2008年11月24日 (月)

♯29 さらば兄上

時宗殿の命を受け、北条義宗 (宮迫博之氏) が挙兵・時輔の屋敷を取り囲む

「どこまでもご一緒致します!!!!!」
泣きながらすがるヨメ@祥子 (ともさかりえ女史) ・はったおす時輔サマ
「どのような形でも生き延びるのじゃ!」
「手紙さえ見せれば!」 飛び出そうとする忠臣服部を 「射抜かれるだけ」 制す
「服部!その方の忠にかけ3人を守りぬけ!!!!!」

妻子を託し、多勢を相手に応戦する時輔サマ

「斬るでない!!!!!今は奥方とお子の命は取らぬ、捕らえよ」
服部と祥子、2人の子は捕らえられた

追い詰められた時輔サマ
「何か言いたきことがあれば聞こう、遠慮は要らぬ、申されよ」
「そなた・何も解っておらぬ…」
「どういう意味じゃ!?!?!?!?」
目を潤ませる時輔・義宗
何とも言えない沈黙…
義宗にも 「謀反を討つでなく、政治的判断」 解ってるんだろな
「火を放て!!!!!」 義宗の号令で火に包まれる屋敷

博多では時輔の訃報に落胆する蒙古 (現モンゴル) の使者・趙
時輔だけが頼みの綱だったため、手ぶら帰国を余儀なくされる

「時輔殿の遺髪にござる」 鎌倉に帰還した義宗
「義宗殿、大儀であった」
謀反に加担した京の公家は一斉出家処分、祥子は子供共々実家に帰すと言う時宗殿
が、子供への措置が手ぬるいと長老・北条政村 (伊東四朗氏) は反論
「祥子殿は御実家に戻す、謀反が心配なら実時殿に導いて頂けばよい」
「お気遣いかたじけない」(実時@ピーター氏・祥子のおじ)
「気遣いではござらぬ、情けみせてこそ御家人も従うと考えておる (キッパリ」
政村・返す言葉ナシwwww

続きを読む "♯29 さらば兄上"

| | コメント (0)

♯28 あの兄を討て

うわ・ちょう今更時宗かよ (殴打
ちょっと、当時色々あって頓挫したんですわ
その節はご心配おかけ致しました;

ぼつぼつ復活させていこうかと…マジはったおす

気長にお付き合いください (陳謝

♯28 あの兄を討て

1272年 【二月騒動】 勃発

いよいよ名越を征伐することになった北条得宗家
「某もお供させてくださりませ!!!!!」 戦装束でひれ伏すハチ
「手負いの者は足手まといじゃ」 相手にしない安達泰盛サマ (得宗家・重臣)
ハチは♯27で時宗殿の御子を守り、めさ深手
「泰盛サマは八郎を忘れてくださらぬ!」
出仕の卑しさから信用してくれないのなら、武功で身の証を立てるとすがるハチ
「蒙古の迫る大事な時じゃ、無駄死だけは許さんぞ」
男の背中かっけぇ (感涙

vs名越を優勢に進める得宗家
ハチは無理を押してきたため、足元フラフラ
なれど、手にした刀は血ヌラヌラ
やるこたちゃんとやってんな;

人気の無い別棟を検めると、座禅を組む北条時章が (名越・反得宗家リーダー)

血走ったハチに動揺することなく、静かに語りだす時章
ハチも刀を納め傍らに置き、武人らしく正対する
「蒙古を前に我々のような志の異なる者も束ねるが執権殿の役目、時宗殿にお伝え願いたい」
「お待ちくださいッ!!!!!」
止める間も無く切腹・果てる時章

呆然とするハチ
その隙に忍び入り、襲いかかる桔梗 (時章の妹・思慮浅く汚い策を厭わぬビッチ)
手元に刀は無く、深手のため俊敏を欠くハチ;
桔梗の投げた打掛で視界ゼロ;
ジワジワと迫り、短刀を振りかぶる桔梗

ハチ大ピンチィィイイイ

続きを読む "♯28 あの兄を討て"

| | コメント (6)

2007年12月11日 (火)

