« 逃亡弁護士#10 | トップページ | 週刊カズキ2010.09③ »

2010年9月 9日 (木)

▼▼

7日に殿公式ムビうpられてたんだね
今気付いたスマンorz
日向に居ても目元に影のできる殿乙!(うるさいよ
僕はジョーサンのビジュアル好きですね~
平素より増量の殿なんですが、それがリヤリティってんすか
男らしさとか渋さがあってイイなと
リヤルに憧れます
また、ちょっとゴツイ方が劇画度高いですし
ガリガリでも、美の追求的な意味でレベル高いんですけど
まま・ガリったらソレはソレで褒めちぎると思います

うん、殿に関しては先ずカッコイイよ
イエス・北村△

しっかし、逃亡弁護士の展開に滅入ってしまってのぅ
いや、ジョーサンはイカしてたよ
サナトリウムでは絶対先回りしてると思ったw
通いつめてるジョーサンから逃れようとか成田君無理だぜ
「オマエは免罪だ」くだりのアップ画に、シゲシゲとイイ男になったなぁ~思ったモンで
ジョーサンはハナから成田君免罪が解っていたんですね
今まで、僕は 「成田君を餌に敵を誘き出す」 狙いだと思っていました
どっこい、敵が近すぎる&三枝チクリーノで動きたくても動けなかったんですね
成田君を助けてやりたくても、敵の包囲網が大きく、ジョーサンだけでは何ともならん
「捕まえないから自分で頑張れ!逃げ延びろ!」 ってのは、無理すぎるが、他に選択肢は無かったというコトで
ジョーサンの成田君を見つめるカオがな
勇者を見るようでもあり、詫びるようでもあり、無力な我が身に苦しむようでもあり

そこでキツイのが三枝
彼女は「出世をエサに」とか「買収されてる」とかでなく、素で善いコトをしてると思ってんだろ
ところが、正義を貫こうとした上司を悪者に売り飛ばしていたワケじゃん?
ジョーサンだって 「成田君が全部うまくやってくれる!これで勝つる!」 とまでは思っちゃいないだろw
「成田君は免罪で実刑、俺は辞めさせられるor殺される」 展開も覚悟してんだろ
だから、巻き込むことを恐れ真相を言えないし、自力で辿り着いても危ないから 「余計な詮索すんな」 叱ってる
それを 「やましいのだわ」 真逆に受け取るしな…仕方ないけど
成田君が無罪を勝ち取った暁に、ようやく彼女は全てを知るんでしょ?
途中、自発的に気付いてくれたらいいのだけど、そんな気配は無いし;
知ったら辛いだろなぁ…
想像するだけで滅入るわ…
職を辞したところで贖えるモンじゃなし、僕だったらとても立ち直れません
いっそガチのスパイだった方が「ざまぁぁあああwwwww」で済むので気楽です
「アテクシは全てお見通しよ!」 土壇場で敵をハメるとかアメコミ級の超御都合主義でもいっそ構わない
救われない人間が出てくるってのは後味が悪いすけん
「三枝が真相を知った時、既にジョーサンは敵の手によって失脚させられていました」
などと、手遅れにならなきゃいいのだが;

ジョーサンボッチすぎる(´;ω;`)
友達が殺され、真相を明かそうにも孤立無援、いっそ自分が大ピンチ
最後くらいは、ダイレクトに成田君をアシストするor敵に仕掛けるなど、ものすごい解り易く活躍してほしいな
ジョーサンどんだけ我慢してきたんだと思うと、鬱憤溜まってしゃあない
いっそ北村キックの一発でもと思う

最終回では一矢報いてほしいぞ…

----------------------------------------

9月17日(金)【スタジオパークからこんにちは】に三池崇監督ゲストやそうです
【忍たま】実写化の関係かな?
「仕事は来たもん順に何でも受ける」 監督ですが、すごく 「らしくない感じ」 がしますw
少女マンガタッチで 「誰wwwww」 級に美化した似顔絵を送りつけるなどいやがらせ応援もチラよぎry(止せ
作品にからめ殿のことちょっとでも出たら嬉しいすね
そうした淡い期待が外れたとしても、三池監督は殿の大恩人様ゆえ、スタジオゲストといういたたまれない姿を見守る義務があると思うの(どんなで
いっそ、殿こそ録画してでも見るべきwwwwwwwwwwwwww
殿映画でも三池作品は多く、作品ファンの方もいらっしゃることでしょう
かく言う僕もそのクチですんで、研鑽を深める意味でも拝見したいと思います
曜子サマ、お知らせいただきアリガトウゴザイマシタッ!!!!!
つか・よぅ発掘されましたねwwwwwwwwwww

|

« 逃亡弁護士#10 | トップページ | 週刊カズキ2010.09③ »

コメント

関西地方だけかもわかりませんが、逃亡弁護士最終回前にダイジェスト2時間番組ありますね。11日(土)25:55からと13日(月)15;00からです。サスペンスが苦手で影千代さんの解釈にフムフムと遅ればせの納得をしている私にはありがたい番組。謎解き前にこれまでの展開をおさらいします。私もジョーさんコス大好き。晩年の景勝を除けば、今までで一番老け役というか、どっしりというか、貫禄っていうか…とにかくかっこいい。

投稿: みなみ ももこ | 2010年9月 9日 (木) 16時15分

みなみ ももこサマ☆コバワッ!!!!!

週末留守にするので、今夜のうちに【週刊】を上げねばイカンかったんですよ
殿の長期休業期間に「地方版もやろう!」始めてから、時間がかかるんが大変です;
慌てると漏らしたりするので助かりますッ(コラ
お知らせ頂きアリガトウゴザイマシタッ!!!!!

やぁ、僕もよぅワカランすよw
サスペンスって「本当のヒント」と「惑わす引っ掛け」がありますでしょう?
その判別がナカナカどうして;
ダイジェストは、精査されて解り易くなっていると思います
放送さえあれば、僕もオサライで観たかったなぁ…
残念なコトに関西圏のみのOAですorz
まま、関西ゆうても広いですけん

ジョーサンかっこいいすよね
末期吉保やケンチャンその後など特殊メイクを用いた短期老化はあれど、今回はワンクール通しで渋かったすもんね
どっしり・貫禄といった、男らしいカッコよさがイイす
ジョーサンの葛藤ですとか、三枝に隠れて行っていたであろう独自調査とか見てみたかったです
偽悪キャラゆえ、ネタバラシを避けるために無いのは仕方ないのでしょうけども;
そうした説明要素をやらしてもらえない分、表情で説明しようとする演技が多く
一瞬の表情を見逃すまい、ナニかを読み取ろうと凝視するのは楽しい仕事でした
けっこう見応えのあるキャラですね
残すところあと一回か…寂しいものです

……………………………………………………………………………………………影千代

投稿: みなみ ももこサマへ | 2010年9月10日 (金) 22時23分

この記事へのコメントは終了しました。

« 逃亡弁護士#10 | トップページ | 週刊カズキ2010.09③ »