« 週刊カズキ2012.04③ | トップページ | いやほう »

2012年4月15日 (日)

ズバっとしない希ガス

【朝ズバ!】2012.4.13 OA

み「さぁ!豪華なメンバーが勢ぞろいしましたね~!

スタジオに千明様・殿・中居サン、みのサンの順で並ぶ
バックには【ATARU】の大型パネル2柄を3分割で屏風状に配置

殿は青いシャツに紺のジャケット、肩に芯の入っていないナチュラルシルエットのカジュアルなヤツ
胸に紺地にシャツと同じ青のドット柄チーフを挿しています
パンツは白、細い焦げ茶の革ベルト、靴は茶色のスエード
最近の殿衣装はリアルクローズなので、参考にメモメモ
僕個人的には「こんなん北村一輝しか着れねーよwwww」イタリア語講座みたいのが好きです
#2の黄色×オレンジとか凄かったですよね
髪はパーマ毛にモミアゲがら繋がるオサレヒゲが加わり、褐色の肌と相まって無国籍感加速
入管で「アーユージャパニーズ!?ハァ、シバクド」止められるに100万ペリカ
よくよく見れば、千明様は水色×白、中居サンは殿より明るい紺×ボーダーと、御三方青系でサワヤカに統一感

み「明後日、夜9時スタート【ATARU】!どうも、お早うございま~す」
3「「「お早うございます」」」一礼

スタジオの拍手パラパラちいせぇぞクソが
無駄にワラワラたむろってる解説者群だけでも真面目にやりゃこんなボリュームになるワケなかろう
「ドラマなんか自分には関係ねぇし」な態度をあからさまにとっていらっしゃいますが、典型的「仕事出来ない人間」だよなコレ
TBS全体の収益で考えましょうね
解説席のヨラジョンナム、ミサイル(笑)失敗に一人御通夜状態ワロス

み「はぁい、では中居君からチョット、ドラマの大筋をパッと説明してもらおうかな!」
中「え~新感覚ミステリー・サスペンス・ドラマっていう風に捉えていただいてよろしいんじゃないでしょうか」
み「ほぉ!」
中「刑事モノですけども」
み「ふんふん」
中「僕演じるチョコザイは、ある障碍を持った人間のうち、特殊能力を持った人っているんですよね」
「日本人に限らず海外の方でもいらっしゃるんですけども、僕はある特殊能力、記憶などで難事件を解決していく」
み「今までやったことのない役でしょ?」
中「すっごい難しいです、監督・スタッフの方々に細かいところまで芝居の指導をしていただいた中でやらさしてもらっています、ハイ」

女性アナ「北村さんの役所は?」
(何故か直接マイクを通しておらず、他のマイクが拾った放送ギリギリの音量…
殿にも聞こえづらかった様で、聞き取ろうと声の方へ体を傾けてらした
スタッフクソすぎワロエナイ

殿「僕は、まぁ刑事なんですけども、まぁあの~普通に事件を解決していく皆さんの力を借りながら…という感じなんですけども、まぁ、情けないというか頼りがいの無い男というか…定まってないトコロもありますけども」
み「ふははははhhh」

女「栗山サンは?」
栗「私はチョコザイサンにヒントを貰って、そのヒントから事件を解いていく熱血猪突猛進の舞子という刑事をやっています」
み「あ!お二人刑事なの」
殿「はい、刑事です」

中「シビアになりがちなんですけども、シリアスでなく楽しくご覧いただけるようなサスペンスになっておりますので、TVをご覧の皆様も是非とも謎解きに参加していただけたらと思います」

み「なるほど、明後日夜9時スタートです。ここでちょっとお知らせを入れてみたいと思います」

─CM─

み「さぁ!じゃあ中居君からTVをご覧の皆さんに!」
中「色んなサスペンスだとか、ミステリーはあると思いますけども本当に新感覚、テンポもいいですし、僕全裸シーンとかあったりしますしね、オシリ出してみたりとか」
「シビアにならずコメディタッチなところもありますし、(障碍も)特別な感覚でなくヒトツの個性として捉えていただけたらと思います」

中居サンのマトメで〆
スタッフのドンくささやら、レギュラー出演者の態度の悪さにびっくりしたw
殿が出る時以外はTBS見ないんですが、コレおたくの平壌運転ですかね
Nテレはもっと和やかだぞw
番組側でテンション高いの、みのサンだけとかそりゃ高額給料出すしかねぇよw
テキスト起こしながら聞いてると、被せずアゲる合いの手は熟練の技と感じ入った
全体としては特筆すべき点もなく、単なる顔見世で終了
用事があって【チューボー】録画鑑賞になっちゃったんですけど、今のトコ一通り観た番宣の中では【ブランチ】の前張りトークかな
中居サンの話ですが、殿が妙にツボってらして気になった

|

« 週刊カズキ2012.04③ | トップページ | いやほう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。