2011年10月 4日 (火)

【CINEMA SQUARE vol.41】

yumikサマ、急ぎ御連絡いただいたお陰で入手できました
心より御礼申し上げますッ!!!!!

【CINEMA SQUARE vol.41】2011.10.03発売

映画より参戦の上川隆也サンと、殿が見開きで、それぞれ撮り卸しインタ×Photo掲載
【わるいやつら】の時は、よくお二人並んだ記事を買うたもので(懐

御二人の頁だけ、ダークな色調・色黒メイクにシリアスな表情で、すごいカッコイイ
違う映画みたいなムダに迫力みなぎっとるwwwww
You達2人で死闘やっちゃいなYO!

P17 北村一輝 エンタテインメントの中にいるということがとても好き
サーベルを構えるサニル全身撮り卸しショット本邦初公開だぜ!!!!!
浅黒くして、少し汚しをかけた肌
元々濃い眉をさらに描いて、目もシャドウ+囲みアイラインが入っているのがわかる
それでも違和感無いのは何故wwwwww
いや・問答無用でカッコイイだろコレ
普段なら絶対上川サンのされている方なんだけどなw
僕はそれで全然嬉しく、寧ろラスボス万歳なのですが
どうしよう、受け手がまだヒーロー慣れしていない件w

殿「普通にいい人の役はあまりやったことがない」
インタビュアー
「北村さんに対して観る側が深読みしてしまう」

わははhhhh
インタビュアー直球wwwwwwwそこはフォローしてあげてwwwwwwwww

こちらでも作品の世界観を壊すことなく~とのオハナシをされていました
また、初めての3D撮影は、グリーンバックに一人で相手が居るかのような演技をしなければならず、戸惑われたそう
御苦労あったでしょうけども、裏を返せば
「それだけサニルは飛び出す」
僕ら的にヤバイww
みんな映画館で「キャー!!!!!」とか言うなよw
言ってもいいけどな(オイ

写真もキレイやし、記事も面白かったのでコレは買いです!!!!!
インドネタでしばらく行けるw
僕、4軒まわってやっと買えたんですよ;
店頭確認ご希望の方は、どうぞお早めに

| | コメント (4)

【日本映画navi 2011 vol.30】

【日本映画navi 2011 vol.30】2011.9.29発売

昨晩うpろうとしたんですが、時間切れにて今日(遅

P12~17【ユカイツ~カイ!?笑顔イッパイ!!みんなが元気にコツコツ頑張った、『映画 怪物くん』現場リポート】
タイトル長ッ
って・このクドクド感が、詰め込みまくりの記事本文では長所として生きてきますw
名刺の住所ほどの文字で、細かく書かれているので、殿エピも結構載っている
そうした紙面から、写真も1点あたり長辺3~6cmと小さいのですが、楽しい読み物になっていました

Photo
P12…カー王子をヒロシと間違え抱きつく怪物くんに「???」な様子
P15…中村監督の演出指示を聞くサニル殿がアングル的に暗殺者w
P16…夜間ロケにて、屋外での食事シーンのまま休憩・車座で談笑
P16…眠ったか気を失ったかしている怪物くんをおんぶするシリアスな場面
P16…カンカン照りの遺跡(階段)にて天を仰ぐ
P16…同じ階段での別アングル、表情がどう見ても「アチー;」w
P16…怪物くん・お供・王子と姫に囲まれ、花束を持ったクランクアップの記念写真

意外と多かったな(悦
多分にDVDBOXはフンダンな映像特典が予想されますが、↑全部盛り込まれるかわからないので、今回購入の決め手

記事では、
夜間ロケの待ち時間にしょうもない遊びを始めてしまう殿…チビっ子かよw
映画【東京フレンズ】でもマッシュルームで遊んでいたり、寸暇を見つけて何かやらはりますね
空港で現地人かと聞かれるも、日本からカップラーメンを持参していて「見た目だけ印度」やったりw
思ったより短い海外ロケですとか、タイトな現地撮影での苦労が伺え、色々膨らむ内容でした