♯27 ご謀反許さず

ものっそ長文やったんで、頑張ってツメてます@これでも
遅れたのは自業自得…チビチビとツメツメ作業に取組んで、サクサクUPしてきたいです

今フツーに出社してまして、今夜の更新危ういす
昨晩・ガリレイ観たさに帰還したのがアダとなりました (ぁ゛
くやしいので昼休みUP (コラ
 
 
♯27 ご謀反許さず

時宗サマの御嫡男・幸寿丸サマを抱き上げるハチ
養育係の大役を仰せつかりました 「命に賭けて!のぅ・禎子!」
ハチの呼びかけに頷くヨメの禎子・彼女も乳母に
若君を抱いて微笑むハチ・嬉しげに覗き込む時宗サマ
うん・すっかり若夫婦 (は

桐子が寺に戻ると
「時宗サマよりそなたを探す様に命じられたのじゃ」 ハチ&時宗サマがお出迎え
「何故戦に向かう!?分らず屋!」
「もぅ・そなたには会わぬ、そなたに会えばワシは迷う」
「オレは…時宗殿に逢いに鎌倉に来たんじゃぞ!」
「さらばじゃ、桐子」 援助の米を置いて、去り行く時輔サマ
ハチ・ニヤリしました

なんてイヤな子 (爆

京に居た足利泰氏が鎌倉に戻ったのは 「謀反の動きを纏めるため」
結局死んでしまったけど、病身にムチ打って鎌倉入りした理由はソレしか無い
宗尊親王の動きも怪しいし…
よって 「義宗に会わない時輔兄が暗躍しているのでは?」 疑念MAXの評定衆
「今こそ兄上を信じたい!」
人間として、時宗サマの気持ちは解ると引いてくれた評定衆
が・今度何かあった時は時輔を 「考えなければならない」 と
ヤバイす、庇いきれないトコまで来てしまったよ…

博多・蒙古使節に会う時輔
「返書の用意は自分が働きかける、だから兵を出すのはやめて欲しい」
「貴方の協力があれば日本と国交が結べるかも知れない」
日本国王である朝廷の使い&実質最高権力者・時宗の兄でもある時輔
イチ家臣でなく、実行力のありそうな人間の対応・使節は好感触を示す

「幸寿丸サマのお迎えに行って参ります☆」
「祝子の我侭に付き合せてすまぬの (微笑」
時宗サマに労われ、ハチ・嬉しそう、キラキラしてます
「頼んだぞ!」  「ははッ!」

祝子は安達の実家に幸寿丸を連れて里帰りしていました
が・急に帰りたいと
祖母の松下禅尼&姉で親代わりの梨子は 「時宗殿が恋しいのでしょう」
ハチの迎えを待ちきれず・出発

その一行を険しい目で見る、町人・坊主etc...

続きを読む "♯27 ご謀反許さず"

| | コメント (2)

2007年12月 9日 (日)

♯26 兄弟の絆

ハイ~今日は休みやったんで、ひたすらに録画を観てました
焼かないとHD残量ヤバいですし、とりあえず本放送に追いついた (ようやく
や~ハチ凄かった (何
アイツはとんでもねェやっちゃ (爆

って・ブログの方はサボリ過ぎたんで何時追いつくやら…(殴
なるべく端折って簡潔に纏めたい思います (どうだか

♯26 兄弟の絆

国の行方と弟を憂う時輔
ついに自ら時宗サマを訪ねる

「仲の良かった幼い頃の様に手を携えたい」 切り出す兄
「脅しに屈しては戦に、そうなれば日本は滅ぼされまする」
あくまで蒙古には返書しないと時宗サマ
「政治の輪から外れ、鎌倉を見て思った・国を開き新しい時代を作らねば」
祥子という良い妻を得て、温かい家庭を持って思った、兄弟が憎み合う世の中は間違っていると

治世者として、少しでも不安材料のある外交には応じられない・家臣の暮らしも守らなければならない
率いる者が無ければ、国としての纏りを失い・日本はカタチを失くすと言う時宗サマ

