2011年3月30日 (水)

横山秀夫サスペンス #1深追い

ぁあぁぁあああ!!!!!!!!
ごめんなさい…用意していたDATAが見当たらないorz
ハードじゃなくてUSBにでもつっこんだかな…
ごめんなさい、一旦退却・3月中にはうpります

予定が狂ったので、今週末にしようと思ってた横山をチラ

そんで!横山感想のコメをくだすった方、ありがとうございます!
恐れながら、お名前が未記入となっておりましたので、お伝えいただけますと嬉しいです
今気付いたので、返信は後日とさせていただきます
ごめんなさい

#1深追い
オープニングに部下を従えヴイヴイな感じの殿デカが映りました
#1の主人公、タニハラさん演じる秋葉は、かつて白バイ警官だった
追跡中の車が事故死してしまい、深追いの責任を問われ、今は事故調査部門に左遷の身
ある日、交通事故で亡くなった男性の遺留品から、初恋の彼女アキコの写真を発見する
昔と変わらず美しい彼女に取り付かれてしまい、職務を逸脱して彼女の元に通いつめる
アキコもまんざらでなさそうな態度で、息子も懐いてくれている
悪い噂が立ち、白バイ復帰が流れてしまうと釘を刺されてもやめられない
秋葉は、警察の立場を利用してアキコの身辺を調べあげ、息子が連れ子であることや、夫が息子を虐待していたことを知る
そして、ついに署長から呼び出しを受けてしまう
最後通告を覚悟したところにアキコからメール「もう許してください」
ただならぬ気配を感じ、家へ向かうと息子と無理心中していた
発見が早く、一命を取り留めた母子
秋葉はようやくアキコの心に気付く
アキコは、自分が学生時代に直してやった自転車を思い出し、夫の自転車に細工した
しかし、事故のタイミングまで計ることはできないのだから罪には問えない
自分の好意が警察に探られていると勘違いさせ、自殺に追い込んでしまったと、深追いしたことを詫びる
アキコ諦め、彼女の犯罪も胸に仕舞い仕事に戻る
白バイ復帰の件は言わずもがなであろう
そこへ、彼に好意を寄せる女性部下から情報が
「アキコは事故直前に、夫に5千万円の生命保険をかけていた」

デテーン!

もんすごいブラックなオチでw
【笑うせぇるすまん】とか【星新一】がシュミな人はドストライクやったオモw
警察の本分を忘れて女を深追いした代償は大きかったですね
恋に見切りをつける程度じゃ幕引きは図れないでしょうなぁ
アキコは保険金をかけていたことから、衝動的に細工したのでなく、何らかの計画性を持っていたのでしょう
自殺だって、秋葉は絶対に来ると確信を持っての狂言やったかも知れません
こりゃ、アキバさんの手には負えない毒婦だぜ;
深追いするならトコトン付き合う根性が無いと大変なコトになりますよドーン!てな

面白かったのですが、#2で殿がどんな目に遭わされるのか不安になりましたw

って、殿の【#2 引継ぎ】は感動巨編
殿の寝顔・K察コス・ドヤ顔・恫喝顔と画面から目が離せません
そしてガチ泣きストーリー
警察内の手柄争いにからめ、父子の絆を描くイイ話でした
普通の男を丁寧に演るコトで、スジの良さが光る秀作
ジュニアさんは仕事で出し抜かれちゃったけど、今のジュニアさんでは必然だった
しかし、出し抜かれたことをきっかけにして、本当の意味での引継ぎを終えることができたんやなぁと
得たモノは大きく、今後のジュニアさんに期待できます
観終わって温かい気持ちになれました

また、ちゃんと書きます☆

| | コメント (2)

2010年8月29日 (日)

キラー・ヴァージンロード

ツレチャン等を家に迎えてからというもの、DVD鑑賞が進みません
別に美少女アニメヲタとかじゃないから、やましくはないんですけど
自分の小遣いの範囲でやっており、小遣いをせびったコトなど一度たりとてございません
でも、映画DVDともかく、同じ舞台に何回も行くとか、本人降臨とあらば地方まですっ飛んでくなど、一般的に理解を得にくいであろう行動もありカムアウトできずにいます(´;ω;`)

そんなトコに丁度、WOWでOAだったので一緒に観たよ
「あ、のだめチャン出るんやてー面白いんとちゃう?」白々しく誘導(´・ω・`)ノシ
WOWは殿関係なしの常時契約ゆえ、皆でよく観ています