P82には【莫逆家族】撮影レポが1ページ掲載
特段のコメント・記述・オフショットは無いのですが、ネットニュースでも散見されたヤンキー姿の集合Photo掲載
同写真掲載のスポーツ新聞を手に入れられなかった僕には、嬉しいヲマケでした

今日、書店へ行きましたら売り切れ店もございましたので、店頭確認ご希望の方はお早めに☆

| | コメント (2)

2011年6月15日 (水)

日経インタ

色々遅れてしまったので、開き直ってマッタリ進めます

日経新聞 2011年6月10日 夕刊 12面
「強さ」の意味を問い直す

まるっと一面殿少林寺でした
「何処に載ってるのかな…」開いて、思わずニヤってしまったよw
うん、堪えられなかったね
紙面上半分がインタで、下半分が公式HPのトップと同じ画の番組広告
よって、殿の黒いカンフー着@なりきりブルース・リーもクソデカイ
この破壊力wwww

インタ内の写真は何れも番組中より
プロフ写真には寺院をバックに佇む斜め横顔アップ
あとは、座禅を組む姿・「西方聖人」にて拳を構える姿withお師匠様の2点

三国志ミステリーでの訪中をキッカケに、同年代撮影スタッフと盛り上がり、今回の話が舞い込んで来た
少年時代の憧れの地へ赴くwktkと、実際の修行の厳しさ
体づくりに自負もあったが、激しい筋肉痛に見舞われる;
お師匠さん超人間出来てる
欲得を捨てストイックに鍛えまくるお坊さんが居ることに、少林寺の価値がある
でも「恋愛したくないの?」ぶっちゃけたことも聞いてみたw答えは番組で☆
人間として良い経験になりました

…おおよそこんな内容

映画などでは危険なシーンも自分でおやりになるくらいの、体自慢でいらっしゃる殿
それでも「激しい筋肉痛」というのに驚きました
僕もブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リーの映画は好きで観ており、カンフーのハードさは察しがつく
でも、せいぜい「形(演武)をちょっと一緒にやってみましょう」といった風に“それらしい画が撮れればいいやbyBSJAPAN”程度のモンやと思っていたんですよ
「やらせ」とまでは言いませんが、芸能人レポにリヤルを要求することは希かと思いまして
芸の無い若手芸人ともかく、コチトラ俳優さんです
大体、番組タイトルからして「奥義に挑む」とか川口探検隊臭万点やないすか(マテ他局

読んだ後「殿は一体何してきたのwwwwwww」衝撃のあまり笑うしかなかった(やい

放送前にオハナシしたかったですorz
仕事キツかったけんのぅ

--------------------------------
当日お買い求めになれなかった方・発売地域外にお住まいの方へ

新聞販売店は過去1週間程度の在庫を持っているのが殆どだそうです
お近くの販売店へお問い合わせの上、お運びください
また、郵送販売も行っています(送料別途)
詳細は日経公式Q&Aにて御確認ください
http://www.nikkei4946.com/qa/qa03.html#02

---------------------------------

殿携帯公式から、毎月15日の定例Photo配信きました
今回は少林寺レポで訪れたちうごくの町並みや遺跡をバックにパチリ
こういうのを待っているんですよ(ドン!
近々PC公式に大量更新来るでしょうねwktk

| | コメント (0)

2010年11月30日 (火)

買いです、買い

【LOOK at STAR! vol.60 2011 1月号】 2010.11.27発売
P67~71 北村一輝×仲村トオル×小松和重 『黴菌』 稽古場レポート

写真を多く配し、稽古場風景から鼎談までと、画も読み物も満足です
雑誌で5頁っつったら結構なモンよ
惜しむらくはモノクロorz
いい写真だのになぁ…
まま、モノクロなればこそ広がる膨らむ妄想力