子供達の時代に因習を残したくない時輔兄

兄のハナシは間違っちゃいないが、現実不可能な理想論すよね…
互いの気持ちは解りながらも、水平線な2人

「国を支える新しい柱を作りたい」
「モノを支えるには1つの柱より2つの柱の方が良いコトがござる」
「強うなったなぁ、時宗・遥々そなたに逢いに来て良かった…」
「2つの柱によって天下を支えるコトが出来ぬものか、やってみようではないか!!」

恨みに生きるのではない・兄の本意を知り、笑顔を見せる時宗サマ

時宗サマに話がしたくて、鎌倉に来ている桐子
が・門番に阻まれ、叶わぬまま、寺で世話になっていた

寺へ戻ると
子供達の賑やかな歓声&ハチの声 「おぅ!さぁ!参れ!参れ!」
「赤飯など滅多に手に入らぬぞ!」 「わぁい!」 「食いッ逸れた者は居らぬか?」
寺で暮らす孤児達がハチからメシを貰っている
「体操のお兄さん」 みたいな笑顔で子供等を気遣うハチ、声色も優しく明るい

どういうコト!?!?!?

続きを読む "♯26 兄弟の絆"

| | コメント (2)

2007年11月30日 (金)

#25 最後通告

蒙古襲来の不安に、暴動が絶えない鎌倉
荒れる町の一報を受け、せめて国内のコトは自分も何とかしたい
武力鎮圧でなく 「ココロを沈めてくれ!」 市民に呼びかける時宗サマ

と・人込みの中に桐子を発見!

桐子は日蓮殿の寺で世話になっていた

日本が歩み寄らないと戦になる、考えをぶつける桐子
戦をチラつかせる大国に国を開いては、滅ぼされると考える時宗サマ
「ワシはオナゴと国の行方を話す気はない」
「ワシは水軍の子じゃ!」
「ワシの目に・そなたはオナゴにしか見えぬ!」 うん・カワイイもん
「戦になれば…国を率いる時宗殿が真っ先に命奪われるぞ!例え日本が飲み込まれても、時宗殿にだけは生きていて欲しい!そう思うのはおかしきことか?」

桐子ォォオオォオオ (泣

ぁあ…ホントにィイオンナだ

ヨメに来てくれ (は

「人として…許されぬコトか?」
「ワシは…いつまで経ってもアタマが硬いのじゃ」
「傍へ来てくれ、積もるハナシがあるのじゃ」
笑顔で見交わす2人、ギリギリでヤらしくならないのは心根の清さか?
このまま、進展しないけど仄かなモノは持ってて欲しい (それ・残酷

時宗サマが帰宅すると
「お帰りお待ちしておりました」 笑顔で迎える美人妻・祝子、御懐妊です

続きを読む "#25 最後通告"

| | コメント (0)

2007年11月25日 (日)

♯24 高麗からの文(ふみ)

や~書いとったんが、ほぼ全書きなんすよ
当時は 「加入アオリたいッ!!!!!」
そんな動機で

今更意味無いすね~ (殴

も・完全に自分のシュミでやっとります

長文なんで、お好みでドゾ
これでも 「端折り直し」 とんですよ (ぇぇ゛

続きを読む "♯24 高麗からの文(ふみ)"

| | コメント (0)

2007年11月23日 (金)

♯23 人質

再び日本にやって来た蒙古使節団
が・博多上陸を許されず、強行上陸した対馬で島民といさかいに
結果・2人の島民が人質として拉致られた

人質の1人は勇 (佐志房の息子で、謝国明の妻を誤殺し逃亡・潜伏中) と知った桐子
父の制止を振り切り、時宗サマに会うべく鎌倉へ戻る

京都では 「生きる意味」 を見失った時輔
戦がはびこり、同族が討ち合い、父と子が、兄と弟が…そんな幕府を護る意味など無いと
「幕府のためにどれ程の命が失われたことか…」
「幕府を愚弄するでない!野心と見なし鎌倉に言上致すぞ!」
同じ六波羅勤めの時茂をキレさせる

時宗サマは屋敷に若手チームを集め 「ぶっちゃけ蒙古どうよ?」 の集い開催 (何

続きを読む "♯23 人質"

| | コメント (0)

