたーwwwwww」とばかりに、上司部下揃ってニヤってましたねw
僕等的にも「キタ!!!!!(ガタッ」思わず立ち上がるイキヲイで
コレにはスッキリさせられましたよ
ニヤリ回数の多さに、どんだけファンサービスだよと

成田君まで犠牲になっていたら、いよいよジョーサンの心が折れてしまったろうと思います
成田君が放免になったことで、ジョーサンも救われた部分がありますね
相手を思うと一筋縄ではいきませんが、新たに闘志を燃やせるぞと

物語として見ればウムム;な点もようさんありますね
「ネタバレを避けたくて見せられない」というのもあろうかと思います
だったら、解決篇として2話使って見せてくれていたら、より満足度が違ったかなと勿体無く

ただ、ファン的に最終回での挽回は嬉しかったです
今までも善い人と思わせるシーンはあったけれど「待てよフェイクかも…」サスペンスという性質上つきまとい
それが善い人と解り、狙いが見えた途端、一気に人間らしさが出てきてとても魅力的でした

終わり良ければ全てよしッ!!!!!!!!!!

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: kaoruサマへ | 2010年9月17日 (金) 00時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 逃亡弁護士#11② | トップページ | 不覚 »