買いです、買い

P67 扉
トオルサン、殿、小松サンと並んだ立ち姿
背筋を伸ばしスックとモデル立ちのトオルサン
無意識にサラッとやれる人や思うし、稽古着もラフになりすぎないのがトオルクオリティ
殿は、片足に重心をかけ小首を傾げる
何となくスネたようなwwwww
ヌメっとした光沢のベロアジャージがエロスw
kwskは 【DRESSCAMP×チャンピオン ベロア トラックブルゾン】 のブラックを着用
今年の秋冬新作オサレジャージですね
小松サンは、デニムに重ね着Tシャツ・両腕を腰に、脚を少し開いてのほほん
既に三者三様で面白いです
どうしよう殿が子供っぽく見えてしまうw
つか、一番年下やんな

続きを読む "買いです、買い"

| | コメント (8)

2010年11月25日 (木)

文春感想

と・その前に、検索で来られる方が多いので
【黴菌】上演時間は休憩込みで、3時間半みておいてください
ソースは脚本氏より
チケットはプレイガイド全滅
公的販売は【Bunkamuraチケットセンター】が残るのみ
後は当日券発売の有無を待つか、お勧めしないけど「ぼったくり&詐欺覚悟」でオークションかな…
定価9,500円を3万とかヤバくないか (( ゚Д゚;)))))))

殿TV出演以降、小ブログへ「北村一輝 黴菌」「北村一輝 舞台」などの検索で初めて来られる方が急増した
小ブログ、連ドラ出演期は日@500~1000ほどの幅でアクセスいただき、無い時期は300~500ほど
それが、急に1000overですからTVの訴求力ってのはまだまだ大きいのだなーと
ネットでセコセコ頑張る身としては悔しいw
この数字から思うに、ヒトクチに殿ファンと言っても、
 インターネットを用い、常に最新情報を知る能動層
 TVに出ていればチェックする受動層
深度による動きの違いが現れたんじゃまいかと???
受動層の方が 「ェェエエエ(´A`)舞台知らんかったorz」 急に動かれたという

そこで!
「知らなかったorz」 防止のために、公式ファンクラブへの御入会をヲススメいたします
 PC版 http://www.from1-pro.jp/KitamuraKazuki/
 携帯版 http://kazuki.fanmo.jp/
どうぞ、ご検討ください

----------------------------------------------------------

【週刊文春】12月2日号(第52巻 第46号)

高い年齢層まで意識した雑誌ゆえ、整った文体で読みやすかったです

導入の紹介に 【天地人】 を持ってくるアタリ 「お父さんの読む本だなぁ~w」
同時に 「腐っても大河」 というブランド力を感じました
世の中全体にもあるんでしょうけど、特に年齢の高い男性ほど
「流行ってるから面白いのだろう」 「高名だから素晴らしいのだろう」
右へ倣え、権威に従え傾向が強いっつーか
逆を言えば、知らないモノを低く見る傾向とも言え
だけん 「キャリア」 って大事なんすよね
決定権を持つ世代は何がしかの印籠が無いと動かせねっつう
仕事選びは大事やんなぁと

そして、本題【黴菌】

続きを読む "文春感想"

| | コメント (0)

お父さん、この人がカズキです

もはよう(´・ω・`)ノシ
【週刊文春】本日発売号確認してきますた、その節はテンクスです
掲載は、P106モノクロ3分の1頁
3名同時掲載で1人2段ほどの短いインタ
有名人が近況を語るコーナーってんすか?
写真は宣材写真のみ(フロム公式とかタレント名鑑のヤツね)
読者@ヲジサンへの配慮につき、不満を言ってはいけないw
此処でのハードルは「先ず知っていただくコト」だ
状況的には女性ファッション誌と≒
週刊誌は乗り物で長時間移動って時、たまに読むけど【新潮】かなぁ(スマンw
ヲジサンに近況を語る殿というシチュがシュール(クォラ
まま、コーナーの主旨ってコトで話題は舞台
役作りの準備が好きというお話はココでもw
そうしたコダワリを読んだコトの無い方は、これから舞台ですけん、どうぞ読んだってつかぁさい
ケラさん…ガチに後がねぇぞ;;;;;