【キラー・ヴァージンロード】 09映画
ドジで何をやっても上手くいかず、皆から苛められ、それが元で自分に自信の持てない主人公・ひろ子(のだめチャン)
彼女がリッチなイケメン(マキダイサン)を射止め、いよいよ明日は結婚式
自分を大事に育ててくれた祖父に晴れ姿を見せて、安心させたい
そんな時、訪ねてきたアパートの大家サンを誤って刺殺;;;
「結婚式の翌日には自首しますから…」それまで死体を隠そうと東奔西走する
そこで出合った、自殺志願者の美女(木村サン)に「黙っててあげるし、手伝ってあげるから私を殺しなさい」
迫られ、2人の逃避行(?)が始まる

てなヲハナシ

冒頭、パンチーを真っ白な部屋で入念に分類する男のイメージカット
ダンスや歌が挿入され「ちょっと一般向きではないかな^^;」ツレチャンの集中度が気になるトコロ
ゴローサンが監督脚本で、彼の本業は舞台って前提でないと「ん?」なるかも試練

そんなのも、寺脇サンの大活躍で直ぐ吹き飛んだ
寺脇サン@アパートの大家サンは、ジツはひろ子チャンを好いており、結婚をよく思っていなかった
平静を装い部屋を訪ね、箪笥下に落ちていたパンチーを盗もうと、手を伸ばしたところ、箪笥上のハサミが落ちてきてブスリ
これ、自業自得で笑っていいのかwwwwwwww
死体を前に呆然とするひろ子チャン
脇にあったシュレッターが倒れ、寺脇サンの髪を吸引

しかもヅラwwwwwwwwwwwwwwwwww

寺脇大家サンのストーカーっぷりがハンパでなく、畳み掛ける基地外っぷり
アパート自体がストーカー垂涎の忍者屋敷仕様と壮大すぎるwwwwwwwww
ゴローサン曰く「寺脇さんは『相棒』で間違った方向に行っていたので、本当の寺脇の力を見せてやろうと思いました」 とのコト

真価見せていただきました! (ぇえ

続きを読む "キラー・ヴァージンロード"

| | コメント (2)

2009年11月 4日 (水)

ACACIA

辻 仁成監督作(2009)
撮影地:北海道函館
東京国債映画祭 09.10.22 14:05-16:30
【コンペティション】(上映前・後に辻監督舞台挨拶)
於:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ Screen7にて上映

ええと、ハナシとしましては

タクロウが同級生に囲まれ虐められていると、偶然居合わせた老人に助けられる
老人は元プロレスラー
独居老人ばかりの長屋の住人で、用心棒として頼られていた
あだ名はリングネームの “大魔神”
タクロウは虐めっ子を見返すべく、大魔神からプロレスを教わるようになる

ビッチなタクロウのお母さんは、新しい男が出来たからと大魔神にタクロウの面倒を押し付ける
その際、緊急連絡先として別れた亭主@タクロウの実父連絡先を置いていった
母親に邪険にされた上に、死んだと聞かされていた父は生きている
「自分は誰からも必要とされていない」
ますます気持ちの荒むタクロウだったが、大魔神の優しさに触れ、子供らしい素直さを見せる様になる

大魔神は、タクロウに早世した息子の面影を見る
息子の早すぎる死・それが元で妻とも離婚、家族はバラバラになった
大切な人を失う辛さを誰よりも知る大魔神
生きているのだから会うべきと、1人タク父の家を尋ねた
タク父は長屋を担当するケースワーカーのハルオだった
ハルオは温和な性格で、得意の腹話術 (コイツは毒舌w) を使い、住民のよき話し相手
偶然に驚く大魔神だったが、さらにハルオには既に新しい家庭が
庭先で可愛らしい娘2人に囲まれ笑顔を見せるハルオ
少し離れて控えめそうな妻が温かい視線を注ぐ
絵に描いたような 「幸せ家族の図」 に躊躇する大魔神だったが
「アンタ・今幸せかい?」 「え?」
しかし、タクロウのことは言い出せず、そのままハルオ宅を後に

てな感じで、殿はケースワーカーでタクロウ実父のハルオ役

爽やかな笑顔を見せ、物腰も柔らかく、いっそ頼りなげなくらい
午前中に観た 【狛】 とは別人すぎてワロタw
これがハシゴの醍醐味ってヤツで

ネタバレは避けたい (来春公開予定) から、アラスジはここまでにしときます
ただ・感想はゴッツリ書く (無意味

続きを読む "ACACIA"

| | コメント (11)

