« タァア | トップページ | 週刊カズキ2011.2④ »

2011年2月19日 (土)

今日

今日
今日
今日
ツレチャンと日本青年館に宝塚観劇でござる

ロリコン執事の話(謝れ
意外と面白いw

ヴァレンチノはチケとれなんだ

|

« タァア | トップページ | 週刊カズキ2011.2④ »

コメント

やっと「撃つ薔薇」観ました。あの、スリリングな原作がここまで変わるのですね。別作品と思って観るべきなのですね。原作者はどう思うのかな。「龍」はドンピシャの役だと思うので残念で仕方ありません。原作、シナリオ、キャストそしてヒットと揃うのは、運も大きいですね。(政治力も?) 殿の御武運をひたすらねごうておりまする。
 「スイングマン」も観ました。ローティーン頃の宮崎あおいはやっぱりすごい存在感です。低予算でもすぐれた作品かなと思いきや、なんか尻切れトンボみたいな……。おかまの扮装は、もう笑ってしまいました。しかし、作品によって全く顔つきが変わるの、すごいですね。

投稿: みなみ ももこ | 2011年2月21日 (月) 14時13分

 ソウルの街を歩き、食べまくり、そして「NANTA」を観賞してきました。
 美男美女の多いこと。ほとんどの人が背筋がピシャーンとしていて、緊張感あるおしゃれをしている。街の賑い、若者たちの笑顔がすばらしい。博物館では悲しい歴史に思わず、頭を垂れてしまいましたが、政治の力ではなく若者たちの力(芸能、スポーツなど)によって両国間が仲良くなってきていることを心から嬉しく思いました。政治家に期待はしていないものの、教育だけはなんとかたてなおしてもらいたい!
 「NANTA」最高!!!!!もうすぐ、東京大阪でも公演があるそうなので、ぜひ、ぜひ、ぜひ、ぜひ、ぜひ、ご覧じろ。

投稿: みなみ ももこ | 2011年2月21日 (月) 14時25分

みなみ ももこサマ

すみません、お時間いただきました

【撃つ薔薇】御覧になられましたか!
お疲れ様でした、大変だったでしょう
僕も後追いだったので(ビデオ廃盤)レンタル店を相当回りましたよ;
映像を脳内に入れて原作を読み直すのが正解でしょうか(苦笑
カッコ良かったんですが、スジ的にモノ足りず…
全くです、何処をどうしたらあの原作がぁあなるんでしょうねorz

運…芸能界的な政治力かぁ…例えば
 Mステではジャニが出演枠を買っている
 所属タレントを出してもらう代わりに番組制作費を捻出する
 フジの子会社が韓流歌手のCD著作権を保有しているので、局を挙げて朝から晩までゴリ押し

などなど「いや、フツーにヤラセですよw」実在しますね
アメリカでは情報操作やら、世論誘導と見なし法で禁じられているのですが、日本じゃ違法では無いので…
それでも聞くと冷めるというか、騙されるのがシャクで避けてしまうというか

殿の場合はジムソもそんなでも無いし(謝れ)、売り出しにカネをかけてもらっている(回収しなければいけない)ワケでも無いので
ヤラセ的プッシュが無いのは気持ち的にいいのですが、他方で機会を掴むのは容易でなく
何か1本、1本でいいから目立つ役で評価を貰うといいんですよね
やぱし代表作が無いと始まらんですけん

【スイングマン】
【撃つ~】よりはずっと面白い脚本やったんすけんが、いかんせんオチがなぁ…惜しい作品ですね
宮崎サン…ローティーンの頃は魅力のある女優だと思いました
残念、歳を取った今、神秘的なモノが無いように思います
ローティーンの頃の不思議な存在感=神秘性が失われ、大人の女性に求められる神秘性=色気が全く無い
子役によくある流れかなぁと

殿は友情出演といったところで、穏やかで明るく、全く影の無い青年
リヤルにお付き合いのあるほうかサン達との食事シーンなんか和みましたね
全く顔つきが変わるのが役者として一番の魅力やと思っていますよ
怖い感じの役をやった後のバラエティ出演などで「ギャップに撃たれた」という声をよく耳にします
ナルホド納得
おかまwwwwww
思っていたよりお綺麗で…色気がありましたよ(ぇえ

影千代

投稿: みなみ ももこサマへ | 2011年2月27日 (日) 17時25分

みなみ ももこサマ☆コバワッ!!!!!

すみません、お時間いただきました

ぇえと;折角の御厚意に大変申し上げにくいのですが…
殿ファンの間で寒流はNGワードになっております
理由は、Google先生に「韓国映画 高知 未払い」で聞いてみてください
僕の友人の技師も似たような目に遭わされているので…まぁ何とも言えない気持ちが正直;

年長の方はいうても、まだまだTVが一番の情報源や思います
ですが、働く単身世帯…リーマンだったり、学生だったりは、新聞取るために他人と会うのが嫌ですし、捨てるのが負担ですし、TVに合せて行動する時間も無いので、どうしてもネットが便利です
そこでは海外ニウスを含め、沢山の報道が見られるし、バイアスの無い一次ソースを参照できるので、遣い方(ウデ?)次第ですけども、信頼性が高く知る楽しみがあります
そうして、ネット経由で若年層ほどスポーツや芸能の黒い面を知ってしまい、拒否反応が強いというのが…残念ながらリヤルです
僕の大好きなテレ東のWBS(戦士逸品の後でやってます)にて「これほど実感のないブームも珍しいですねw」との談
至言やなと…

さらに、そうした気持ちを煽るのが行き過ぎたマンセーっぷり;
「化粧品がイイ!イイ!」さんざ煽るけど、BBクリームのアスベスト混入回収事件は完スルーでした
当時レギュラー番組で薦めていたIKKOなるオカマはブログから商品へのリンクを切って逃亡w
また別のBBクリームでは蛍光剤(発がん性アリ)含有;
台湾のニウスで「芸者ガールみたいに顔が真っ白よw(クラブのブラックライト下」やってました
特に女性にこそ知っていただきたいのに…あれ程ヨイショしたなら、不都合も伝えてこそ報道ってモンじゃないでしょうか
シャレならんのでウチの女性陣へは「国産以外は買うな、もし貰っても捨てなさい」言いつけてあります

悪口を言えってんじゃなく、長短公平に事実を取り上げるべきだのに、何故マンセー一色なのか
芸能やスポーツの扱いもそうですよね
全体的に胡散臭くて嫌です…
乗っかるのは騙されているみたいに思えてしまい、余計に関わりを避けてしまう

嘘をついて調子を合わせても仕方ないし、かと言って差別主義者みたいに思われても悲しいのですが…
整形率の高さやスポーツで向けてくる悪感情など、僕等とはだいぶん価値観に隔たりがあるので、簡単には行かないでしょう
商売やスポーツにまで、DQNだけじゃなく企業などのェエおっさんまでもが「日本になら何やってもいい」ってのは全然納得いかないですし…
若い国ほど仮想敵国を作り世論を煽るってのは常套ですけん、根は深いだろうなと
でも決して、個人を偏見や悪感情でもって迎えるようなマネはいたしませんよ

影千代

投稿: みなみ ももこサマへ | 2011年3月 1日 (火) 01時02分

この記事へのコメントは終了しました。

« タァア | トップページ | 週刊カズキ2011.2④ »