これから仕事ゆえ、ザックリスマソ

| | コメント (4)

2010年10月 7日 (木)

【BEST STAGE NOVEMBER.2010 vol.26】

ハイ・今更ですけんが雑誌レビュ
超絶今更感は小ブログの仕様(氏ね

当方関東ゆえ、本屋にさえ行ければ発売当日に入手可能
即効でレビュりましたらば「買わないでも解るありがとう」言われ、苦笑いした経験がございますw
俺もどうしたらいいのか解らないw
どうか買うたげてつかぁさい
そしてアンケを…

【BEST STAGE NOVEMBER.2010 vol.26】
先ず表紙めくって目次に証明写真仕様の顔Photo
あまりの7:3フイタ

P97 『黴菌』北村一輝 昭和のレトロで妖艶な時代に溶け込んで

扉頁はズドーンと上半身Photo
制作発表前の撮影ゆえ、未だ真船検事的いかつさが残ります
黒フチの入る細縞のレジメンタルタイ
このレトロさが一周巡ってオサレすね

P98 本文
既出朝日を雑誌らしく補った感じ
多分に同時取材と思われ
Photoは1点・煙草3箱分くらいで大きい
コチラはジャケットを脱ぎ、ポケットに手を突っ込んで俯き加減
ちょっとクチが尖っていて「いいもーんだ(イジイジ」スネ夫になっているのが保護指定
でも、ぶっといサスペンダーを後ろからパチーンとやって、逃げてやりたい
これは満場一致だろ…と変態がほざいております

P99 スチール撮影リポート
他所では未だ取り上げていないので独自性がありますし、サスガ演劇誌の出来
6点の現場写真および、1点のメインビジュアル(キャスト扮装集合Photo)を配し、臨場感のある内容です
これらプログラムに使われる写真やそうで、モチロン掲載物は別アングル
どういった仕上がりになるのか?劇場で完成品を拝むのが楽しみです
芝居のプログラムは映画のパンフくらいの大きさなので、折りたたみの手提げを持って行かれるといいですよ
古風なスーツで佇む殿は赤いビロードのカーテンがよぅお似合いで
本文中にも「妖艶~」「妖しい~」の連呼でハイハイ知ってますから悦
閉ざされた洋館で事件が起きるハナシと伺っておりますが、小さなナイフ片手に何処を見るでなし佇むPhotoから「殿は犯人役でないぞ、きっと探偵役wktk」であります
活躍の方向性が全く読めないのがじれったいトコロ

シアターコクーン公式より「制作発表の詳細は後日うp」とのコト
本拠地ゆえ原宿新聞・演劇ライフを超えるモノを出してくれますよね(ジーッ
期待しております

制作発表記事を再度ググリましたらば、見落としやら後発がございましたので最後に
情報誌ターミナル
http://www.terminal-jp.com/contents/2010/10/411/
目黒周辺のフリペ・本取材が印刷物になるかは不明

ぴあ
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201010010005
写真を拡大したらウフ顔ワロタ

演劇キック(演劇ぶっく編集部ブログ)
http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51527604.html
各月発売で12月号が11/9頃の発売になるかな?載るだろうなと

んで、写真は無いし、簡単な報告程度やったんですが【acteur(アクチュール)】編集部も取材に行っていたそう
次号(11/20)には掲載されると思います

お題被りですけん、各誌センスの見せ所ですぞ!
比べてしまうは人情ゆえ、どうぞ気張ってつかぁさい!

| | コメント (2)

2010年9月20日 (月)