2009年10月24日 (土)

狛‐KOMA

長くなりますが、記憶の限り
ただし不正確(殴

【狛‐KOMA】
河瀬直美監督作(2009)
上映時間:34分
撮影地:奈良県桜井狛地区
撮影日数:2日半

東京国債映画祭 09.10.22
【デジタル三人三色 2009:ある訪問】
於:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ Screen2にて上映

-----------------------------------------------------

郊外線に乗り、窓の外の山々を見つめる男
顔を窓にビッタリ近付ける様から、これから向かう場所は初めてで、其処に特別な興味を持っていることが伺える
山々に囲まれた無人駅に降り立つ

フードにボアのついたミリタリーコート、細身の綿パンをブーツin
耳にはアイポドの白いイヤホン
(殿の提案&自前かも…過去WPでアイポド保有発言アリ)
その装いからして男は街から来た人なのだろう
片手にはメモ
もう片方には、服装に似つかわしくない長細い風呂敷包みを持っている

メモを頼りに訪ねた家
門の奥に庭と家のある大きな屋敷で、古くからの農家らしい
呼び鈴を鳴らすと、飼い犬がけたたましく吼えた
「ベン!」 2階のベランダで洗濯物を干している女がたしなめる
歳は男とそう変わらぬ感じで細面の美人
(ちょっと痩せぎすで、青白い顔とパッツンに切り揃えた、真ん中分けロングヘアが良く言えば浮世離れ・悪く言えば若干病的@俺主観)
男は女を見上げ、門をくぐり、玄関先で主の応対を待つ
女は微かな動揺を見せ、家へ入って行った

続きを読む "狛‐KOMA"

| | コメント (6)

2008年11月 5日 (水)

【容疑者Xの献身】

も 「行く見る詐欺」 「書くわ詐欺」 でごめんなさい;
やっとこ書き上げました (遅

湯川・内海・草薙のドラマレギュラーはお出ましなれど、主役は新キャラ石神・靖子
前3人はドラマで説明済みの利点を活かし、彼等の成長を見せつつ、新キャラが物語を牽引
単なるドラマの延長でなく、映画としてスジに重点を置ける上手い作りやった思います

で・思い出しつつ、考え纏めつつなのでスジ (ネタバレ) も書いてます
だもんで異常に長文;
しかも記憶違いでウソやったらごめんなさい;
「ぁあ・コイツはこういうトコに興味を持つんだな」 くらいの感じで

これから映画をご覧になるお嬢

必ずゴーバックで

続きを読む "【容疑者Xの献身】"

| | コメント (4)

2008年8月24日 (日)

【同窓会】

過日・原稿が遅れる日があり 「しめた!」 凸してきました
今更感想なのは、実は意外と忙しくマトメ不能 (泣
帰りも遅かったですし、昨日もフル出場;
その割に更新多いのは大河合流を見たいがために、残りのチカラを振り絞り宅パソった副産物 (寝ろ

早く大河入りしないすかね!?!?!?!?

ぇえ・そんなヲレは置いといて、映画の話に戻します

主演×脚本×監督をサタケミキオ氏が務める、初監督作品

サタケ氏は劇団・東京セレソンデラックスの主宰であり、TVドラの脚本家としても御活躍
また、宅間孝行の名で俳優活動もされてます
殿とは 【タイドラ】 で共演してはりました (新宿流星会組員・ナガセ氏の兄貴分)

【同窓会】 (08.08.16劇場公開)
主人公・克之は高校時代の初恋を実らせ、雪と結婚
夢だった映画監督になり、小さいながら会社も構えた
仕事が軌道に乗った今・新鋭女優と不倫するまでに…
雪に離婚を切り出すとアッサリ了承されてしまう
釈然としないまま、生まれ故郷の長崎へロケの下見に赴く
高校時代を思い起こし、自分の中にあった雪への疑念に向かい合う
雪には高校時代、常に行動を共にしていたイケメン・中垣が居た
雪は彼からのプレゼントを今だ大切に使っており、想いが残っているのでは?
お義理で結婚してもらったような負い目が常にあった
上京している同窓友人から 「雪はそう長くない」 急な知らせに動揺
自分は雪を幸せにしてやれなかった
残された時間に出来ることは何か
仕事を忘れ奔走する克之…