♯22 京の闇

京都では 「新しい国づくり」 に燃える関白殿下
若く先進的な関白は時輔の才を高く買っており、自分の右腕とすべく官位を授けようとした

が・関白自身も天皇の御前である最高会議 「朝議」 には参加資格が無い
身分にこだわる老貴族は、関白を疎んじており・チャンス到来
蒙古へ「国交オケー」の返書を出してしまおうとしていた
そんな返書では、大国相手・結果占領され、日本は滅んでしまう…危惧する関白&時輔

安達家・松下禅尼を訪ねる時宗サマ
廊下でかしこまるハチに 「頼綱、そなたもじゃ」 部屋に招き入れてくれる松下禅尼
「一体何事にございますか?おばあさま?」
「縁談じゃ、頼綱・そなたに妻を娶らせようと思うてな(微笑」

なんですと!?!?!?!?

それは時宗サマ一筋のハチにとって・狼藉に等しい行為YO (は?

続きを読む "♯22 京の闇"

| | コメント (0)

♯21 初陣

やぁ~ホンマにサボり倒してすみません (逝け

元々遅れを取ってはおりましたが、追いつく氣はあったんです

でも 【夏のささやきショック】 で折れた

ファンで在るか?までに考えは及んだ@大袈裟でなく

【ガリレイ】 投げでいいから冬の舞台は励んで欲しい
もう再来週ですよね (ガクガク

アイドルちゃうねんから、新ネタの不足や出演頻度は気にならない
しょうもないドラマ出るくらいやったら、出ん方がマシ
本当に良い仕事に恵まれて欲しい

「イヤなら行くな」 という向きもあるかも知らん

でも 「ダメならやるな」 も正しいだろう?

「やるからには見られる」 前提の仕事やし

「ずっとファンです」 はウソ臭い想う、それこそ一過性臭モンマリ

「オカシイ想ったら何時でも引きます」 が僕のスタンスでして

ぁあ…大丈夫かな…

以下・本題
書き溜めたモノをチビチビUPして行きます

続きを読む "♯21 初陣"

| | コメント (0)

2007年7月31日 (火)

♯20 十八歳の執権

京都・時輔兄到着、関白・近衛基平の館へ

ヨメ・祥子は時輔兄が「時宗サマを執権に推した」家来から聞き・仲直りだと喜ぶ

が…
「時宗はワシに負い目を感じてござる、その時宗が執権になった方が幕府を思い通り操れましょう」
時輔兄・驚く関白に続ける
「時宗を執権に推して参りました、元々時宗を推していた安達殿を中心に今頃鎌倉は混乱しているハズ」
すべて関白殿下の御為と信頼を得て、暗に官位を要求
古株貴族にウンザリな関白にとって、時輔兄は魅力的・断るワケないよな
官位さえあれば、堂々と御所の評議に出られる…鎌倉ダメなら京から世を動かすって?
でも・それって 「VS鎌倉宣言」 やん

おふッ…

謝国明を見舞う時宗サマ、桐子から事件を聞き・申し訳ない気持ちで一杯 (泣
「商人の身で政治に立ち入ったワシのせいじゃ」
時宗の父にもクビライにも男として惚れていた、だから互いの国の友好の道を探りたかった
が・そのために妻を亡くした…手を引かせてもらう
止めらんねぇよ、ムリクリやらす程、時宗サマ・非人情になれない

時宗邸前
「時宗様に、逢ってお話したき事ございます」 奥田日蓮・居座り読経
「館の前で何をしておる?」 門番も手を焼くひつこさに、奥からハチが
「下がられよ」 冷静・涼やかなトーン
「時宗サマは逢わぬと申しておられる、帰られよ」 上から目線なれど・穏やかに対処
読経を止める日蓮に、ハチも背を向け引き返す…が・帰る気配が無し
「なんじゃ?」 振り向く
「真ですか?」
「何?」
「其方のカオには真は見えません」

ど ん だ け 失 礼 (爆

続きを読む "♯20 十八歳の執権"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