朝日夕刊

さて、これでミンナに追いつくぞ(遅

【朝日新聞】2010.09.16 夕刊4面
型からはみ出しても、楽しみたい。
『黴ばいきん菌』
インタビュー 北村一輝

面積的には紙面半分
殿Photoは1点で108×192mmとナカナカ大きく
殿公式で既出の舞台衣装@スーツ
ツイード素材の肩パッド入りでシェイプも少ないユッタリ仕立て、襟もボタンも大きめなのが時代感
更にコレでもか!と言わんばかりにカッキリ分かれた7:3がダメ押しw
アゴに手を沿え、考えるような仕草でカメラ目線
【氷点】の村井しかり、昭和の古風な出で立ちって、濃い顔の方が映えるのね
個人的にはカフスボタンが見えていたら尚良

ほんで、朝日の会員向けチケット抽選も載っています
各所プレイガイドの先行は終了、軒並み結果通知の折
敗者復活戦に臨む方は今晩11時半が期限ですのでドゾ(要登録
ttps://aspara.asahi.com/community/community/FullTextSearch

インタは演じるコトについて~本作への意気込みまで
他所のインタでも御覧になられたと思いますが、長期休業(といっても一ヶ月)を挟んでの心境の変化
「もっとシンプルに、演じることそのものを楽しみたい」というのはコチラでも
でも「準備することが楽しい」と言ってしまう殿の真面目さがメゴイ
それが「演じるコトが好きでどうしょうもない」ってコトなんだろうなと

物語は昭和20年代のある富豪の屋敷を舞台にしたサスペンスタッチの作品になるそうです
殿の役は何でしょうかね?
富豪その人?
写真のポーズの感じからして、探偵の役回りを担うのか?
富豪なら氷点しかりトオルサンって気がするので、今のトコ探偵優位かな?

新聞を買いそびれてしまった方
バックナンバーの販売はコチラで
ttp://www.asahi.com/shimbun/reference/faq01.html
お近くの図書館に有無をお問い合わせの上、コピーサービスを利用する手もありますよ

で、最後に殿公式w
初期発表では【朝日新聞】やったのに、いつの間にか【夕刊】追記したでしょw
怒らないからそっとやるんでなく【What's New】扱いにして、メル配信するなり、直したコトをアピって欲しかったな
でないと朝刊を無駄に買わされるハメになるので
朝日には遺恨があるので、関わりは必要最小限にしたいのね
僕が言うと角が立つので、有名人様の褌で相撲をとってみる
ttp://blog.livedoor.jp/hitoshione/archives/50987352.html
こんなコトもありましたよと
なんで儲けさしたらなアカンねんと思うは人情とご理解ください

| | コメント (0)

2010年7月30日 (金)

【月刊ザ・ハイビジョン9月号 7.29→8.31】

解禁になった「黴菌(仮)」で頭がイパーイです
作品紹介文に
>時は昭和20年代半ば。
ございまして

殿を昭和に置くなら村井1択や思うんです
画になるしの

以前、産経に(植木芳和氏記事)
>柔らかなまなざしから放たれる毒気。三島由紀夫の小説から抜け出したような肉感的な風貌
ttp://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/100214/med1002141801003-n1.htm
あったやないすか

こういうのリヤルできちゃうのかなーとか考えて、脳がウハウハしています
イエス・夏のせいじゃない

ナマ村井見てェェェェエエ!!!!!
って・どうしよう、まさかの梅造サンとかw

さてさて、大概書かんと書きそびれるけんの

【月刊ザ・ハイビジョン9月号 7.29→8.31】 2010.07.24発売

表紙には丸窓で抜かれた殿顔
正面を見据え悪そうなニヤリw

表紙をめくり、目次には角版で殿顔
チラリ斜めにニヤリ
隣には未来チャンの写真がw
逃げてー波多野が見てるー

P6 in FOCUS Drama Person
北村一輝 セリフだけでなく表情や視線で得体の知れない感じを表現したい

先述のPhoto2点とは打って変って、殿自身の人となりを表すような笑顔
紙面イッパイのバストアップに「おぉう!」衝撃
歯を見せて二カッと笑うのがイタズラっ子風で、椅子バフンバフンを思い出します
陰影のコントラストが強く、濃い顔を引き立て打撃力も保持w
やっぱ、角川撮影班は鉄板だな
産経写真部と2強や思う