感想としましては 「笑って泣けるバカ映画」

気楽に楽しめるコメディー映画で良作
主人公も映画監督って設定で 「人を笑わせる映画を撮りたい」 初恋の人に語るシーン
サタケ氏とリンクしてグッとくる 「ちゃんと叶えとるで!」
主人公の勘違いを観客は先に気付く仕掛けになっており、高みの見物で笑っていたらいつの間にやら感情移入、不覚にも泣けてしまいます

で・特筆すべきは

永 作 博 美 サン が 愛 ら し す ぐ る

この映画が成り立つ上で、永作サン演じる“雪”のキャラ掘り下げは不要なんです
雪が自身の心情をセリフ語り(説明要素)する場面が少ないのが寧ろ良い
克之目線でどんだけ彼女の魅力をを伝えるかが重要で、彼の惚れっぷりを通して観客も雪に恋をしなければ成り立たない
その設定を受けて立つに、雪は絶対的天使でないとアカン
男が遠慮してしまう程・可愛くて、出来た女性でないと説得力がない
そこに永作サンの嫌味の無い愛らしさは、ベストofベスト
単なる可愛い添え物でなく、安心させられる存在感があって 「この女性のためなら」 克之の行動に共感させられる
多少の 「どうよ?」 部分も雪の魅力×克之の惚れっぷりがチャラにしてくれた
もし・永作サンでなかったらと思うと、冷や汗モンなベスト起用

ファン的には 「で・殿どんだけ出てんだよ!?!?!?」
本スジのネタバレ回避で殿言及

続きを読む "【同窓会】"

| | コメント (6)

2008年8月17日 (日)

昭和のいのち

やっとこDVD観ました (遅

【昭和のいのち】 初回1998.08.10 TBS地上波OA

昭和20年・太平洋戦争末期
優しい母(麻子)・気の強い次女(和子)・おっとりした三女(洋子)で仲良く暮らす家族
父親を戦争で亡くし、母の和裁教室で家計を支えていた
幼馴染で建具屋の兄妹(梅造・千代)が物心両面で支え、家族同様の付き合いをしている

家族の気がかりは家出した長女(幸子)
母も幸子も意地になって、戻ってくる気配がない

そんな折、東京は空襲に見舞われる
幸子を案じていると、見知らぬ男に助けられ、家に運び込まれた
怪我をしているが命に別状なく、家族と梅造は安堵する
が・見知らぬ男は母親を見るなり顔色を変える

翌日・男は敷地内の防空壕に身を潜めていた
居合わせた梅造が取り押さえ、K察に突き出そうとする
が・悪い人ではなさそうだと話を聞いてやる幸子
男は長谷川一人と名乗るも、それ以上の話はしなかった

家で療養するうちにワダカマリの解ける母と幸子
が・幸子のお腹には子供が宿っていた
母が家出を許さなかった理由は、紹介できないような男・道ならぬ恋を案じてのことだった
ガンとして相手を言わぬ幸子
また、長谷川と母との間柄に疑念を感じていた

と・まま、そんなサワリ
以下、長くなるので 「観てないと解らない感想」 になっています

続きを読む "昭和のいのち"

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

MAZE観たよ

やっとこ観ました、過日発売の【MAZE】 (遅
コレを観ないとブログ様訪問できひんし

劇場公開は2006年、2年越しですね;
無いものと諦めていたよ…良かった (涙

タイトル 【MAZE】 は南風の意
それが優しい風なのか?嵐の前触れか?読み取るは重要な漁師スキルやそうです

決して蟹江爺は風を読み違えたワケじゃない
たしかに優しい風やったと
ただ・風は吹いて流れてくモノで、何時までも留まってるモンでなく…
って、そんなオチかよ (泣

僕はヘタレなので何もそこまで王道オチでなくとも…思ったり (弱

ただ・過ぎてしまっても、また新しい風は吹いてくる
全く救いが無いってコトは無かった
爺・ガンガレ!

スジは、両親を事故で亡くした少年・裕太君
高知で独り漁師を営む祖父へ引き取られることに
爺の、周囲の人々の温かさに触れ、裕太は元気を取り戻してく…てなオハナシ

周囲の人物は…
爺の世話を焼きすぎるスナックの美人ママ
しずかチャン・ジャイアン・スネオの居る小学校
若くて美人で優しい担任のセンセ@星野嬢
センセと仄かな間柄・漁港のホープ(笑)セイジさんにカズキ殿