この写真は買い

インタで殿は、ただただ演じるコトが楽しかった頃の感覚で、初心に戻って演じたいとの談
そのアタリが、真船パートの視聴者撹乱に生きてるのか
対連光寺センセにおける圧迫面接は面白かったなぁ
「俺知ってるけど言えなーいw」みたいのんw

正義とは?の問いに、信念を貫くだけでなく、行いに伴う責任への言及がありました
ただ「信じるコトを貫け!」ってんじゃ、子供じみてるし、口先だけのェエかっこしぃみたいやないすか?
僕は、責任=覚悟や思うんです
そこへ 「追い込まれても逃げない」 とのお言葉
ドラマを通じてのお話ですが、腹の据わった感頼もしく思います
立ち止まって考える時間ってナカナカ持てんと思うんですわ
仕事に追われると、だんだん自分が何をしたいんかワカランようになったりしますし;
1ヶ月のお休みにチト心配したんですけども、良い時間になったのだろうなと

短いけど良いインタでした

巻末にサイン入り生ポラプレゼントあり
今回は残念、アフォ顔じゃなくフツーにキメ顔
奮ってご応募ください☆

って・僕も欲しいです

ただし抽選で1名orz

| | コメント (2)

2010年6月20日 (日)

【TV Japan 7月号 2010.6.18→7.20】

未だ読んでいない子は居るかな?
6/15発売ゆえ、もぅ大概ミンナ読んどるじゃろ
今更スマソ;

P16・17掲載
殿・石原嬢・上地サンと3人並んだPhotoを見開きでババン
背景の青い壁には座れるくらいの段が設けられ、殿は腕組み立ち、石原嬢は膝に手を置きチョコン座り、上地サンは胡坐
既にキャラ立ちしている画がイイす
殿は真船丈コスなので、御三方共劇中コスなんでしょうね
コス認定ソースは先般の【TV LIFE 6/12-6/25号】より
kaoruサマ、その節はアリガトウゴザイマシタッ!!!!!
その後、殿公式にも画像2点うpされたこともあり、ご周知オケーかと

髪はナツラルなオールバック
スーツはチャコールグレイのピンストで2ツボタン
しかもウエストやパンツのフィット感が無いw
殊更におかしいって意味ではなく、ごくごくスタンダードな型で、グンジーや崇サマのような誂えモノでないなと
タイは紺地に白の小紋で「締めてりゃいいんだよ」な投げ結びw
これらコーデに悩む必要が無い程地味な既製服から、ガチンコ仕事人間であるコトが伺えます

ポイントは胸に輝く検察バッチ【秋霜烈日章】(しゅうそうれつじつ・しょう)
元は旭日と菊の花弁をあしらったデザインでしたが、四方八方に広がる霜と日差しのようにも見えるため、検察官の理想としてこの名で呼ばれるようになったそう
四字熟語「秋霜烈日」は、秋におりる霜と夏の厳しい日差しのことで、刑罰・権威などが極めて厳しいコトの喩え

カッコイイすね…(ゴクリ

間違いなくジョーサンSや、ドSや…

検察官になるには司法試験に通ってないといけませんので、インテリは確定
更にS属性と…メモメモ(違

ジョーサンの父親は警察官で、彼も同じ道を志していた
しかし、父に横領の嫌疑がかかり、法廷で免罪を晴らしたことから検察官に志望変更
そうした生い立ちから、秋霜烈日章はダテじゃないなと

飾れば綺麗なハズやのに、洒落っ気ナシの無いストイックな姿…

寧ろ、そういう姿に色気があったりするもので!!!!!!

解る人には解るッ!いや寧ろ好きなくらいだろ?

…と変態が力説してみる

見た目だけでここまで使ってしまいました

続きを読む "【TV Japan 7月号 2010.6.18→7.20】"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