キャラ陣ラインナプも割かし 「お約束」 な感じです
ただ、それが 「出来すぎ」 とか 「泣かし狙いが嫌らしい」 なんて思わない

それは蟹江爺の愛らしさがそうさせるオモ (は

出て行った娘を許せず、勘当したまま死なれてしまった
すごく後悔してるんですが、罪悪感で裕太に優しいワケじゃない
馴染んでくれないからといって、決して併合しない
叱るのも、厳しいのもちゃんと理由があって
真の愛情だからこそ、裕太に伝わる
ヒトツずつ乗り越えて、裕太が爺を好きになってく過程
ドッチもぶきっちょなんで、時に笑わされたり、ちょっと泣いてしまったり
裕太越しに娘を許せたり、全ての想いが繋がってくんですね
ヲレはなかなかスキーです

さて・ファン的に気になる殿の役どころ
漁港の次代を担う若手漁師・セイジさん
色黒ってよか、赤黒さが本気漁師w
衣装は全編ほぼ頭タオル&ツナギ姿で高知弁がイカス
海で溺れる裕太君&真理センセを助けに飛び込んだりと、漁港的イケメン枠ですねw
ワシワシと綺麗なクロールを披露しています

って・ヲレ、セイジさんの黒歴史に驚愕した
どっかでフラグ立ってましたか?
告白されるまで予見もしなかったぞ (鈍
【フリーズ】 といい 【新耳】 といい、殿が井上女史に絡むとロクなことにならない伝説 (しっ
でもね・爺同じくセイジさんも罪悪感で優しいのでは無いとオモ
ソースはセイジさんの瞳 (は
そういう人間の温かさが映画の見所
彼も裕太との触れ合いで過去から踏み出せたワケで、人間って一方通行じゃない
互いに良い影響を与えるコトが出来るってな

って・黒歴史の理由は何だろな
そのアタリは想像に任されたワケですが
僕は 「恩人に報いようとしてプレッシャーに負けた」 でFAかと
セイジさんも若かったってコトで

映画最大の見所は蟹江爺の不器用さ

不 器 用 萌 (台無し

やって・あの模型修理どうよ!?!?!? (黙れ

人間的にも手先も不器用です (愛

高知ロケで、海の綺麗さハンパ無く、夏にピッタシな映画
是非・御覧くださいッ!!!!!

| | コメント (2)

2008年7月13日 (日)

風外DVD

ハイ~今更ですみません (平伏

【風の外側】 祝・DVD発売

本編再見しました~
や~僕・コレ好きですよ

そら・多少のツッコミどころはあるし、大方の察しもつきます
でも・好きなんですね

殿的にも 「さすが監督・解ってらっしゃる (ニヤリ」 起用です
未見のお嬢は、レンタもありますんで、是非にッ!!!!!

僕が所持してるのはセル版
レンタ希望のお嬢は、DVD箱の裏面に
映像予告:劇場予告/『out of the Film』 ─「風の外側」メイキング─
記載あれば、特典視聴可能すね

って・奥田監督の財政的なモンダイ&今後も殿起用濃厚がありますので、願わくばゲトして頂きたいッ!!!!!
こういう小規模映画って監督の私財投入デフォなんですよ;
キャストに仲間ウチが多いのは 「良作作りたいから能力信頼してる人」 勿論ですが、ローギャラで協力惜しまないでくれるってのも一端

勿論・無理強いじゃありません
ぇえ・オトナの事情トークってコトで;

続きを読む "風外DVD"

| | コメント (2)

2008年5月11日 (日)

【無国籍男 血の収穫】

【無国籍男 血の収穫】 1997年

イタリアマフィアを抜け出した男が故郷の日本に逃れ、マフィア・FBI・警察との攻防を繰り広げるオハナシ

前半は 「相当の石橋マンセーじゃないとムリだな (苦笑」 思いもした@正直

けど氏の、ややもするとキザっちい味を破綻寸前のトコで上手く撮ってる
望月監督って俳優の持ち味を活かすの上手いすね

悪役も味方もオンナも、アンチヒーロー映画のステレオタイプ@コッテコテの世界
僕にとっては、そういう映画が水戸黄門なんです
コドモの頃から腐る程観てて 「型」 が解ってる・解ってても楽しめるという
音楽も良かったけど、使い方のクドさが 「型」 としてツボる
すげぇ狙って作ったのかなぁ
僕みたいな嗜好の人ならアリかも
オチは 【カリオストロ】 (吹

まま・考えさせる映画ってよか、娯楽作なんで、過度な期待は禁物 (ぁ゛

望月監督のアンチヒーローなら 【鬼火】 @原田ヨッシーがシュミだな

さて・殿の役どころなど

続きを読む "【無国籍男 血の収穫】"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